キラリボシ

場所:長岡市台町1-2-17

今回食べた品:濃厚醤油ラーメン880円

おススメ度:97%

火曜定休、11:00~15:00。カウンターが間引きされて3席・テーブル3・奥に小上がり2テーブル?。オープン当初限定塩を食べて感動したのにあまりメディアなどで取り上げられないのでキラリボシの事、頭からすっかり忘れてました。キラリ塩と醤油、限定でなく定番となった濃厚塩と醤油の4つが基本になってました。今回は濃厚醤油を、黒いまわしかけられたモノはマー油かと思いきやひじきを使った香味油でした。美味しい海苔1枚・紅生姜・カイワレ・キクラゲ細切り・刻み玉ねぎ・味付けメンマ・ロースチャーシュー1枚とブロックバラチャーシュー2個、多加水リングイネ形中太縮れ麺、重ねスープで濃厚で素晴らしい白湯醤油スープ、今回は若干しょっぱめでした。海苔やバラチャーシューブロックなど美味しい~個人的にココでは塩推しかな。今度通常のキラリ塩・キラリ醤油も食べねば。契約駐車場が2台分あるらしいが、駐車場問題さえなければもっと通う店となるのだが。でも間違いなく私の美味しいおススメ店リストに加えさせていただく。

(2017.4.27)食べた品:<限定20食>濃厚塩ラーメン 

おススメ度:出たー100%

素敵なロゴに綺麗な店内、(2017/4/20)にオープンしたばかりの新店。駐車場は少し離れた場所に数台あるらしい。限定濃厚塩ラーメンは海苔1枚・カイワレ・ブロックカットの美味しいミニチャーシュー約2枚・美味しいメンマ・玉ねぎみじん切り、リングイネ系「春紀」によく似た中太縮れ麺、黒いマー油がかけられた絶品白濁塩スープ。スープがあまりに美味しくて店主に尋ねたところ、鶏・豚・なんと鴨そして魚介類をミックスしている様で、マー油の微かな焦がし大蒜と相まって濃厚なラーメンに仕上がっています。これは大ヒット!でもコレって塩ラーメン?という塩ラーメンの定義がよくわからなくなってきました。最近の新潟の新店レベルは凄い!!

閲覧(291)

支那そば 善生

場所:魚沼市井口新田864-4(小出I.C.すぐ)

食べた品:魚介豚骨醤油830円

おススメ度:96%

水曜定休(第2木曜も休)11:00~14:00.17:00~19:30。カウンター5席・小上がり約4テーブル。食券機の前で醤油そばを押しかけてついついその下の魚介豚骨醤油を押してしまった。九条ネギ千切り・メンマ・低温処理チャーシュー2枚、美味しい低加水細麺、ドロッと豚骨ベースで鰹節系中心とした魚介醤油スープ。濃厚ながらスッと消える後味。食感ある京都から取り寄せてる?九条ネギが美味しい。美味しくて麺の量も多くないのでペロリと食べられて物足りない感というか、もう一杯食べたかった。無化調天然出汁ラーメンなら先ずは醤油そばか塩そばにしておけば良かった。店主はイケメン好青年だしリピートは確実だが、、遠いなぁ。小出方面に遠征あった場合の「善生」→「ハルヤ」の黄金ルートのハシゴが定着しそう。ちなみにシャキシャキ食感、葉ネギの青い部分を食べるの個人的に大好きで関西はほとんどソレだが、新潟は白ねぎ中心で葉ネギ・青葱を食べる文化は少なく、スーパーで売っても苦戦するが、新潟でも九条ネギを使う日本料理店やラーメン店などが増えて徐々に浸透しつつありますね。外食店で食べ方・料理法など拡げて頂いてるお蔭でスーパーなどでも少しずつ売れ始めるという有難い事も多々あります。逆に言えばお客様に伝えきれていないという反省でもありますね!

閲覧(509)

あおぎり

場所:長岡市東坂之上町2丁目2-9<地下1階>

食べた品:鶏骨醤油ラーメン950円<ランチタイム・おにぎり1個付き&駐車券で100円引き>

おススメ度:98%

伝説のラーメン店「青桐」がひらがなになって復活して、ランチメニュー(ラーメンを提供中)月曜定休、11:30~14:30.17:00~22:30(土日~23:30)カウンター6席・テーブル3(間引き中)地下1階の間接照明のお洒落な空間。2018年9月末にて閉店した「青桐」が無国籍料理・ダイニングバーとして復活していたのは知っていた。夜のみでラーメンのみのオーダーは不可と聞いていたので長岡だしなかなか行く機会がなかった。ランチタイムのラーメンを始めたと聞いていてやっと行けました。ランチタイムは数量限定でおにぎり付きだったが、おにぎりは遠慮、駐車券見せて100円引きとなる。久々の鶏骨醤油ラーメンは、見た目が変わった!ブロッコリー・スライス人参・スナップエンドウ・玉ねぎ極刻み・白蕪1片・二十日大根スライス1片・白髪葱・美味しい青菜・生海苔!美味しい鶏ササミスライス2枚・豚バラチャーシュー1枚、多加水中太縮れ麺、雑味の無い鶏骨スープ。醤油ベース。スッキリ鶏の清湯スープはやはり健在でブロイラー育ちの鶏の脂身の臭いが全くない。トッピングは料理の世界。テイクアウトで煮干し醤油まぜ麺600円も食べたーい。

閲覧(402)

麺処 清水 長岡店<閉店>

場所:長岡市堀金1-4-26

今回食べた品:<限定>ネギブタそば800円

おススメ度:94%

不定休、7:00~15:00。アレッ??漸ZENの文字が無くなり、朝ラーの出来る営業時間に変わってる!詳しい事はわからない色々と変わってる。限定のネギブタそばなるものを頂く。白髪葱と斜めカット葱・極太メンマ2本・トロットロの美味しい肉ワンタン3個・厚切りチャーシュー1枚、ツルツルで食感のいいストレート麺、香味油でキラキラした透明な塩ベースの深い旨みのあるスープ、鶏・豚ベースで甘みもあるが魚介系は感じなかった。

(2019.9.4)食べた品:中華そば おススメ度:97%

漸という名を付け加えてメニューや内装も一部変更。「清水」の中でも南魚沼同様、やっぱりここの中華そばはハイクオリティーだと思う。

(2018.12.23)食べた品:六日町ブラック おススメ度:100%

右に厨房をグルリと囲むカウンター席17.プロジェクターでミュージックビデオが映し出される。左には何とも広い待合室、テレビに向かって長椅子ベンチが13も並べられている。新潟県各地に出店し行列になると確信した自信?と待つ苦痛の回避の為に最初からこの造りに!店内Wi-Fiも完備。ゆっくり座って順番が来ると名前を呼ばれる。清水で未食の「六日町ブラック」を選択。黒胡椒・カイワレ・極刻み玉ねぎ・極太メンマ2本・美味しい低温処理チャーシュー1枚(直前にスライサーでカットされている)低加水食感のいい相変わらず美しく揃えられて提供の細ストレート麺、スープは漆黒だが富山ブラックと違い塩加減は控えめ、醤油の味が最大限に生かされ香り立つ粒感残るブラックペッパーとベストマッチ!醤油好きには最高の一杯!清水はとにかく香味油の使い方が上手い。関東の洗練された系らーめんが新潟で食べられる幅を拡げてくれている。

閲覧(2658)

麺処 清水(三条店)

場所:三条市上保内乙289

今回食べた品:六日町ブラック750円+ワンタン3個250円

おススメ度:94%

アレッ?この前長岡川崎店で食べた同じ六日町ブラック(おススメ度100%)とちょっと違う~!カイワレ・太メンマ2本・たっぷりの玉ねぎ刻み・レアチャーシュー2枚、ブラックペッパー&山椒、低加水ストレート細麺、濃い色の醤油スープ。長岡とほぼ同じ仕様だが違いは先ずこちらは大きめのカットの玉ねぎ(長岡は極小刻み)次は全体にデコボコにも見えるくらい振りかけられたブラックペッパー(長岡は中央に適量)スープは長岡の方が完璧でした。食べる側の体調などももちろんありますが、支店や暖簾分けでも作り手によってやっぱり変わるんですね。値上げとメニューの変更がありましたので食券機更新。ちなみに長岡川崎店の六日町ブラックはこちら

(2018.7.3)食べた品:チャーシュウ麺 おススメ度:98%

チャーシュウ麺はカイワレ・太メンマ2本・絶品レアチャーシュウ4枚(葱はスープの香りを邪魔する為か?無し)低加水美味しいストレート中細麺、キラキラ光る香味油浮く鴨出汁?を彷彿させる芳ばしい香り、美しい醤油スープ。完全に「柴崎亭」を踏襲した逸品。新潟にも低加水ストレート麺、無化調という関東系中華そばの波が!中華そばというより和食寄りな上品な一杯。土日は19:00までの営業に延長(通常は10:00~15:00)オープン当初なかったワンタンや煮干し中華その他加わった。

(2018.3.17)食べた品:山椒のそば おススメ度:97%

不定休、10:00~15:00。カウンター6席・小上がり3テーブル。南魚沼にある麺処清水の2号店(つつじヶ丘柴崎亭で修行をした店主が柴崎亭を踏襲したお店)居抜き物件なのでそれ程変化はないが余計なメニューポスターなどはなく本店同様ダーク系でシンプルな内装にジャズが流れている。今回は山椒のそばを選択。ベースは塩そば600円にミルで挽かれた山椒がたっぷりかけられる。カイワレ・極太メンマ2本・美味しいレアチャーシュー1枚、香味油の量がかなり浮いたキラキラ光る透明に近い塩スープに形を揃えられた低加水で食感の良いストレート細麺が綺麗に盛り付けされている。そこにミルで挽き立ての青山椒中心のフレッシュな香り高い山椒でビリビリ痺れるが塩スープとの相性もなかなか良い。流行のラーメン店で無化調・麺が超少な目・営業時間が短く・席数も足りないという行列店とは一線を画す。気がかりなのは南魚沼との水の差くらいかな。

閲覧(8931)

らーめん関哲

場所:三条市西本成寺1丁目35-25(天狗屋跡地)

食べた品:らーめん650円

月曜定休、11:00~15:00。カウンター8席+2席・小上がり2テーブル。塩らーめん専門店。セルフだが美味しい水、多分玉川堂?銅で作られた塩どんぶりオブジェにチャルメラ鳴り響く風除室。日曜日というのもあって大行列でした。立ち食い移動車からリアル店舗へ!名前も「かん哲」から正式にフル漢字の「関哲」に!親父さんへの思いも入っている。立ち食いの頃の麺少なめ量そのままにその時より50円値下げ。食べたらーめんは食感のいいキクラゲ・葱・薄切りバラチャーシュー2枚、程よく食感を残す茹で加減のストレート細麺、あっさりで何が立つという事もないけど、普通で最高の塩スープ。飲み干しちゃいます。移動車の時と比べてどんぶりが発泡でないのが嬉しいし、麺がその時より粉っぽくないのが全然違う(イベントの時なども全く同じだが発泡どんぶりと水を頻繁に変える事が出来なく少なめのお湯で麺を茹でたのとたっぷりの湯で麺を泳がせて煮るのでは違いがでます)やっぱりスープ!想像だけど昆布や香味野菜、そして生姜がいいお仕事してます。夜の三条、酒場カンテツはサバサラ・モツ煮・モツ皿やカンテツコロッケなど独自性あるものを次々と考えだす名物店主ひでじろう氏。酒場カンテツもまた行きたいな。

閲覧(1446)

一晃亭<移転後>

場所:長岡市大島5丁目113-27

食べた品:追い煮干し中華700円

おススメ度:96%

寺泊よりこちらに移転した人気店。水曜定休、11:30~15:00.18:00~21:00。カウンター7席・テーブル約3。お二人で運営されているので食券機&水セルフ。先ずは「追い煮干し中華」を頂く。どんぶりの縁に柚子胡椒、海苔1枚・スプラウト・細切り葱・太メンマ2本・美味しい炙りチャーシュー1枚・低温処理されたローストポーク1枚、多加水気味の中太縮れ麺、香味油浮く絶品!煮干し醤油スープ。追い煮干しらしくスープに煮干しをさらに足して絞る、粉末や溶かした煮干しというより2種の煮干しのエキスを絞り出した抽出型でいわゆるニボラーメンではない。どんぶりの温めはもちろんチャーシューも下からの湯気とバーナーで炙って提供。丁寧な仕事が光ります。麺の好みだけがわたし(このスープなら低加水で、も少し細麺が好き)と少し違います。

閲覧(487)

ラーメンむつみ

場所:長岡市川口牛ヶ島貝ノ沢158-3(越後川口)

食べた品:あさり塩バターらーめん950円

おススメ度:92%

月曜定休、11:00~22:00。カウンター8席・テーブル3・小上がり3テーブル。TVでも紹介された事のある「名物・あさり塩バターらーめん」を頂く、ねぎ・味玉半分・メンマ・そしてタップリの量の浅利(20個以上)麺は多加水中華縮れ細麺、バターは香るがサラッとしつこくない豚骨ベースのスープに浅利出汁がしっかりと移った塩スープ。美味しくない訳がない!個人的には麺が低加水気味のストレートで今どきの麺ならもっと合うと思う・・途中からホワイトペッパーを強めに振るとなんと合う事。貝出汁ラーメン大好きですが、これだけの量の浅利が入ったラーメンは滅多にありません(殻取りが面倒ですが)特に女性におススメです。

閲覧(308)

ログらあめん よし田亭

場所:新潟市国見2718‐1

今回食べた品:ニューたんたんめん800円 サンマーメン800円

おススメ度:91% 90%

久しぶりに連れと寄りました。ニューたんたんめんは、いわゆる芝麻醤などを使った担々麺でなく、勝浦たんたんめんとも違うが、ニラ玉若干の挽肉が入った辣油と唐辛子系の辛味のスープのたんたんめんでした。ニューたんたんめん悪魔950円というのもあり、激辛好きは是非挑戦してみてください。サンマーメンはここの看板メニューであんかけもやしの中華味で旨いラーメン。どちらも細麺ですが、麺の量が多い!サンマーメンは餡かけでこの麺の量だとまるで汁無し麺みたいでした。

(2013.8.21)食べた品:チャーシューメン830円 野菜みそらーめん780円 おススメ度:チャーシューメン88%  野菜みそ92%

ここはあっさりスープにめんつうさんの極細多加水縮れ麺、スープも煮干し魚介が濃くなった印象、美味しかったです。野菜味噌は味見させてもらった程度ですが、今時の太麺こってり濃厚味噌とは違い、なおかつ薄っぺらな味噌とも違いなかなかでした。


(2008.8.5)食べた品:ちゃーしゅーわんたんめん880円など おすすめ度:91%

何度か足を運んで、いつも定休日などにあたり、やっとでありつけました。新津のグルメ社長(あっさりラーメン好き)が是非オススメという事でした。カウンター10席テーブル2で夫婦でうやっている小さな店。ご主人はフォークギタリストだったりラーメン好きが高じて本当にラーメン屋を開いたりと面白い経歴。頂いたちゃーしゅーわんたんめんですが、スープは飴色のあっさりだがコクがある美味しいスープでした。ねぎ、ナルト、メンマ、海苔、煮玉子半分、肩バラチャーシュー、手作りワンタンは生姜が効いて絶品でした。

閲覧(2138)

立ち食い塩ラーメン かん哲

場所:三条市須頃1丁目67-1 たまや駐車場(燕三条駅すぐ)

今回食べた品:チャーシュー麺(塩)850円

いやぁ~想像以上に美味しかった、私の中の幻のらーめん!念願叶いやっと食べる事が出来ました。水・木・金のみ営業18:00~22:00又は売切れまでのラーメン屋台。車で行っても「たまや」の駐車場お借りできます。水色のワゴン車でチャルメラの音を流してます。メニューは塩ラーメン700円チャーシュー麺(塩)850円のみ。発泡のどんぶりで提供される、たっぷりのキクラゲ・食感を残す切り方の葱・トロトロバラ肉やや甘い味付けで絶品だった薄切りチャーシュー5枚、茹で加減も食感を残し丁度いい低加水気味ストレート細麺、そしてあっさり透き通った昆布や椎茸?香味野菜を感じるおそらく鶏ガラベースだが何が立つわけでもなくハーモニーの執れた美味しい塩スープ。麺は130~140g位だろうか?やや少な目だが飲んだ後や小腹が空いた時には最適ならーめんだ。飲む前の他のお客さんが売り切れを心配してナント飲み食いする前に食べていく人も!凄い人気だ。ガッツリの満足感を求める人は別として女性や私の様な(笑)年配者、〆や小腹空いた方には遠方から車飛ばす価値あり!

閲覧(1211)