ののや 三条本店

場所:三条市代官島1305(元あった場所から移転オープン)

今回食べた品:しおらーめん800円(細麺選択)

 

元あった場所からすぐのコンビニ跡地に移転改装オープン。無休、平日11:00~15:30.17:30~21:00(土日祝は通し営業)カウンター9席・テーブル3・小上がり3テーブル。メニューは移転前とほぼ同じ、「山頭火」を踏襲した豚骨しおラーメンがウリ。基本で一番人気のしおらーめんは(もちろん細麺選択)白胡麻・ナルト・刻みキクラゲ・ねぎ・細メンマ・トロトロ醤油味のバラチャーシュー2枚、縮れのかなり強めの細麺、脂も浮いたクリーミーさもある白濁豚骨しおスープ。昔は苦手だった山頭火も旨く感じる。細麺って事もありおやつ感覚でペロリと終わった。新たに登場した追い麺200円を追加したかったがダイエット(笑)の為ガマン。すぐ近くの「ほむら」も塩専門店を掲げているが全く違うしおらーめん!しおラーメンの定義が一番難しい。

 

 

閲覧(334)

山口食堂

場所:長岡市小国町新町264-1

食べた品:みそバターラーメン790円+ぎょうざ390円

 

木曜定休、11:00~14:00.17:00~20:00。テーブル5・小上がり長テーブル1。コンパクトでかわいいお店。トイレを借りたら人の家でした(;’∀’)。毎年恒例の宝徳稲荷大社祈願の帰りに小国町まで来てみました。みそバターラーメンと名物のぎょうざをいただく、バターに七味がふりかけられ、コーン・ねぎ・菜っ葉、もやし・キャベツ・人参・玉ねぎ・豚肉を炒めて煮てスープを作る。麺はやや柔らかい多加水自家製中華麺、スープはシャバシャバで懐かしい味噌味、薄味です。野菜炒めはクタクタオーバーボイル気味で麺軟で薄味と今どきと真逆だが、もやしだけじゃない野菜タップリでこういうのもたまにホッとする。手作り餃子は6個でなるほど名物と謳うくらいおいしい。薄皮で野菜の餡はこちらもやさしく美味しい。新津の大好きな「多良福久」の餃子によく似た味。地元の方々に愛されるかけがえのないお店。

 

 

閲覧(290)

FLAT (栃尾)

場所:長岡市平2丁目1-19

食べた品:海鮮タンメン990円+麻婆豆腐650円

  

基本月曜定休、18:00~23:00.日曜のみ12:00~19:00。カウンター6席・大きなテーブル1・掘りごたつ式小上がり1テーブル。お洒落な空間・店主は白衣ビシッと着て髪型ツーブロックにきめたイケメン、注文は席にあるタッチパネル。2020年6月コロナ真っ只中にオープンしていてラーメンが超絶旨いとの情報を聞いてからだいぶ経ってようやく来店。麺類の選択も色々あって迷ったが女子店員さんの薦める「海鮮タンメン」に!麻婆麺も美味そうだったのであとから麻婆豆腐単品を追加しました。麺は泳がして平ザルあげ、厨房はピカピカ、調理の所作も無駄なく綺麗、もう美味しい(笑)先に麻婆豆腐が来ちゃった辛いと味がわからなくなるので順番違うな!と唯一の不満。ネギ・香りと痺れの数種の四川山椒、本格派で痺れて辛くて旨い!かなり油ギッシュだが甘み少な目で大好きな麻婆豆腐!豆鼓多めで「重慶飯店」新潟だと「DAO」に似てるタイプ。これでだいたい麻婆麺を頼んだらってのが想像出来ました。そして海鮮タンメン、おいしいバラ海苔・メンマ、中華鍋で強火炒めの白菜・木耳・ボイルバナネイ海老3尾・細切り筍・ベビー帆立数個・浅利の剥き身多数、滋味深い味がスープに溶け出してる。あっさりかと思いきや白濁スープに背脂チャッチャ!白濁塩ベースであっさりと濃厚の間、なんといってもあさり出汁が効いてる。麺はちゃんぽん系の丸太麺、これは独自性も高くおいしかった。背脂醤油も台湾ラーメンもそして炒飯も美味そう!距離が近ければ通うお店。基本は夜からだし、Casual Diningとあるから飲みながらのお店なんだ。

 

 

 

 

 

閲覧(419)

ラーメン専門店みつや(328)

場所:南魚沼市九日町2787-1

食べた品:(せあぶら)正油ネギラーメン800円

 

木曜定休、11:00~20:30。カウンター6席・小上がり4テーブル。こちらも328でみつやと読ませる(今は素直にみつや)ずーっと気になってメモに残していた老舗。すぐ近くに「ラーメンキッチン雪ヶ谷」が出来てこちらも気になっているがメモ順に従った。基本全て「せあぶら」ラーメンです。本当はココの代表格チャーシューにしたかったがせっかく遠征の連食2杯目なのでネギ正油を選択。海苔1枚・半熟卵半分・メンマ・大量の白髪葱・しっかり味の端切れ国産チャーシュー約2切れ、絶妙に芯を残した茹で加減の多加水中細麺、背脂ふられたあえて魚介出汁無しの鶏&豚動物系と野菜出汁の骨太正油スープ。ただ背脂の他に白髪葱の胡麻油も香るので個人的にこのラーメンに胡麻油は要らないかな。魚沼にはまだまだ未訪のおいしそうなラーメンが多々ある。

閲覧(327)

二代目しぶ家

場所:見附市新町3丁目5-1

食べた品:こってり中華847円+半チャーハン385円

  

月曜定休(月2回火曜休みあり)11:00~14:00.17:00~20:00。カウンター2席・テーブル4・小上がり3テーブル。初来店なので店員さんにおススメを訊くと「辛いのが好きなら麻婆麺各種・寒い時期は旨煮ラーメンも人気ですが、私はこってり中華が好き、ほかのメニューに背脂がありますが、こってりは背脂じゃなくて鶏を煮込んだコラーゲンたっぷりなんです」との事で、それをいただく、ナルト・ねぎ・メンマ・バラ海苔・めっちゃおいしいバラチャーシュー2枚、麺は普通の多加水縮れ中華麺、濃い味のやや酸味も感じる鶏白湯とも違う独自性の高い濃厚鶏スープ。鶏と野菜を10時間以上煮込んでるという。ちょいしょっぱめだがクセになりそう。半チャーハンは「半」じゃない量で化調多めながら(炒飯で化調無しはほぼ無い)旨い炒飯。他のお客さんの頼んだものを見ると大盛が半端ない量!あとカツカレーが凄い!見附の老舗の2代目が後を継いだ地元大人気店。地元じゃないとまだまだ知らなかったおいしいラーメン店ありますねー!メニューも豊富でまた来まーす。

閲覧(315)

飯麺処 ほむら

場所:三条市大島533

食べた品:背脂塩らーめん半炒飯セット1,000円

不定休、朝7:00~9:00.昼11:00~15:00.夜17:00~24:00。カウンター7席・小上がりテーブル2。「ほむら」といえば那須塩原にある名店「手打 焔」(記事あり)ですが、無関係。メニューを見るとオニガシマって文言で宗次の人ってわかりました。この場所は8号線沿いの入れ替わりの激しい場所。炒飯と塩拉麺を大々的に掲げた店。オープンしてすぐ位に行ったのに投稿はこんなに遅くなってすいません。背脂塩らーめんはナルト・ほうれん草・千切り葱・メンマ・バラチャーシュー1枚、食感を残した固茹で低加水寄りの麺、背脂ふられた味わい深い塩スープ。麺の量少な目だから半炒飯は要るな。刻み生姜付きでしっとりパラパラのザ・チャーハン!チャーシュー端切れナルトや竹輪カットが入ったうっすらソースの懐かしい味、半炒飯は塩らーめんの麺の量に比べてそれなりの量あります。

閲覧(625)

桃杏花

場所:燕市八王子1743-2

今回食べた品:Bセット(ラーメン・サラダ・餃子3個)968円

おススメ度:90%

火・水定休。11:00~20:30。五泉に住む叔母さんが、あっさりラーメンと餃子が美味しくてわざわざ五泉からここまで来ると聞いていてやっと来れました。てか!前に来た事ありました(笑)餃子も食べられる好都合のセットがあったのでそちらをいただく。ねぎ・小葱・メンマ・チャーシュー1枚、ツルツル多加水しっかり食感の縮れ中太麺、スープはあっさりかと思いきや結構しっかり強めの醤油スープ。中華のベースっぽい清湯スープがしっかりしてます。餃子は流石です。

(2011.3.20)食べた品:特製醤油らぁーめん+岩のりトッピング おすすめ度:89%

チャイニーズレストランだが、このラーメンが美味いと聞きつけ参上。テーブル5、小上がり3テーブル。上記らーめんが別メニューで大きく扱われている、メインのメニューは中華料理各種と麺類。頼んだ特製らぁーめんは、煮玉子まるごと1個、ねぎ、味付けメンマ、やや甘い味のついたチャーシュー2枚、濃い醤油色のスープにプチプチ背油で油っぽくない背油、柚子の一片と女性にウケそうな燕ラーメン、モチモチ中太四角麺、別皿岩のりも味付きで醤油スープと交じるとかなり塩っぱい!また玉ねぎのみじん切りが欲しいところだ。

閲覧(339)

中華そば あじろう

場所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1-1-4(越後湯沢駅前)

食べた品:岩のりチャーシュー麺1,090円

水曜定休、11:00~15:00.17:00~22:00。駅前商店街の中で新しく、綺麗でお洒落な内装。カウンター4席・テーブル3・小上がり3テーブル。定番メニューも豊富なのにその他にテーブルの上に多彩なメニュー(背脂・煮干し醤油・生姜正油・塩背脂・旨辛タンメン・定番に無いつけ麺各種などなど)が並ぶ。初来店なので店員さんにおススメを訊くと「先ずは中華そばからですね」と言われ、折角ここまで遠くに来たのでその中で一番高い岩のりチャーシュー麺をいただく。ネギ・ほうれん草・香り高いバラ海苔・味付きタケノコ水煮・大判カットバラチャーシュー5枚、しっかり食感の中太縮れ麺、醤油感強めのなんとも美味しいスープ。魚介はほとんど感じない・豚骨ベースだろうスッキリ醤油スープ。シンプルで美味い!食べた後はお蕎麦をいただいた後の口残り。中越下越でありそうでないタイプの中華そばです。この辺りで「越後維新」の他に最高の選択肢が増えました。

閲覧(472)

橋本屋

場所:見附市傍所町369

食べた品:中華そば550円+ギョーザ250円<土日のみ>

11:00~14:00。テーブル1・小上がり2テーブル。この「橋本屋」は時々チェックさせてもらってる尊敬出来る(お店を叩かない・古き良きラーメン屋をこよなく愛す・我が道をひたすらいく)ブロガー「いろいろいんぷ」さんのテリトリー!?にお初でお邪魔させてもらいました。敬愛の意味を込めて以下、いろいろいんぷさん風に書いてみる(笑)

この日は・・・前から行ってみたかった橋本屋さんへ。ナビでも何度か通り過ぎる(笑)暖簾をくぐって玄関の左のドアをガラガラっと。食券プッス!はなく、メヌーは壁。俺らしく初めは基本の中華♪アーンド土日のみのギョーザを(^^♪。ほどほどな時間で登場。今はなき小須戸にあった山田食堂みて~な海苔の上にコショー・ナルトもイイね♪チャースー2枚、モチっと縮れた中細麺がいいね♪今どきの油やハッキリしたお魚などのデジルは感じないさっぱり醤油スープ。なんらか懐かしい独特のカホリもする。純朴で懐かしい趣がとても素敵な味わいの一杯!こ~いんが好きだったかぁちゃんに食わせてやりたい。ギョーザは、、、モチっと皮がいい♪粗切りになった食感のいい具がじゅ~すぃ~でまじうんめ!生餃子にしかない味わい。そんな訳でご馳走様でした。。。

閲覧(596)

大黒亭 松屋小路店

場所:三条市本町3‐7‐14

今回食べた品:麻辣湯麵850円(1辛で)

おススメ度:94%

定番メニューも増え、その他に冷やしちゅか850円・みそ冷やし900円・ごま冷やし850円の3種の冷やし、新メニューのカレーつけ麺830円・肉三昧カレーそば1,200円や贅沢チャーシューメン1,220円なるプレミアメニューも。今回は麻辣湯麵を1辛でいただく、ねぎ・もやし・木耳・挽肉・青唐辛子?!多加水おいしい細麺、1辛だけど、むせる程の辛み!四川山椒の痺れ・たっぷりの赤い辣油ドロッとさえ感じる真っ赤なスープ・なにより青唐辛子&赤唐辛子系の痛い!熱い!刺すようなジンジンくる辛味。舐めてました。痺れ痛み辛みの三重奏!!辛いけど旨い!けど辛い。2辛・3辛、それ以上って信じられない。生青唐辛子は当たりはずれあるから大当たりだったのかも!?食感のいい具もいい感じ。汗びっしょりで「いっすね~山脇」の世界に入りました(笑)食後マスクすると息で熱い!痛い!久々に燃えました。辛党に是非試して欲しいメニューです。

(2020.2.11)食べた品:チャーシューメン870円 おススメ度:91%

久しぶりの来店。カレーそばの気分じゃなかったのでチャーシューメンを。ももかバラかミックスかを訊かれる。ミックスで!でかいバラチャーシュー3枚・ももチャーシュー3枚・ちび海苔・ねぎ・メンマ、食感のいい細麺、油少なめの昔ながらの醤油スープ。イイ感じ!胡椒が合う!魚介出汁も少な目で今どきとは真逆な感じなのに旨いラーメンです。

(2011.11.18)食べた品:カレーそば600円+半カツ丼380円 おすすめ度:89%

道路拡張整備の為に、目の前の土地に移転。レトロ感たっぷりだった店内(個人的にはこっちが良かった)が、明るく綺麗になりました。カウンター4席・テーブル4・小上がり2テーブルと女性や家族連れも利用しやすくなった。玉ねぎ豚肉のドロドロ黄色っぽいカレースープはそのままだが、前よりカレー粉味が強く、鰹節感が少なくなったのと甘みが足りなくなった感がある。

(2007.3月)食べた品:カレーチャーシューメン おすすめ度:90% 歴史を感じる古さ加減が心地いい。水はセルフで、出前までやってます。スープは中華そばにカレーがかかっているタイプではなく、スープそれ自体がカレーである。ドロッとした鰹だしの効いた玉葱がたっぷり入った黄色っぽい和風カレーに細めんが入っている。それ以外具はないが、カレーチャーシューを頼んだので、チャーシューはちょっとういている感じだが、それ自体はおいしいバラ肉を使っていて今度チャーシューメンを頼んでみようという気にさせる。スープがドロドロのカレーなので麺がダマになりやすいのと、白いシャツを着ている方にはハネに要注意!新しいサービスを忘れない姿勢は地域名店で愛されている事を物語っている。

閲覧(606)