龍上海 赤湯本店<山形>

場所:山形県南陽市二色根6-18

食べた品:赤湯からみそラーメン830円

おススメ度:99%

水曜定休、11:30~19:00 。壁際カウンター5席・4人掛けテーブル3・6人掛け円卓2テーブル。相席が基本。ジャズが流れるが内装はやはり中華料理店。もう語る事もない有名店だが、実は赤湯本店は初来店。平日13時着で約30人待ち!だが意外に回転率はよく食べ終わりは14時でした。食べた赤湯からみそラーメンはナルト・細めのシャキシャキメンマ・ねぎ・薄切りブロックカット独特の味付けがされた美味いチャーシュー3枚、乾燥青海苔、唐辛子の辛味とニンニクが効いた味噌が団子になってトッピングされ徐々に溶かして味変させる、向かいにある麺工房で作られる自家製麺でモッチモチの多加水縮れ太麺、かなりラード油浮く鶏ガラ・豚ガラ・魚介で煮干し強めの意外とあっさり白味噌ベースの味噌スープ。麺もスープも旨い!辛味とニンニクでこりゃクセになるね。どこかの辛味噌ラーメンや支店のそれと深さが違う。歴史や作り手の情熱かなぁー?カップ麺や御土産箱麺はやはり別物になっちゃうな(笑)

閲覧(247)

中華そば大勝<金沢市>

場所:石川県金沢市もりの里1-202

食べた品:魚介豚骨ラーメン750円

おススメ度:94%

月曜定休、11:00~14:30.17:30~21:00。カウンター6席・テーブル2・小上がり2テーブル。「金澤濃厚中華そば神仙」出身の店主。メニューの最初に極旨中華そばがあるが、神仙といえばやっぱり濃厚魚介豚骨でしょ!ということで魚介豚骨を頂く、麺の硬さを聞かれ「カタメ」で注文。海苔1枚・ねぎ・メンマ・バラ肉チャーシュー1枚(ちょっと筋張って苦手な香りあり)麺は低加水ポリポリストレート細麺、鰹節系の魚介ガツン!甘くてねっとりドロッとこんなにブリックス高めの豚骨醤油スープは凄い!甘くて濃くて濃ーい味、豚骨スープに輪島産いしるを合わせているとの表記が、喉がキリキリするがこれぐらい濃いのが濃厚と謳える所以だね!濃厚豚骨醤油らーめんお求めの方におススメです。

閲覧(114)

そらみち<金沢市>

場所:石川県金沢市窪7丁目281ヴィアーレ伏見台

食べた品:中華そば750円

おススメ度:98%

不定休(火曜休み多い)。11:00~14:00.18:00~20:00(土日祝11:00~15:00)カウンター10席・テーブル2。金沢出張来るたびに定休日だったり研修旅行中だったり、フラれる事3回、ようやく来れました。スタンダードな中華そばを頂く。2杯ずつ丁寧に作るので提供まで時間がかかる。麺の茹で時間の残り時間をカウントしたり細かな演出もいい。本日の煮干しを貼りだし(今日は瀬戸内産白口&平子・千葉産九十九里産・長崎産ウルメ)など細かな伝達。本日限定で鶏白湯もあったが初来店なんで我慢。葱・穂先メンマ2本・絶品レアチャーシュー1枚(これは追加するべきだった)三河屋製麺のストレート細麺(関東より地元民の好みに合わせてか?長めに茹でてポリポリ感でなく程よい茹で加減)香味油香る鶏出汁の上品な醤油感が強い絶品醤油スープ。あー美味い!インパクトは少ないが通う毎にハマるラーメンだってのがよくわかる。金沢では「白鷺」野々市の「TERRA」と無化調関東系上品絶品ラーメンでした。

閲覧(87)

春一家 本店<札幌>

場所:北海道札幌市豊平区美園11条6-1

食べた品:<数量限定>極上の塩らーめん「極」890円 黒八味噌らーめん890円 えびらーめん840円 餃子380円

木曜定休、11:00~15:00.17:00~20:30。カウンター7席・テーブル4、2階席テーブル約5.札幌でレベル高い激戦区豊平区でしかも有名な「彩未」の斜め前にあります。友人が経営されているのでおススメ度はひいきが出るとダメなので控えますが、結論的にどれも素晴らしいラーメンでした。昼食後にも関わらず3人でお邪魔してオーナーに奢って頂きました。試食的に3種と餃子を1皿シェアしました。麺は全て所謂典型的な札幌麺で加水率の高い黄色い硬めの縮れ麺でなく、しっかり小麦粉を感じる自家製麺でした。先ずは塩らーめん「極」濃厚で素晴らしい深~いスープ!そして私的に一番は黒八味噌らーめん!味噌らーめん?という感じですが黒い八つの素材(黒味噌・黒大豆・黒炭・黒酢・黒七味などなど)を使った複雑でハマる味の絶品スープ。えびらーめんは海老好きにはたまらない海老が全面に出たザ!エビ!といった香りの濃厚海老味のスープでした。スープ全てにじっくり手間暇や原材料をかけてます。一番わかりやすいのはチャーシュー、ラーメン店でなかなか出会う事の出来なくなった国産チャーシュー!しかも「いも豚」を使っていました。餃子も手作りジューシーでうまかった。友人のお店という事でなく堂々激戦豊平区でもおススメのお店ですね!ただどれも美味しいですが選択肢が多過ぎて家族連れや好みの違う大人数にはいいですが単品勝負が激戦区にはいいのかもしれません。どれも単品勝負できるレベルのものですがさらにブラッシュアップして黒八味噌専門店なんてのもいいかも!?あーまた「極」塩スープ飲みたくなってきた。

閲覧(117)

百戦麺磨 鬼武者<札幌>

場所:北海道札幌市中央区五条西4-4(すすきの)

食べた品:鬼味噌850円

おススメ度:88%

無休、11:00~15:00.19:00~翌朝7:00。カウンター18席・テーブル約8.奥に細長いお店。すすきにあり朝7:00までやっているのでお腹が減ってどうしてもラーメンが食べたいと困った時はこちら!鬼味噌というネーミングのイメージは脂っこいイメージだが、札幌濃厚味噌らーめんと違い比較的あっさりしているし、スープはやや甘いがしっかり旨い!もやしやねぎで〆にはいいかも?!

閲覧(119)

はせ川<喜多方>

場所:福島県喜多方市松山町大飯坂大荒井6番地

今回食べた品:淡麗醤油中華そば小チャーシュー680円

おススメ度:99%

久々ですが、はせ川は色々来る度に変化してます。情報整理!木曜定休・第一水曜定休、11:00~15:00。土・日(11:00~15:00)は黒はせ川にて営業。テーブル5・小上がり5テーブル、隣に座敷あり。今回は上記の限定メニューでした。つまり淡麗醤油中華そばのみ!味噌目当てで行ったのに残念!と思いつつ、淡麗醤油中華そば小チャーシューを頂く、ねぎ・しっかり味の付いた細メンマ・味の染みた国産バラ肉チャーシューブロックカット2枚、多加水喜多方縮れ麺、プーンと香る豚ベースの醤油スープ。こりゃ美味い!魚介を立たせず豚出汁でシンプルの極み、マイルドでちょっぴり甘い、シンプルが一番難しい中これは凄い!味わうごとに深みまで感じる。スープのバランス・麺とのバランス、原点の様な中華そばでした。

(2014.10.15)食べた品:醤油かけらーめん+チャーシュー1本乗せ150円 おススメ度:96%

やっぱり美味い!ナルト・メンマ・追加のチャーシュー1本(和豚もちぶたのしっかり醤油味)麺は麺自体で旨味があり、スープは優しいながら、煮干しの香りと上品で複雑な要素が絡み合うほんのり甘い(前より甘く感じる??)個人的にはチャーシュー好きでもあり、あっさりスープなのでやはりチャーシューは必要不可欠。喜多方では外せない店。他は「喜一のしお」「なまえ」「まこと」何気に美味しい「ひさじ食堂」「松食堂」かな?

(2014.3.26)食べた品:コク味噌らーめん800円+チャーシュー1本150円 おススメ度:99%

久しぶりにおじゃましましたが、平日にもかかわらず相変わらず行列のできる店。久しぶりなので色々変わってました。11:00~15:00営業で、木曜定休(第一水曜)ですが、営業日は夜営業スタート17:00~21:00黒はせ川という名で営業、夜のみメニューあり。テーブル4、小上がり4、別棟小上がりあり。若干レイアウトが変わってましたし、なんかファミレスチェーン店みたいなメニューに変わってました。醤油かけらーめん550円しおかけらーめん550円焦がしねぎしお650円みそかけらーめん650円コク辛味噌800円、チャーシュー1本150円2本300円3本450円、霜降化100円増し、紅霜化150円増し、もやし載せ150円増し。その他各種トッピング多彩。普通で麺は180g大盛360gで150円増し。オンデマンドでオーダー可能とあるが、なんだかんだトッピングなどすると結構な価格になります。何度も来て色々食べているので、今回は初のつけ麺を頼みたかったのですが、夜メニューとの事。ちなみに夜限定メニューは多加水つけ麺750円より、油そば650円スパイシー油そば700円、餃子やもつ煮込み、サイドメニューでプラス300円で2皿選択できる豊富なサイドあり。今回は濃く辛味噌(小辛)にチャーシュー1本トッピングで!ねぎ・メンマ・チャーシューの端切れ・スライスオニオン・美味しい熟成ツルツル喜多方麺、辣油・胡麻油など坦々スープの様なコクのある味噌スープ。スープはやはり只者ではない美味しさだし、チャーシューも絶品だが、いくらもち豚とはいえあまり厚くないのに150円アップとは!前のチャーシューメンが同じ値段で食べられなくなったのが残念。ニューウェイブ系喜多方ラーメンであり、トップクラスのお店の美味しさ!夜も来なくては!
(2009.2.2)食べた品:チャーシューメン おすすめ度:140% 今回で5回目の来店となりました。しばらく更新してなかったので、更新します。ここはやっぱり私の中では喜多方ではNO1です。まこと食堂もチャーシューメンでは、上かもしれませんが、ラーメン自体が美味しい。チャーシューは大きめのやや厚めのトロけるチャーシューです(私はバラ肉削ぎ切りのラーメンに絡む超薄切りが好きなもんで・・・)前回と変わった事といえば、何かロゴマークの様なものができて、どんぶりも新しくなりつつあります。はせがわの文字を抽象的にしたもの。その他霜降600円(背脂)紅霜(背脂プラス辛味)という新メニューやおみやげ(2食)で700円なるものもありました。食べた品:チャーシューメンおすすめ度:140% やっと、やっと4度目にして、チャーシューメン(しょうゆ)にありつけました。前に行った時は、しょうゆスープが終わり、味噌チャーシューを食べました。その時の評価が、140%のおすすめ度。是非今度は醤油ベースのチャーシューメンをと今回は気合いを入れて、店着11時半!!しかし、土曜日という事もあってか、口コミ人気か?既に長蛇の列・・・・。喜多方市の老舗の組合にも属さず、ラーメンマップなどにも一切出ておらず、口コミやネット情報でここまで人気店になっているとは・・・。チャーシューメンはアッサリ系で、奇をてらうことなく、非常に丁寧に基本に忠実なおいしいスープに例の喜多方特有の麺(ここの麺は一段とおいしい気がする!?)チャーシューは味噌食べた時に評価しているが、柔らかくておいしい。とにかく満足できるラーメンです。しょうゆベースのラーメンは新潟のレベルが非常に高いせいか、もちろんベスト10ランクイン。アッサリ系ではベスト5には個人的に入るかなー?でも味噌はごま油が効きすぎの感はあるが、ベスト3にランクインするかも!ともあれ県外では、というよりラーメン処、喜多方では注目すべき店ですなあ!!

(2006.3.23)食べた品:味噌チャーシュー おススメ度:140% 最近TV雑誌のランキングで喜多方ラーメン1位の座に君臨している店である。喜多方といえば、「まこと食堂」「坂内食堂」「食堂なまえ」などなど有名店は星の数ほどあるが、喜多方ラーメン協会(?)などにも所属せず、町の外れでひっそり(但し営業中は近所迷惑位の混みよう)と営業している。実は3回目にしてやっとありつけた。というのも営業時間が日曜定休、昼11:00~14:30だが、スープがなくなると終了との事で、1時半頃着いてものれんがはずされ、「本日は終了しました」に2回もあっている。今回も実は営業終了後(1時半)で何とか入れてもらったのだ。店の人から「今できるメニューは「味噌」か「タンメン」だけよ!」って言われたが、無理矢理入店。私は味噌チャーシュー、一緒に行った3人は味噌を頼んだが、全員が「旨い!」の一言。具沢山でスープも濃厚、コクもあり、チャーシューの他に豚角煮のようなチャーシューがごろごろ入っていた。チャーシューもバラ肉を横に大きく切った出し方で、ボリューム感・お得感も最高!香りにごま油が少々効きすぎの感はあるが、値段とボリューム・味でもイケてます。車を飛ばす価値のある店だと思います。注意点はオープンしてすぐに行くことか?!

閲覧(1540)

喜一 <喜多方>

場所:喜多方市関紫町上高額境田635−7

今回食べた品:Sio(塩)チャーシューメン918円

おススメ度:120%

やっぱりここの塩ラーメンは個人的に全国ナンバーワン塩ラーメンです。ねぎ・最小限の味付けされた食感のいい細メンマ・バラ肉ブロックカット10枚以上のチャーシュー、幅広のツルツル多加水喜多方ビラビラ平打ち麺、透明度の高い洋風出汁感じる深ーい味わいの塩スープ。感激の一杯です。

(2014.3.26)食べた品:Sioチャーシュー おススメ度120%

裏磐梯、檜原湖ほとりにある「Sio-YA しおや」の大元でもある喜一、昨年移転オープン。あの塩ラーメンの感動を味わいたくて来ました。ただ朝が主体で11時にはスープがなくなる事もしばしばという噂なので、休みの時にしか来れないのが残念。7:00~14:00、第1・3金曜定休。カウンター9席・テーブル3。味噌も絶品らしいが、やはり外せないSioチャーシューで!青ネギ・塩出しシンプルメンマ・ばら肉チャーシューブロックカット多数、白く透明度すらあるビラビラ平打ち超多加水喜多方麺、透明度抜群の甘みも感じる絶品しおスープ!いやぁー車飛ばして来る価値あります。前述の「sio-YAしおや」同様豚骨・鶏・魚介のどれが突出するわけでなく、バランスのいい絶品スープと麺の組み合わせ。塩ラーメンの中で1・2に入ります。あぁまたすぐ食べたくなる~!!

閲覧(726)

空山(くうざん)<会津坂下>

場所:福島県河沼郡会津坂下町市中三番11-1-2

今回食べた品:空(醤油)肉盛り850円

おススメ度:94%

火曜定休、7:00~15:00。カウンター6席・小上がり2テーブル。太麺・細麺選べます(基本は太麺)メニューは上記の写真の様に空(醤油)山(味噌)雲(塩)の基本3種に会津地方では珍しい油そばも人気の様です。空肉盛りは海苔1枚・ねぎ・メンマ・ブロックカットバラ肉チャーシュー約7~8枚・挽肉、喜多方平打ちツルツル縮れ太麺、なんともありそうでないタイプの不思議な味もする醤油スープ。喜多方豚出汁煮干しスープとは一線を画し鯖節・鰹節寄りのしっかり味の醤油スープ。会津坂下にて連食だったのですが、最後まで食べられたのは旨い証拠。なかなかでした。地元での評判もよくお蔭様で2店舗目の出店も決まったそうです。

閲覧(437)

伊藤<会津坂下>

場所:福島県河沼郡会津坂下町塔寺堤ノ上2658-1(お食事処 峠 跡地)

今回食べた品:チャーシューメン900円

おススメ度:96%

火曜定休、11:00~14:00。お食事処峠の居抜きで席はそのままテーブル約5・小上がり3テーブル。メニューはラーメン650円チャーシューメン900円みそ800円みそチャーシュー1,000円背油ラーメン750円背油チャーシュー1,000円、大盛150円。こいめ・うすめ・かため・やわらかめ 対応しますとの張り紙。チャーシューメン(こいめ・かため)で注文。食感あるシャキシャキねぎ・メンマ・美味しいバラ肉チャーシュー8枚、喜多方縮れ麺(かためといったが丁度いい)、豚・鶏香味野菜の軽く油ののったあっさりなんとも美味しい醤油スープ(こいめといったが丁度いい)。これは旨い!!隣の方の頼んだ背油ラーメンを覗いたが新潟のいわゆる背油醤油でなく、この喜多方ラーメンにそのまま背油を振りかけているスタイルでした。

閲覧(297)

らーめん鴨屋<会津若松>

場所:福島県会津若松市一箕町鶴賀下居合63-4

食べた品:鴨南蛮らーめん780円

おススメ度:94%

火曜定休、11:00~15:00.17:00~20:00。カウンター8席・テーブル2・小上がり2テーブル。2017.3月にオープンした会津の新店。メニューは鴨ざるらーめん・鴨南蛮らーめん・カレー南蛮らーめん全て鴨使ってて780円は安い!鴨やカレーのどんぶりものやセットもある。頼んだ鴨南蛮らーめんは糸辛子・焼いた縦切りの長ネギ・焼目の付いた鴨肉数個、麺は喜多方形固茹での曽我製麺の中太縮れ麺、スープは色がえんじ色の器も影響してるが真っ黒に見える蕎麦つゆの様な鰹節が効いて鴨出汁&鴨油が出た甘いつゆスープ。葱や鴨を焼いた芳ばしい味もスープに染みている。生卵・柚子胡椒・生姜・豆板醤は無料にてもらえる。それらは要求しなかったがテーブルの上にある山椒が甘いスープに一番合うと思います。ラーメンというより蕎麦に近い感じだがこの挑戦は凄いし、価格も含めて新潟でこの斬新さや価格設定はウケると思うが、金曜昼の13時で他のお客さんいなかったから伝統を重んじ比較的あっさり醤油を好む会津人にはあまり受け入れられていない感じ。また来てカレー南蛮らーめんを頂いてみたいと思います。

閲覧(250)