うめ八(喜多方市)

場所:福島県喜多方市北町上47

食べた品:しょうゆネギラーメン800円

おススメ度:96%

月曜定休、07:00~15:00。カウンター5席・約4テーブル。新津から喜多方までは高速飛ばせば1時間ちょっとで来れるけど、折角喜多方まで来てハズしたくないので昔は王道の「坂内食堂」「まこと食堂」中堅どころの美味しい「ひさじ屋」「あべ食堂」「松食堂」などが好きで、最近では絶対ハズさない「喜一」「はせ川」老舗ながらどんどん美味しくなってる「食堂なまえ」に行っちゃうので新規開拓してませんでした。「天高盛」からのハシゴでしたが、、、しょうゆとしおの2本柱。豚骨拳骨煮出したいい香りが店内に。国産豚使用と明記のPOP、そうこなくっちゃ!!しょうゆネギラーメンは千切りネギがてんこ盛りに胡麻油と胡椒が軽く振りかけられ、メンマ、美味しい厚切り国産豚バラチャーシュー3枚、ツルツル多加水喜多方平縮れ麺、透き通った豚のいい香りある奥行きある絶品醤油スープ。魚介は感じない澄んだ豚スープは喜多方でリピートありの店に決定!しおも期待出来ますね!!平日ながら結構な行列あり(駐車場も少ない)

閲覧(311)

天高盛(喜多方市)

場所:福島県喜多方市豊川町米室アカト5246-115

食べた品:らーめん600円(濃いめ・麺硬め)

おススメ度:91% コスパ100%

火曜定休、11:00~14:30スープ切れ終了。カウンター5席・テーブル2・小上がり2テーブル。知人から喜多方なら「天高盛でしょ」と聞いており、ようやく初来店。前情報で無化調だけど、スープが薄いから濃いめのリクエストと時々麺がユルすぎる時あるから麺硬めのリクエストを忘れずに!という言葉を聞いており、その通りに注文。着丼してビックリ!!チャーシューメンじゃね!ってくらいチャーシューがのってる(噂通り)バラチャーシューやや厚切り約7枚!!ナルト・メンマ・たっぷりのシャキシャキのねぎ・リクエスト通り固茹での喜多方平打ち縮れ麺、濃いめにリクエストしたがまだまだ薄めの無化調醤油スープ。トッピングは600円なのに凄い!無化調天然出汁でこの値段は天然出汁不足は否めないが優しいスープでまたすぐ食べたくなる度は高い。入店から退店まで本当に心のこもった元気のいい接客、逆に言えばずーっと喋りながら作っている(笑)

閲覧(232)

たいへいラーメン(郡山)

場所:福島県郡山市富田町愛宕前77‐7

今回食べた品:チャーシューメン(味噌)800円  連れ:タンメン700円 みそタンメン700円 餃子350円x2など

おススメ度:90%

先ずはすいません。写真がLIVE使用になったままでピンボケでした。2回目の来店だが前回の記事を見るとなんと8年前でした。3年前に来た時は偶然閉店していたので。私は味噌チャーシューを、バラチャーシュー約6枚・ナルト・ねぎ・メンマ・ビロビロ喜多方形平縮れ麺、サラサラタイプの甘くて懐かしい田舎味噌味のスープ。麺相変わらず多い!たぶん普通で220g~250gありそう。餃子も6個で大蒜効いて旨かった。仲間のタンメンやみそタンメンも甘くて化調効いてますが、旨い旨いと喜んでました。ただボリュームにやられてました。店は大繁盛で次から次へとお客さんは絶えません。大盛で安い地域密着老舗大繁盛店です。

(2012.3.28)食べた品:1:みそタンメン630円 2:五目焼きラーメン780円 3:チャーハン630円 (当時の価格)
おすすめ度:1:98% 2:98% 3:92%  総評コストパフォーマンス200%

郡山インターからすぐの好立地、11:30‐15:00、17:30‐22:00の営業時間で木曜定休。カウンター12席・2テーブル・小上がり4テーブル。男性店主1人とおばちゃん4人でやってました。全ての大盛が100円増し(すでに全てが普通でいう大盛なんで、大盛とはどんな量だろう?)麺類はすべて自家製麺。頼んだみそタンメンは豚肉・キャベツ・キクラゲ・もやし・人参・ニラ・玉ねぎと豊富な種類の野菜タップリを胡麻油で炒めたものがボリューム満点のみそラーメンにのったもの、麺はやや喜多方系の平縮れ麺だが、自家製でうまい!しかしボリュームあり過ぎ!スープはサラリとしているが、胡麻油が効いていてコクもある、野菜タップリで美味い!五目焼きラーメンは、豚肉・椎茸・いか・たけのこ・人参・キャベツ・マッシュルーム・ピーマンと豊富な野菜を甘いあんかけでとじて、同麺を中華鍋でコゲをつけるまで焼いた麺にかけたもの、嫁や子供はボリュームもさることながら美味しいと喜んでました。チャーハンはまずまずの味、焼き豚端切れがタップリ入った若干ソース味。頼んだ全てが豊富な食材を用いてボリューム通常の150‐200%、価格は7‐8掛けといったところである。今まで量で勝負の店は味は二の次だったり、具材を絞ったりしているがここは違いました。安い!旨い!「創業1977年食の満足をプロデュースする」と謳っているだけあります。美味しいものを少しだけの方はご遠慮ください。ボリュームとコストパフォーマンスを追及する方には間違いなくおススメ!

閲覧(1814)

鶏そば 新里(沖縄那覇市)

場所:沖縄県那覇市泉崎1-15-16

食べた品:鶏そば840円 連れ:鶏煮干しそば780円

おススメ度:95%

日祝定休日、11:00~16:00.17:30~23:00。ぐるりと厨房を囲むコの字カウンター17席。自分が頼んだ鶏そばは、紫色の茎のさくらカイワレ・ねぎ・丸い葉っぱの青菜(ピノグリーンという小松菜かな?)・酢の酸味もあるコリコリ食感の生メンマ・焦がし葱・低温処理されたチャーシュー1枚、全粒粉を使ったポリポリ食感の低加水ストレート細麺、鶏白湯スープはコクがあってサラサラさっぱり系で飲み干したくなる。好みの一品。連れの鶏煮干しそばは、スープは鶏白湯でなく透明で煮干し香るスープ。自分が食べた鶏そばの方が好みでした。沖縄はもちろん沖縄そば主流ですが、近年ラーメン店も増えてきてます。今までの一番はまぜ麺マホロバでしたが、この鶏そばも美味しかった~。

閲覧(123)

麺屋 宵(沖縄那覇市)

場所:沖縄県那覇市松山1-12-14

食べた品:辛麺(5辛)800円  連れ:とんこつ黒らーめん800円 とんこつ赤辛らーめん800円

おススメ度:77%

無休、17:00~翌日7:00。カウンターL字に8席・テーブル3。野郎5人で松山をうろうろして目的のラーメン店に入店出来ず、門構えのいいこちらにお邪魔しました。私は辛麺の5辛で、溶き卵・辛味挽肉・韮・大蒜2個、麺はビロビロ平中細麺、辣油や唐辛子系で赤いがそれ程辛くないベースは鶏ガラ中華スープ。コレは名古屋の味仙の台湾ラーメンに似せた感じ。または辛麺カップ麺に似た感じ。連れのとんこつ黒・赤をスープだけ一口頂いたがこちらが正解でした。特にとんこつ黒。門構えはカッコよく美味しそうだったが・・・アジア人従業員で辛麺も写真とちょっと違うかな。

閲覧(158)

貪瞋痴(とんじんち)<氷見市>

場所:富山県氷見市朝日本町1-30

食べた品:氷見産煮干ラーメン800円

おススメ度:98%

月曜定休、11:30~14:00.19:00~0:00(日曜は~20:00)夜は煮干しラーメン以外の2品の提供はあるが基本はダイニングバーとなる。カウンター7席・奥に大きな相席テーブル。あまり綺麗とは言えない店内だがドンペリやオーパスワンなどの空瓶が飾られている。「貪瞋痴」とは仏教用語で人間が根本的に持つ3つの煩悩を表す。仏教に精通してないと読む事すら難しい。店名にすることによって先ずは自分を戒め、お客さんにも伝え、気になる→調べるとなる事を願ってか?氷見は個人的に大好きで過去3回ほど民宿に泊まったり(安価で最高の鮮魚料理)両親を招待して温泉に泊まった事のある場所。氷見産煮干しラーメンはトッピングが別皿でネギ・美味しい磯海苔(コレ本当の岩海苔かも)薄味味付けの素晴らしい太メンマ2本・黄身の味が際立つ味玉1個・厚めにカットされた低温調理されたチャーシュー2枚、ポリポリ食感の22番ストレート細麺150g、玉ねぎのみじん切りが浮かんだ黄金色の煮干スープ。ややしょっぱめだが、煮干しの旨みを最大限に引き出したスープ。機会があれば七福の有機白醤油を使った白醤油ラーメンも食べてみたい。

閲覧(371)

麺道 麒麟児<長野市>

場所:長野県長野市川中島町原657-4

食べた品:中華そば750円+餃子3ヶ300円

おススメ度:95%

無休、11:00~15:00.17:00~21:30(土日祝は通し営業)カウンター6席・テーブル4人掛け2・6人掛け1。名前を記入して左奥の待ち席へ。中華そばは香り高い三つ葉・美味しいレアチャーシュー1枚と鶏ササミチャーシュー1枚、穂先メンマ、ツルツルで食感ある自家製中細ストレート麺、香味油光る「鶏」と「鴨」出汁でほんのり甘みもある上品な醤油スープ。隠れていた柚子片と鷹の爪一欠けらもさりげなくいい。関東系今どき無化調醤油ラーメン。餃子もなかなかで特に皮が美味しい。鶏そばにしようか迷ったけど、おそらく何を食べても美味しいのだろうな!と思えるお店でした。

閲覧(231)

銀座 八五

場所:東京都中央区銀座3丁目14-2

食べた品:特製中華そば1,050円

おススメ度:200%<現時点で個人的最高点>

水曜定休、第2・第4木曜定休。11:00~15:00.17:00~21:00。カウンター6席のみ。高級寿司店の様な内外装・設え。水道橋の「中華そば 勝本」は既に行って美味しかった(おススメ度:99%)がフレンチの名匠松村さんが自ら作る中華そばはスープを一口啜ってノックダウン!状態でした。こりゃ凄い!「カエシは使わず塩分は生ハムプロシュートとフランス天然塩を使い、フランス産のバルバリー鴨と名古屋コーチンから出汁をひき、ドライトマト・昆布・干し椎茸・ロースト茸・イタヤガイ」(フードジャーナリスト山地さんの取材記事より)など素材の旨味を引き出し素晴らしいハーモニーを奏でさせている。麺は浅草開花楼のデュラム小麦香り食感の良い低加水ストレート細麺、トッピングは九条葱・メンマ・ペッパーキャビアの挽き立てをかけられた絶品バラチャーシュー2枚・味玉1個。店舗は8.5坪と狭いながら一人ひとり広めで落ち着いて食す事の出来る空間、都度新しいランチョンマットの紙、しっかりしたおしぼりなどサービスレベルも高い!6人相手に4人でオペレーションしていた。食べた後店主に「素晴らしかったです!」と思わず声が出てしまった。何の変哲も無い様で、奥深ーい!高級こだわりの材料を使えば美味しくなるというものでもない(店内に書きまくってある店は大したことない場合もある)要するに素材の長所を知り頭の中で仮説を立てながらその素材達が一番の旨味の交差点を導き出す作業を繰り返し至った最大公約数の交わった部分で提供するらーめん!いや料理。それをまた100%再現できるのも本人でないと難しいのかもしれないし、捌きも6人が限度なのかもしれない。突然の出張で月曜の昼13時位に行ったのだが暑すぎる日であった事で、たまたまラッキーだったのか?7人待ち位ですんだ。常にはもっと長い行列と想像する。待ち時間以外は全てにおいて私の中の過去のラーメンという一杯においての最高レベルでした。

さて!最高に出会えた・・・という事でそろそろこのブログも終わりにしようかな?

閲覧(375)

焼きあご塩らー麺 たかはし<銀座店>

場所:東京都中央区銀座5-10-10

食べた品:焼きあご塩らー麺800円

おススメ度:96%

年中無休、11:00~04:00(日祝は~23:00)カウンター10席のみ。食券機は外で買ってから店内に。焼きあご塩は「あごすけ」背脂醤油は「燕三条系」ご飯は新潟コシヒカリと・・ん?新潟?と思ってググったらグループ代表は新潟出身の美人女子。新宿・銀座・上野・歌舞伎町・鎌倉・大阪・渋谷そして中国福建省へと増店拡大中。英語と中国語の表記でインバウンドにも対応。焼きあご塩らー麺は刻み三つ葉・白髪葱・極太メンマ2本・レアチャーシュー細切れ・バラチャーシュー1枚、固茹でされたしっかり食感の喜多方形縮れ麺、豚骨ベースにガッツリ旨味が凝縮されたあご出汁中心の魚介出汁塩スープ。新潟出身という贔屓目を抜いても素晴らしいレベルです。

閲覧(235)

札幌飛燕

場所:北海道千歳市美々987-22新千歳空港ターミナルビル3F

食べた品:我流札幌塩らーめん850円

おススメ度:94%

札幌出張なので行きたいラーメン店を10店以上ピックアップしていたが忙しくて全く行く時間が無く、帰る出発前の新千歳空港北海道ラーメン道場内にある飛燕で。無休、10:00~21:00。39席。ラーメン道場は計画的に?どんどん店が入れ替わっているのでたまに来ても楽しみがあって良い。今年(2019)1月に入店。過去に行った豊平区「飛燕 南平岸」が美味しかったので何店かあるうちのこちらを選択。塩を頂く、焦がしマー油・ガーリックチップ・ねぎ・もやし・焼メンマ・玉ねぎ・バラチャーシュー2枚・挽肉、固茹で多加水モチモチでビラビラ平打ち太麺、白濁鶏の旨味の塩スープ。塩ラーメンというより鶏塩ガーリックといった感じ。まさに我流かも。

閲覧(304)