新潟で美味しい担々麺

新潟担々麺特集

担々麺も色々なタイプがありますね!美味しいと思った新潟県内の担々麺処をピックアップ!必ず好みがあるはず!もちろん今回載せきれなかったおススメ担々麺もありますよね。順不同で比較的サラリあっさりタイプから濃厚タイプまで!お店や内容の詳しい情報は店名などを検索機能に入力してみてください。

瑞鳳<新潟市中央区>担々麺

本格中華店が作るあっさりしながらも深い自家製芝麻醤が決め手の絶品担々麺

ちゅんり<新発田市>担々麺 

ドロッと白胡麻系の比較的あっさり辛くないがアラレが特徴的で美味しい坦々麺

海老寿DELUX<新潟市>麻辣担々麺

辣油と山椒、芝麻醤で酸味が効いたまたすぐ食べたくなるタイプ

175°DENO担担麺<三条市>担担麺(汁あり・シビれる) 

札幌発の担担麺専門店、高級中華料理店で食べるタイプ。痺れる厳選山椒が特徴

天弓<長岡市>担々麺(中辛)

サラリとしているが辛くてちょっぴり甘いアジア系スパイシーな担々麺

太威<新潟市東区>味噌担々麺 

豚骨ベースで味噌味の重ね味の豚骨ラーメン店が作る担々麺

龍馬軒<上越市>担々麺 

美しい盛り付けに濃厚クリーミーな胡麻ベースに赤酢の酸味・辣油などの複雑なアジアンテイストな独自性高い担々麺、辛さはそれほどない

かなみ屋<新潟市小新&女池>四川担々麺(醤油ベース・味噌ベース)

好みで醤油か味噌かが選べる醤油は細麺であっさり辛旨!味噌は太麺でこってりクリーミー

<番外編>担々麺とは違うものの挽肉を使った辛さがあるおススメの一杯も合わせて紹介します。

ふじの新津店<新潟市秋葉区>裏坦々そば

忙しくない時?に頼める裏メニュー、混ぜそばに近い感じだが甘辛い挽肉の旨さにリピート率高い

泰紋<新潟市南区>赤らーめん

たっぷりの挽肉・玉ねぎみじん切りが嬉しい豚骨ベースに自家製辣油・胡麻油、芝麻醤などの濃厚な甘辛は独自性も高くクセになります

柿屋<新潟市東区>からしそば

挽肉たっぷり大蒜たっぷり甘くて辛い中毒性の高い一杯

閲覧(1694)

中国飯店 瑞鳳

場所:新潟市中央区信濃町2-5

食べた品:担々麺800円

おススメ度:98%

無休、11:00~22:00(水曜のみ変則)。大きな丸テーブル5・小上がり、二階席もあり。駐車場も広め。新潟の老舗&本格中華料理店。一人で行くと丸テーブルに相席になるが大きなテーブルなので距離感は気にならない。ランチの中華がお得なので何度か食べた事はあるが、グルメな方から担々麺なら瑞鳳が一番好き!と聞き、それを目当てに!グラインドナッツ系・胡麻和えされた青菜・ねぎ・刻み搾菜、ツルツルで今どきからするとやや軟らかいがしっかりしたストレート中細麺、辛味はそれほどでなく自家製芝麻醤の胡麻風味が凄い!酸味もいい感じでさっぱりさせてくれる。ドロドロでないけど濃厚な重ね味スープ。美味い!スープ完飲は辞めようと思いながらレンゲが止まらない~~。あっさり担々麺で№1決定!麺類のメニューだけ掲載したが、当然他の中華の品揃えの豊富さかつ美味しさ、またお得なランチメニューも外せない。

閲覧(218)

龍昇園

場所:三条市元町12‐11

今回食べた品:黒カレーラーメン900円

おススメ度:94%

月曜定休、11:00~14:30(日祝は~15:00)17:00~22:00(日祝は~21:30)カウンター10席・小上がり4テーブル。今回は「ねぎみそ」でと思ってたのに隣の方の黒カレーラーメンの香りで、結局黒カレーラーメンを注文。味玉丸ごと1個・ヤングコーン・玉ねぎ・雷型カットの人参・デカい赤唐辛子1本・かぼちゃ・ジャガイモ・しめじ・鶏肉・ピーマン・もっちり食感の米粉で丸めたカレー味のライスボール1個、ビラビラ平打ち縮れ麺、サラサラとした竹炭パウダーで墨色のスパイシーなカレースープ。小皿にいい感じの田舎味の漬物が付いてます。一体感は無いがバラエティーに富んだ具材の味覚の融合。ゴロッと入った野菜達にサラッとしたスパイシーなカレースープは北海道スープカレーといった感じ。後から汗が噴き出します。中華料理の達人の調理系ラーメンに間違いなし!

(2014.2.16)食べた品:黒カレーラーメン おススメ度:94%

味噌ラーメンを食べようと来たのにメニューを見てやっぱり黒カレーラーメンを頼んでしまいました。やっぱり美味しい!寒い冬には身体が温まります。お目当ての黒カレーラーメンもブロッコリー・ヤングコーン・ライスボールは入ってなく、人参・ねぎ・玉ねぎ・でかい赤トウガラシ1本・しめじ・さつまいもとかぼちゃ・各1片、と今回は味玉まるごと一個・ピーマン・エリンギ・鶏肉とその時によって多少の変化がありました。でも竹炭パウダー入りスープカレースープは健在で、緑の平縮れクロレラ麺との相性も抜群でした。今度は是非人気の味噌とチャーハンも食べてみたいです。

(2009.7.13)食べた品:黒カレーラーメン おすすめ度:94% 食べた黒カレーラーメンは、ブロッコリー、ヤングコーン、人参、玉ねぎ、ねぎ、赤唐辛子、さつまいも、しめじ、などの野菜などがたっぷり入った本格黒カレースープ。また半熟玉子が丸ごと一個入っている、麺は四角っぽいカットでやや縮れやや太の緑のクロレラ麺、黒いスパイスタップリの本格カレースープ。かなりクセになりそう。他のお客さんは人気のねぎみその注文が多いようです。かなり高得点!

閲覧(418)

さんぽう亭(新津店)

場所:新潟市秋葉区程島字萱の中1865−1

今回食べた品:冷やし担々麺842円+大盛108円=950円

あまりに暑くて冷やしの気分だったので、冷やし担々麺を頂く。カット胡瓜・白髪葱・冷やし茹でキャベツ・たっぷりの肉味噌、冷たくしめられた中細ストレート麺、ピリ辛タンタンスープ。気分にぴったりでした。

(2018.12.18)食べた品:肉盛り味噌らーめん961円

五泉店でも食べたあの肉盛り味噌を再び!こしおうという新銘柄豚を使った味噌らーめん!にんにく香る味噌スープがおいしい。濃厚のもと飲み干せない味噌スープが昨今多いがこちらはある程度飲みたくなります。麺がちょっと軟かったのが・・・三宝さんでは五目うま煮麺・全とろ麻婆麺・つけ麺極かこちらか?いやいやチャーハンかでいつも迷います。海老麻婆1,058円なる新メニューがありました(個人的に海老味ラーメンはどちらかというと苦手ですが)

(2017.12.23)食べた品:渡り蟹の鍋焼き味噌らーめん993円+ミニ豚力丼421円

五目うま煮めん・全とろ麻婆麺食べる事が多いのですが今回はこちらを!麺が五島手延べうどんの様な麺でスープとなかなか馴染みにくくラーメンの麺の様ではなかった、土鍋で提供されるのでのびにくい?麺だと仕方ないのかな?マンネリ打破の挑戦し続けるってやっぱり凄い。

(2017.7.29)食べた品:全とろトマト麻婆麺928円(夏限定)

夏限定のこちらを頂きました。麻婆豆腐には韮や挽肉・玉ねぎみじん切りの食感も残し花椒もふられている、そこにほぼ丸ごと一個分位のカットトマトが加えられていて酸味とトマト汁でマイルドに、辛さもマイルド。麺は美味すぎてこのマイルドとのバランスとしてはスタンダード全とろ麻婆麺の方が合うと思うが、こちらの方が残ったスープ(麻婆の餡)を最後まで平らげたくなる。リコピンもしっかり摂れてピリ辛で夏バテ防止に良さそうだし、女性に人気な感じ。

(2017.4.18)食べた品:担々麺820円+半炒飯410円

三宝グループの「隠れ担々麺ファン」です<隠れるなって(笑)>手間暇や美味しさ考えると仕方ないが半炒飯がセットでもう少し安いともっと嬉しいなぁ

(2017.1.24)食べた品:五目うま煮めん820円+半炒飯410円

さんぽう亭テッパンの五目うま煮めん!久しぶりの選択でしたが、気のせいか前と変わった様な・・・紹興酒や椎茸の旨味を前面に具材の味をより感じられるように甘さ控え目でよりシンプル本格派になりましたといった感じか?前はオイスターソースと砂糖の甘みが立ち、片栗粉多めのもっと甘い餡がタップリでスープに絡めて的な感じだった様な・・・好みの分かれるところだが本物志向の方は嬉しい変化かも知れませんね。

(2016.12.25)食べた品:こってり中華734円

(2016.10.24)食べた品:全とろ麻婆麺<東京ラボ仕様>864円(←1,000円が期間限定)

この間にも何度も行ってましたが、同じものばかりの記事になるのでコレは!という時にのみ更新!全とろ麻婆の東京ラボ仕様頂きました。そんなに違いはないだろう!とタカをくくってましたが、麺の美味さにビックリ!この麺は美味いですね~。麻婆は前回大辛にして辛さ得意な私でしたがナメテましたので、今回は普通で!充分辛かったです。あまり頼まないのですが、半ライスに麻婆麺を食べる前にかけて美味しく頂きました。新潟麻婆麺として「三宝亭」「まるしん」「忍」「愛心」「かなみ屋」「たまる屋」と私の中の新潟6大麻婆麺です。三宝さんは麺の旨さは断トツです!あとは好みの問題ですね!

(2016.4.21)食べた品:五目うま煮めん820円 鶏白湯塩らーめん788円

(2016.2.19)食べた品:全とろ麻婆麺864円+大辛64円

はっきり言って大辛をナメてました。上に激辛があるし、結構辛さは大丈夫な方なので全とろ麻婆麺大辛で頼んだところかなりキマシタ!複雑な辛味で主に辣油と山椒!麻婆の「麻」はご存知、痺れるという意味なので本当に痺れました。たぶん「花椒塩ホワジャオエン」を使っているので横浜中華街で食べた痺れてしょっぱい本格四川麻婆豆腐の域でした。旨かったけどかなり塩分キツイのと汗がワーッと吹き出し、店を出るまで恥ずかしい位の大汗でした。今度は普通か中辛にしよ!

(2015.10.16)食べた品:五目うま煮麺820円 鶏白湯塩らーめん788円+半炒飯

山梨からの取引業者さまと・・・安定のおいしさ

(2015.9.14)食べた品:鶏白湯塩らーめん788円(限定)

これイケます!銀座の行列の出来る店「篝」の鶏白湯を彷彿させる優しい甘みもあるポタージュ系の鶏白湯スープ!!

(2014.7.15)食べた品:五目うま煮めん+半炒飯

(2014.3.18)食べた品:つけ麺<極>(麺250g)

ドロッとしたしつこくない甘みのある鰹節が前面にでた魚介ダシとんこつスープ、ねぎ・メンマ・コロ肉チャーシュー・食感のよい玉ねぎみじん切り!美味しかったです。

野菜味噌&半炒飯 これもイケます!特に半炒飯は美味い!

閲覧(4716)

坂新

場所:新潟市江南区鵜ノ子2-5-8(亀田アピタ脇 焼肉ロッヂ亀田店跡地)

今回食べた品:ねぎチャーシュー1,030円

おススメ度:92%

木曜定休、朝ラーありの07:00~15:00。ねぎチャーシューにすると結構な値段に!過去の記事を見るとねぎ味でスープの邪魔をと書いてあったが、大量の葱は嬉しいが、今回は葱のカットの仕方が違うが味付けでちょっとスープの味が変わる。そして今回は残念ながらビラビラ麺がユルイ!軟い!その他久しぶりのあっさり塩スープは旨かったし、ここのバラチャーシューは間違いない!

(2018.11.11)食べた品:醤油チャーシューメン880円+ねぎ100円+ミニミニ丼280円(タレカツ) おススメ度:93%

日曜で行列!!人手不足の為テーブル席のみの対応の張り紙が!どこも同じですね(笑)喜多方ラーメンのスープは煮干しや鰹節が主でなく、飛魚や鯛干し・鯖節などだから新潟の醤油スープと一線を画す。

(2018.2.7)食べた品:醤油チャーシュー880円+ねぎ100円 おススメ度:93%

前回坂内食堂系のチャーシューメン(豚骨ベース・塩味)を食べたので今回は醤油チャーシュー(焼あご・鯛干し・鯖節3種の魚介・醤油味)を!ネギトッピングをしたらネギ1本分以上?の凄い量!お得感あって嬉しいが結構ネギの辛味・苦味がスープの邪魔をしちゃったかな?!会津若松の坂新で食べた醤油チャーシューの方がスープの色が塩と醤油の間みたいな感じでどこか繊細な味がしたようなイメージが・・・充分美味しかったですけど。

(2015.12.21)食べた品:チャーシューメン880円 おススメ度:93%

2015年末にオープン!カウンター8席・テーブル5・小上がり4テーブル以上。喜多方ラーメンの大人気店「坂内食堂」の次男さんが経営する会津若松市に出来た「坂新」の2号店。会津の坂新は以前記事があります。坂内食堂と同じくラーメンは豚骨ベースの塩味、坂新で提供される煮干でない焼飛魚出汁3種の焼干しを使った醤油ラーメンも提供される。以前会津の坂新で醤油チャーシューを頂いたので、ここではベーシックなチャーシューメンで、美味しいバラ肉チャーシュー5~6枚・青ネギ・メンマ、喜多方平打ち縮れ麺、豚骨ベースのあっさり塩スープ。透き通ったスープはあっさり好きを魅了するかも!?個人的好みは会津でも食べた醤油だろうなと想像できた。新潟で喜多方ラーメンを食べれる店は何店かあったが、人気店由来の出店は初めて、気軽に喜多方ラーメンが食べられるのもうれしい。

閲覧(4567)

煮干しらーめん にぼにゃん

場所:胎内市新栄町4-15

今回食べた品:濃厚煮干し790円+玉ねぎ50円+和え玉200円

前回と全く同じ注文だった。スープがぬるいと濃厚煮干しは・・・だったけど、和え玉の旨さでOK!濃厚煮干しつけ麺や限定で汁なし担々麺790円なんてメニューも登場してました。

(2019.4.7)食べた品:濃厚煮干らーめん790円+和え玉200円 おススメ度:94%(和え玉95%)

野郎4人でまたまた行って来ました。前回前々回の学習から特上ではない濃厚煮干しで、プラス腹減ってたので和え玉も。うん!濃厚でエグミなくギリギリでいい感じ。濃厚だから仕方ないがスープ少ない感じ、スープ飲みたいと思う時はにぼにゃんじゃないけど・・・それより和え玉結構な量(1玉分)かなり腹に来ます。煮干し粉・刻み玉ねぎ・ダイスカットチャーシューがトッピングされ煮干し香味油とカエシが入って良くかき混ぜて先ずは食べます。テーブルにある胡椒や煮干し酢を加えてもさらに美味しくいけます。残ったスープに浸してもOK!そのままで充分美味しいですが。関東系の食感ある低加水麺で麺自体が美味しいからな。これで200円なら大満足です。

(2019.3.2)食べた品:煮干しらーめん690円+チャーシュー丼350円 おススメ度:93%

先週末に続きにぼにゃんへ!今度は濃厚でなく普通の煮干しで。バラ海苔・玉ねぎ極みじん切り・鶏チャーシュー1枚・豚バラチャーシュー1枚、ツルツルだが食感ある低加水気味ストレート中細麺、煮干し香るあっさり醤油スープ。ここの麺は主張強めだから濃厚煮干しスープの方があってるかも?トッピングもやっぱり特上でなくとも十分でした。「石黒」では極にぼでなく次の中華そば、「さぶろう」でも濃厚煮干しより中華そばの方が押しですが、にぼにゃんだけは濃厚の方が好きでした。

(2019.2.24)食べた品:特上濃厚煮干らーめん990円 おススメ度:94%

月曜&火曜定休、11:30~14:00.18:00~21:00。カウンター4席・大きめテーブル3・小上がり1テーブル。初来店なのでついつい一番高いの押しちゃった。そんなにトッピングいらなかったのに(笑)特上濃厚煮干らーめんはバラ海苔・美味しい半熟味玉丸ごと1個・玉ねぎみじん切り・鶏モモチャーシュー2枚・豚バラチャーシュー2枚、食感ある低加水中細ストレート麺、グレー色の濃厚煮干しスープ。八戸産煮干しいわし・伊吹いりこ使用。濃厚だがエグミは感じないギリギリを攻めてる感じ。あの煮干し中華の「中華そば伊藤」の様な喉にキリキリくる感じはなくて私には最適。私の中で「新潟3大濃厚グレー煮干しラーメン」を提供するお店は「石黒」「さぶろう」「にぼにゃん」となります。もちろんそこに鰹節や甘みを加えた「廣はし」もおススメだし、煮干しをガッツリ効かせたラーメンは多々ありますが、ストレートなグレー濃厚煮干しって事ね!

閲覧(2559)

中華蕎麦 藤とら

場所:長岡市関原1-4582-1(ぶしや跡地)

食べた品:つけ麺850円+大盛100円

おススメ度:96%

しばらく日曜・第3月曜定休、11:00~14:30。カウンター8席・テーブル2+1。ぶしやの時から改装され厨房スペースが広くとられ建物の中にも待合ベンチ、カウンター一人の一人の間が広くてよい。ぶしやオーナーがぶしやの場所で復活!2人(ご夫婦?)でオペレーションなので結構な時間はかかるがそれが我慢できる素敵な接客。カッチョいいロゴや戦国武将をイメージさせるデザイン・内装、今時ポップなBGMと、中華蕎麦の「蕎麦」を漢字を使うなど東京で流行っぽい感じでもあるが、新潟でこれだけ内外装デザインにお金をかけたお店は少ないかも?つけ麺はつけダレに海苔1枚・ねぎ・ナルト・メンマ・薄切りチャーシュー2枚、ツルツル多加水美味しい中太麺(若干くっつきあう麺が唯一の難)、鰹節が強い魚介とおそらく黒酢の酸味と程よい甘みのバランスのいいつけダレ。どんぶりに盛られた麺は底上げはあるものの凄い量!つけ麺はどこでも大盛を注文するが、藤とらの量は普通でも充分かも?ってくらい大盛は量ありました。割りスープはセルフで電気ウォーマーで温められた通常の割りスープと辛割りスープの2種類用意されていました(これも新たなスタイル)2人のオペレーション随所に工夫がありました。まさに「ぶし」(節&武士)な麺屋です!中華蕎麦食べにまた来ます!

閲覧(562)

麺処 遥か

場所:新潟市西区小新西3-3-1(おこじょ跡地)

食べた品:背脂岩のりらーめん800円(ホントはバラ海苔)

月曜定休、11:00~14:30.17:00~22:30。カウンター約10席・小上がり3テーブル。ガタ子さん情報で昨日(2019.7.16)オープンの新店。ガタ子さんの言うとおりググっても前情報が何もない!まあ先入観念は無い方がいいけど。基本は背脂と味噌とつけめん、夏季限定のザル中華550円なんてのもありました。オススメ!人気№1と書いてある背脂岩のりらーめんを。味玉半分・バラ海苔(岩のりとあるが小売業でこれを岩海苔として販売すると表示法違反になってしまう・・・でもラーメン業界ではこれで通っているからいいのかなぁ??)メンマ・玉ねぎみじん切り・バラチャーシュー1枚、この系統にしては細いツルツル多加水縮れ麺、背脂ふられたしょっぱめの醤油スープ。燕三条系のソレとは違う、煮干しはあまり香らない、細めの麺!麺は硬めで注文した方がいいかも?チャーシューは美味しかったです。ネオ背脂醤油らーめんといった感じ<麺はネオテイクさんの麺だけど(笑)>。まわりの人が頼んでいたミニチャーシュー丼100円は安い!ライス150円より安い!大きさは半ライスだけどチャーシュー端切れのって頼まない手は無いかも。

閲覧(1244)

麺作 赤シャモジ<加治川>

場所:新発田市横岡415−1(道の駅加治川の前)

今回食べた品:辛味噌 基本の濃熟つけめん790円大盛無料+パリパリ餃子セット200円

おススメ度:93%

基本の濃熟つけめん(辛味噌)は特製でなく基本なのにカイワレ・タップリ白髪葱・メンマ・ローストポーク2枚と十分なトッピング、自家製太麺、コチュジャンが効いた濃厚味噌つけダレ。つけダレがかなりしょっぱい!途中で割スープもらって丁度いい加減になりました。最初からもらっておけばよかった。つけめんは初めてだったが辛味噌でなく、一押しおススメとあったしょうゆか味噌にすれば良かったかな?でも大盛無料だし、基本でこれだけのトッピングはお得感ありますね!セットの餃子もなかなか美味しかった。

(2018.6.24)食べた品:辛味噌 濃熟らーめん750円

変わらず美味しかったです。

(2017.11.5)食べた品:あわシャモ 濃熟味噌らーめん(大盛無料だが並で) おススメ度:96%

東新潟店が出来てからはご無沙汰になってますが、久しぶりにこちらへ。カイワレ・小葱・極太メンマ3本・レアチャーシュー2枚、美味しい自家製ストレート太麺、泡立てた濃厚味噌スープ。この価格でこの美味しさ!頭が下がります。

(2016.3.6)食べた品:特製濃熟味噌らーめん(大盛無料) おススメ度:96%

東新潟店が出来たが日曜という事もあってこちらも大盛況でした。特製濃熟味噌らーめん(大盛)については過去の記事に書いた通りだが、トッピングで海苔と白髪葱を忘れられたみたい。個人的に赤シャモさんでは、辛味噌>味噌>醤油の順に好き!いつもは醤油>味噌>辛味噌の順が私の好みなのだが、お店によって違うところがまたラーメンの楽しさであり奥深さ。

(2015.5.31)食べた品:特製味噌らーめん(大盛無料だけど普通で) おススメ度:96%

特製味噌は、海苔1枚・カイワレ・小葱・大量の茹でもやし・極太メンマ・塩麹玉子半分・角煮の様な炙りチャーシュー1個・パストラミの様にまわりにスパイスが付いてレア仕上げローストポーク4枚、自家製ストレート太麺、トロミのある美味しい無化調味噌スープに黒いマー油。個人的には前回のしょうゆより断然味噌の方が好みでした。無化調がゆえに醤油は「九段下 斑鳩」に似たちょっとボケた味でしたが(醤油はやっぱりキリッとしたキレのある醤油味が好き)味噌は無化調が活かされた出汁と味噌のマイルドで深く、後味がキーンとこない美味しさでした。大盛無料だし特製はトッピングが大盤振る舞いでお得さも人気の所以ですね!

(2013.5.6)食べた品:特製しょうゆラーメン(大盛無料)  おススメ度:85%~95%

カウンター8席・テーブル2・小上がり4テーブル。カウンターの後方に待ち席。こだわりがメニュー最後に無化調である事、自家製麺である事など書いてある。ドデカい寸胴をデカしゃもじで豪快にかき回すのが、いいパフォーマンスである。麺茹では、特大テボを使っていて、非常に考えている事がわかる。頼んだ特製しょうゆラーメンは、ねぎ・白髪ねぎ・極太メンマ・海苔1枚・塩麹ゆで卵半分x2個・ロースターで仕上げたという赤みが残るローストポーク4枚・トロバラチャーシュー1枚(メニューには炙りと書いてあったが、混雑時は炙ってないようだ)これが特製のトッピング、麺は自家製の小麦粉系ストレート平太麺、結構固ゆで、スープは、しょうゆというより、相当ブリックスの高い鶏と豚骨、魚介節系の濃厚スープ、メニューには、濃熟スープと魚介ダブルスープを使い分けとある。このドロドロ感は、もみじと豚足などを臭みを出さずに相当気を使って煮込んだと想像される。また赤シャモジの前に「麺作」とつく様に期間限定のジェノベーゼのラーメンなるメニューもあり、店主の研究熱心度がわかる。スープの味はどこかで食べた事のある味だと思い出したところ、「東京九段下斑鳩」のスープによく似ている。おススメ度を85~95%に幅を持たせたのは、技術力・手間暇・完成度などは、95%以上かもしれないし、好きな人は好き!かもしれないが、私の好みとしては、チャーシューもこのチャーシューではないし、麺、そしてスープが、斑鳩や東京今時の凝ったポタージュ系ラーメンがそうだった様に、正直好みであるかといえば、そうではないのが、本音だから。つけ麺は、東京系濃厚魚介ドロドロつけダレ好きだから、赤シャモジのつけ麺は期待できるかも!?ラーメンは本当好みの問題ですね!

閲覧(3431)

青島食堂 東掘店

場所:新潟市中央区東掘1番町495

食べた品:青島チャーシュー900円+薬味刻みねぎ50円

おススメ度:94%

木曜定休、11:00~20:00。カウンター6席+1。青島の中で初めての来店。激狭店の部類。東京でもあるまいし、そりゃ行列も出来るわ!と思いつつ、通し営業だから良心的だ(アイドリングタイム狙いだね)外に設置された食券機で食券を買う。青島チャーシュー+ねぎは海苔1枚・ナルト・ほうれん草・メンマ・削ぎ落としチャーシュー多数(見た目は悪いが味はイイ)美味しい自家製中太やや縮れ麺、長岡生姜醤油ラーメンには欠かせない旨味調味料小さじ1杯(笑)生姜香る生姜醤油スープ。ここのはしょっぱくなく薄くもなく丁度いい塩梅でした。個人的には生姜醤油はそれほどクレージーではないが、たまに食べたくなる長岡(新潟)人にとってのソウルフードのひとつですね!

閲覧(294)