紹興楼<閉店>

場所:新潟市秋葉区中野2‐182‐3

大ショック!!今頃知りました。ご冥福をお祈り申し上げます。

最後に食べた品:ルースー飯800円

今回はラーメンではなく、ご飯物になってしまいましたが、閉店していると情報を流してしまったので(何回か前を通った時に閉まっていたから・・・)反省の意味も込めて掲載させて頂きました。3人前?という位のボリューム!ピーマンだけで何個使っているのだろう?ここの回鍋肉飯やスタミナナス飯も超おススメ!とにかくご飯物のボリュームは凄いし、中華系ラーメン類もおススメでなんとか頑張ってやって欲しいです。新しくテナントが決まるまでは変わらないみたいですが、仕方なくやってるといいながらランチタイムは満席状態!こういうお店は続けて欲しいですね!

(2018.1.18)食べた品:麻婆麺700円 おススメ度:92%

閉店がささやかれている中、今回は人気ナンバー1の麻婆麺を頂く、カイワレと白髪葱の食感がよく、豆腐は崩れているけど他店より挽肉多めでそんなに辛くなく中華屋さんのちょい辛・ちょい甘な大蒜効いたコチュジャン中心・隠し味の生姜が旨い麻婆豆腐、ストレート細麺がよく合います。チェーン店には言えない「激辛で!」「辛めで!」「辛さおさえて!」などの我儘が言えるのも個人店の良さ!何を食べてもハズレ無しのまちの中華屋さんが消えるのは嫌だ!帰りに「やっぱり閉店予定ですか?」「いつですか?」と聞くと、「売れるまで・・・」の答え。あっ!店の前に売り物件の看板が立ってたわ!正直いつまでも売れないで欲しい(笑)

(2017.12.26)食べた品:担々麺700円

年内いっぱいで閉店という噂を聞き、行かねばと思いつつすっかり忘れていました。本当に閉店?という事でネット検索するも食べログでは掲載保留の文字が・・・エッ!もうやってないの?自分の足で確かめに行きました。開店してました~~、あの担々麺という名の「ニラ玉辣油唐辛子麺」は健在でした。掲載保留と書くと営業にも差支えあるよね!という事で店主に真相を確認。「本当は年内いっぱいで辞めるつもりだったけど・・・」「年明けしばらく営業します」との事。それでもショック!独特の担々麺はじめ人気の麻婆麺や五目ラーメン、中華ランチが食べられなくなる~。なんとかなりませんか?と尋ねると「ランチはいいけど平日夜がねぇ~」(そりゃ飲食店全ての悩みっしょ!)駐車場の広さも微妙だしとの事。年明けいつ閉店か?は明確ではなかったが、この担々麺が食べられるのはあと僅かな時間というのだけは確か!最近ではこの担々麺注文に辛さを倍に!や極限まで辛くしてください!という要望もあるという。激辛好きは是非!辛いの結構得意ですがそのままで辛くはないけど汗びっしょりで寒い冬に身体が本当に温まるラーメンです。

(2017.5.9)食べた品:担々麺700円 おススメ度:93%

月曜定休、12:00~15:00.18:00~21:00。カウンター2席・小上がり約10テーブル。柳麺600円塩600円もやしラーメン700円雲呑麺700円広東麺800円担々麺700円五目800円天津麺750円叉焼麺800円蝦仁湯麺800円味噌700円辛味噌800円麻婆麺700円回鍋肉麺800円など、他に焼きそば各種・炒飯・中華メニュー多彩。作り手は店主ひとりで多少時間はかかるが腕は確か。ご存知担々麺はネギ・タップリの挽肉・ニラ・溶き卵を炒めたニンニクが効いた辣油のみで芝麻醤などを使っていない清湯サラサラ醤油ベースの辛いスープに加水率高めのツルツル細縮れ麺。横浜たんたんの担々麺や勝浦タンタンメンに似たタイプ。旨い!!食べ終わる頃には汗がドッと噴き出している。私にとって「柿屋」の辛子そば・「まるしん」の麻婆麺・「紹興楼」の担々麺は大好きな中華創作系3大 邪道(失礼!)ラーメンである。

(2014.1.26)食べた品:坦々麺 おススメ度:93%

たまに食べたくなる逸品!夏食べて汗だくになりましたが、やはり寒い冬!胡麻系の坦々麺とは、別物なので賛否両論ありそうですが、コレはコレ!身体の中から温まるならコレ!ラーメン好きで食べていない人は必食の一品。豚挽肉もタップリ!ねぎ・ニラ・卵とじで辛味噌が効いたボリュームある坦々麺。細麺で大盛でなくても200gはあるかな!?何を頼んでもボリュームありで、大衆中華の見本の様なお店です。ここの麻婆麺も麻婆ナス飯も好きですね!
(2010.6.21)食べた品:坦々麺 おすすめ度:93%

相当前に同じ坦々麺で記事にした事はあるのですが、TVで松本人志の○○な話のヨダレが出る話で、人気芸人がB級グルメを紹介するコーナーで、インパルスの堤下が横浜の「たんたん」の坦々麺を紹介、にんにくが効いて辛いが醤油ベースの珍しい坦々麺と聞いて、パッ思い出したのがこの「紹興楼」。お昼時には常連さんでごったがえす。夫婦でやっているのだが、抑えめな価格とボリューム満点に昼は地元民で満員状態。例の坦々麺の話に戻るが、普通坦々麺は練りゴマベースでどちらかというとドロッとした濃厚スープだが、松っちゃんや千原ジュニアも感動していたが、それに近いのではないかと思われる坦々麺がここにある。胡麻ベースの濃厚坦々麺も好きだが、邪道ともいえるこのクセになる辛さの坦々麺は暑い夏にタオルなしでは食べれないだろう!

閲覧(5595)