柳麺 竜胆

場所:新潟市中央区万代3丁目1-1メディアシップ2F

食べた品:醤油ラーメン800円+竜胆餃子(4個)550円

おススメ度:97%

元旦以外無休。11:00~21:00<通し営業>カウンター6席・テーブル5・小上がり2テーブル。おー私がラーメン好きになった一つのきっかけともなった伝説の?店「竜胆」2005年の相当古いアップではおススメ度120%となっている。サークルセブングループの原点のお店。のろし・勝鬨屋・まる七とそれぞれ進化していったが、私の好みではのろしでなく、間違いなく竜胆でした。中野氏でなく厨房に立つのは短髪白髪のお洒落な調理人が丁寧にリズムよく作っておられました。竜胆で忘れられないメニューが醤油、坦々麺、餃子でした。ここのメニューも醤油800円塩830円中華そば780円つけめん880円坦々つけ980円担々麺900円味噌850円<冷やし担々麺950円>その他肉チャーハン470円五目チャーハン430円醤ースかつ丼450円豚そぼろ飯280円や竜胆餃子550円ジャンボ餃子480円などなどサイドメニューも多数ありました。久しぶりの醤油ラーメンは海苔1枚・葱(2種のカット)・太メンマ3本・味玉半分・ハーフカットチャーシュー3枚(チャーシューだけ好みでない)食感のしっかりした縮れ中細麺、香味油たっぷりで煮干・鰹節系など魚介香る美味しい醤油スープ。あの頃より洗練され香味油が強くなった感じ。竜胆餃子は高いけど大きくてジューシーで皮も美味しく韮・大蒜・野菜などの具がとろけだす旨い餃子でどうしても頼みたくなります。今回は醤油にしたけど13年前に食べた衝撃の竜胆の担々麺をまた食しに来ます。駐車問題はあるけど通し営業がうれしい。

閲覧(1,268)