しょうじ

場所:上越市栄町7-11

食べた品:らーめん(こってり)700円

おススメ度:91%

正直他店に行こうと思っていたのですが、水曜はことごとく定休日のお店ばかり!やっとたどりついた麺屋しょうじ。月曜定休、11:30~14:30.18:00~21:00。カウンター6席・テーブル3・小上がり2テーブル。吉相出身、らーめん700円ちゃーしゅーめん900円特製らーめん980円つけ麺850円期間限定の赤こってりらーめん900円。結構絞ったメニュー。あっさりかこってりを選択。頼んだらーめんは背油チャッチャ系のもやしがタップリのったチャーシューもなかなかの味付けで魚介で醤油感もあるスープにモチモチ中太縮れ麺。行列の出来る人気店です。

閲覧(136)

麺豪 織蔵

場所:三条市大島535 <武神跡地>

食べた品:ラーメン750円<ヤサイまし・ニンニク普通・アブラ普通>

おススメ度:87%

木曜定休、11:00~21:00<平日は15:00~17:00中休みあり>厨房をグルリと囲む15席のカウンターは武神の時と同じ。二郎系ラーメン。メニューはラーメン750円チャーシュー950円ダブルチャーシュー1050円、味玉100円、ライス無料。大盛(1.5玉)50円増し、特盛(2玉)150円増し。カラメ・カタメの注文も可能。ヤサイ・ニンニク・アブラをそれぞれ(無し・少なめ・普通・まし・ましまし)で注文。ラーメンをヤサイまし・ニンニク普通・アブラ普通で注文、もやし・キャベツ・チャーシュー約2枚分(産地や質はさておき分厚め)ニンニク少々・全粒粉入り?の太麺(二郎のグワシグワシ系でなく太麺だがそれより細め)豚骨ベースの背油醤油スープ。大量のもやしと太麺に対してはカラメでオーダーするか、カウンターにあるラーメンダレを足してちょうど位な感じになる。もともと二郎系はたまーに身体が欲する位で年齢的にも私には厳しいが、8号線沿いの大食漢トラックドライバーなどにはもってこいのラーメンかも!

閲覧(2424)

あら川

場所:上越市土橋1444‐1 (上越市市民プラザ裏手)
食べた品:らーめん500円
おすすめ度:105%

某大手問屋のTT常務から2年前位に情報を頂いておりましたが、こちらも日祝日休みで営業時間が11:00‐13:30しかもスープがなくなり次第終了で、下手すると12時に完売、という事で、やっとありつけました。横に長い殺風景な店内ですが、常連でいつも満席、カウンターのみで、左に10席、右に待ち席8席。行った時間が開店間もなかったので、左側にすっと座れました。水は右側にセルフで、一人のおばさんが作っていました。メニューはラーメン500円ラーメン大600円わかめラーメン550円のみ。頼んだラーメンはねぎ、メンマ、バラ肉チャーシュー2枚(これも絶品です)麺は白田製麺、やや太めの小麦粉系、スープは煮干しがガツンと香る動物系ベースの熟成醤油、油は結構あり(しつこくない鶏系脂)蓋となって最後まで熱々。久しぶりの三塁打でした。上越は、あごすけやほうとく、ミサをぬかすとあまりいい店がないと思っていたのは、知らないだけでした。

閲覧(436)

小政食堂

場所:上越市板倉区針796‐2
食べた品:チャーシューメン700円
おすすめ度:94%

日・祝日休みで、営業時間が11:00‐14:30、しかも上越というより北新井、という事で、行ってみたかった老舗で、ようやく実現しました。古い建物、セメントむき出しの床、レトロなテーブル椅子に蛍光灯、どんぶりにアルミのお盆も全てタイムスリップしたような気分になれます。テーブル5(相席が当たり前)こあがり2テーブル。水はセルフで、注文も取りに来てはくれないので、自分でカウンターの方へ行ってします(繁盛店ならでは)中華そば500円チャーシューメン700円焼肉ラーメン700円みそらーめん700円五目そば700円タンメン700円など、大盛100円増し。他カツ丼、玉子丼、焼肉定食があります。頼んだチャーシューメンはねぎ、メンマ、海苔、弾力のある噛み締め系肩バラチャーシュー数枚がトッピングされ、普通の太さの縮れプラスチック系麺、スープが個性的で、鶏がら系魚介ダシ、ドロンとしたトロミ(油)あり、やや生姜風味と化調は少し感じる、但し非常にバランスのよい美味しいスープです。あっさり派で油苦手な人は駄目かもしれませんが。こういうお店にはいつまでも頑張ってほしいと思います。

閲覧(234)

あさひ楼

場所:糸魚川市大字能生4572‐1
食べた品:チャーシューメン770円
おすすめ度:100%

今回おじゃまするのは2回目でなんと10年ぶりに近いかな?能生の役所の近くで奥まったところに入って車を停め、小川沿いに小さな橋を歩いて渡って民家のようなところに入ります。入口でオーダーして、水とレンゲを自分で持って席へ。テーブル4つと奥に座敷があります。メニューはラーメン560円チャーシューメン770円の2つと大盛が100円プラスのみ。母ちゃん達が作っています。テーブルの上には何もなく(胡椒や箸もない)ラーメンと供に割り箸をくれます。玉ねぎのスライス、メンマ、チャーシュー6枚(バラ肉醤油味)麺は比較的細めのやや黄色い縮れ麺。ビックリするのは、スープに浮いた油。そう動物系の脂でなく、植物系?の油です。なお、はじめから胡椒が振ってあります。麺の量も普通を頼んだのに大盛と間違えたかと思う量。油のおかげで最後までアツアツ、醤油味のスープはなんとも言えないいい味です。麺の香りは独特な香り(かん水臭?)が強い。嫁は美味しいけど、油が・・・と気にしていましたが、背脂系でない、油で不思議なラーメンです。物凄いコッテリみたいなアッサリみたいなラーメンでした。前回の記事:正直距離的なものもあり、一回しか行ったことがありません。何かお寺?の様な、他人の座敷に上がりこむような覚えがありますが、脂たっぷりしょうゆの美味さなど、感動した覚えがあります。

閲覧(166)

らぁめん処 よしきゅう

場所:上越市柿崎町上下浜555−10(JR上下浜駅前)
食べた品:特厚直火焼きチャーシューメン800円
おすすめ度:69%

歴 史はよくわからないが、東京吉祥寺にあるラーメン屋から出らしい。カウンター席と小上がり5テーブルあり、にんにく系が得意なラーメン屋らしい。メニュー はラーメン煎りにんにく700円、味噌800円、醤油600円、豚骨650円、特厚直火焼きチャーシューメン800円、乱切りネギラーメン780円が基本 でそれぞれトッピングがプラスされる。乱切りネギラーメンを頼むか特厚を頼むか迷ったが、乱切りはまろやかなとろみのある醤油スープで、特厚直火焼き チャーシューを頼んでみました。スープはこれといった特徴がなく、あまり美味いとは言えない、背脂少々浮いている。麺は真空麺といって製造過程で麺の空気 を抜いたという歯応えのある珍しい麺。トッピングにネギ、メンマ、海苔3枚、ゆで卵半分(半熟卵が主流の昨今、完熟の硬いゆで卵はかえって珍しいか も?)、そしてメインの分厚いチャーシューの塊1枚、角煮ならぬ焼豚!インパクトはあるが、ラーメンと一緒に食べると、やはり薄切りチャーシューを絡めて 食べる方が、私は好きである。多少評価は低めだが、サラダのサービスや夫婦らしき二人の感じの良い接客などなど好感が持てました。ここではやはりいりにん にく系を食べる店なのかもしれない。

閲覧(94)

松茶屋

場所:妙高市(旧新井市)柳井田134 (看板だらけだからすぐわかります)
食べた品:ラーメン500円
おすすめ度:80%

こ ちらも長野などからお客さんが来る超有名店ですが・・・うーん!シンプルにラーメンを頼みました。ねぎ、筋張ったメンマ、喜多方麺のような自家製麺(よく 言えばコシの強い、悪く言えば、スープに対して主張が強すぎる麺)スープはあっさり豚ダシでちょいと油膜がはる。どこかで食べた事のあるラーメンだなー? と思いおこすと、喜多方の「くるくる軒」にそっくりな味(どちらも老舗でどちらが真似といえないが・・・)メニューはオーモリの所でも書いたが、ラーメン 各種はもちろん、焼肉ラーメン、野菜炒めラーメン、から揚げラーメン、カツラーメン、はてはとん汁ラーメンなるものまである。(とん汁は「たちばな」で しょ!)定食、おつまみも多数、いつでも混んでいて大箱、ドライブイン的な雰囲気。

閲覧(137)