七つ星

場所:長岡市蓮潟4丁目10-31

食べた品:中華(並)680円

おススメ度:90%(個人的好み85%:ビジネス視点95%)

火曜定休。11:00~14:30.17:30~21:00。カウンター4席・小上がり(掘り炬燵式)5テーブル。食券機で中華680円(麺180g・270g同額)肉中華850円(180g・270g同額)その他肉めし200円・餃子300円のみ。「ななつ星」と言えば奈良、漢字で「七つ星」は兵庫の明石のにぼし豚骨醤油が有名で、他にも東京後楽園や北海道網走にも同名のラーメン店がある。見た目はだるま屋グループ、特に「吉相」タイプのラーメン。中華は、ねぎ・小葱・茹でもやし・チャーシュー4枚(私は苦手系)、硬めに茹でられたおいしい中太ストレート自家製麺、背脂が浮いた豚骨出汁の醤油スープ。程よい酸味もいいがかなり塩っぱい!!Dグループ系かと思いきやサークルセブン系列とか、大盛無料(同料金)でガッツリ系・お得感ありで勝負している。年齢のせいもあり個人的にはボリューム系やしょっぱ過ぎるのは苦手になってきたが、経営としてよく商売を知っておられると思う。先ずは居抜き物件で家賃安め、競合が多い所で単品勝負!何をウリにするか明確(ここでは安さとボリューム・お得感)などなど。商売は難しいとつくづく思う今日この頃、ラーメンの世界でも2つに分類されると思う。個人的には個人店が好きで厨房に立つ店主の所作を見てるのが好き、しかし行列店でも儲けは別物。捌く限界があり、早朝から仕込み相当な個人的時間をそこに割いて拘りを貫く職人ラーメンや他店で勉強して独立した個人店。それに対して多店舗化・FCや暖簾分け、グループによって共同仕入れによる原価引き下げ、レシピ共有、色んな意味での合理化など経営として成り立つラーメン。どちらも食べる方からするとその凄まじい努力によって一杯が完成されている事に敬意をもって「いただきまーす!」したいですね。

閲覧(664)

福楽(加茂店)

場所:加茂市柳町1‐7‐1

今回食べた品:チャーシューメン850円+玉ねぎ

正直今日のスープは・・・でしたけど、やっぱり国産チャーシューでこの味付けは本当に美味い!私がラーメン好きになった原点とも言える(元は三条店だが)恵比寿と並ぶホームといえる店。

(2017.4.15)食べた品:チャーシューメン850円玉ねぎ増し(無料)

麺を食べた時にアレッ!ツルツル系の前より細い!って思ったら、店主から土曜だけ?麺を変えてみてますって、確かに三条の親父さんの時と比べて太麺で通していたけど、どちらかというと食後のガッツリ感はあって、それはそれで良かったけど、個人的に年齢とともにあっさりを好む様になってきて、時にガッツリ普段はあっさりがいいなって、1:3位な感じ。店主いわく「またすぐ食べたくなるラーメンを目指してる」って、進化・実験し続けてます。やっぱりこのチャーシュー・スープは私にとって横綱には変わらない。

(2016.12.27)食べた品:チャーシューめん850円+玉ねぎ(無料)

親父さんの三条店が今年(2016)いっぱいなので向こうに通ってましたが、久々にこちらに!確かに三条とは別物ですが、こちらはこちらの良さがあります。麺がストレート太麺になりスープにやや絡みにくいという点もありますが、ラーメン店で今や当たり前の外国産チャーシューでなく、実直に国産豚を使い、切りおきせず直前にカット。店主いわく「外国産を美味しく出来る技術は持ち合わせてませんから」と謙虚な姿勢(三条店も同様)。確かにあの「春紀」でさえカナダ産のチャーシュー、だがあの技術を持ってこそ美味いチャーシューになる。また外国産でもアジア系は苦手だが、EUや北米・カナダの豚肉は美味しいし、チルドや冷凍技術も上がって来ているので国産に劣るものでもなくなってきているが・・・ただ獣臭のするチャーシューだけは苦手です。福楽は私にとってナンバー1のお店であります。

(2016.6.8)食べた品:チャーシューメン850円+玉ねぎ増し(無料)

私のホーム、気分により(ガツンとなら加茂・あっさり深いなら三条)親父さんのいる三条店と使い分けますが、今ではラーメン店では稀になっている国産チャーシューも美味しい!ちなみにあまり気付かなかったけど、麺をもたれないようにストレート系に変えたそうです。

(2015.12.31)食べた品:チャーシューメン+玉ねぎ増し850円<朗報:スープ改良してさらに安定絶品スープ> おススメ度:180%

朗報です!!今回一口スープを飲んで「美味い!」ほぼ神のスープでした。食べ終わって店主に「今日のスープは抜群でした」と声をかけると、「スープ改良しました」との事。大量の鶏ガラベースはもちろん以前より魚介を強めてスープに輪郭が出てます<私の主観ですが・・・>。一番好きな店だけに時々スープがぼんやりした感じの時があったのですが、たぶんこれで解消!最高のスープです。チャーシューもスープとのハーモニーが抜群の旨さだし、味変の大人気の極太メンマ、玉ねぎ増しは無料!?玉ねぎ好きはたまらない!やっぱり福楽最高!!マイNO.1です。

(2015.11.15)食べた品:チャーシューメン850円

私の定番中の定番、美味しかった~

(2015.4.19)食べた品:チャーシューメン850円 おススメ度:120%

やっぱり誰が何と言おうと自分の好きなラーメンです。もちろん多少のブレはあります。今回は神のスープまではいきませんでしたが、やっぱり美味い! 

(2014.5.18)も食べた品:チャーシューメン おすすめ度:180%

あまりにも行っているのでいつもは更新しませんが、県内540軒以上、県外140軒、合計680店舗以上の記事をアップして、ラーメンを食べている数はリピートや記事にしないもの(失礼になるので・・・)相当な数になるが、一番好きなラーメンは?と聞かれたらここ(または気分によって福楽三条店)になります。

とにかく何度食べても、いつ行っても、美味しい!私好みのチャーシューメンである。スープのうまみとチャーシューの美味しさは群を抜いていると思う。福楽本店、恵比寿、と3本の指に入ります。ワカメやホウレンソウのトッピングは特にどうでもいいのだが(女性や健康上にとっては◎)最初はいつもこの店の紹介で「メンマ」にスポットがあたるのが嫌だったんだけど。極太ごま油メンマは品質もいいし、それ自体美味しいが、バランスとしてどうなのか?と思っていましたけど、ラーメンを食べながら、時々箸休め(ご飯のおしんこ感覚)だといいと思いました。ともあれ私好みのたまねぎみじん切りトッピングと絶品チャーシュー、黄色くて美味しい麺、何よりもここの醤油ベースのスープは本当におススメで、私が紹介した何人かも、このスープは深ーいい!と感動してくれました。不思議な事がひとつあるのだが、私の中のベスト10に入るラーメン屋さんは、どこも行列のできる店が多い中、ここだけ(しかもベスト3以内)は人気は高いが程よい混み方で済んでくれているのは常連としては、これほどうれしい事はないのだが・・・おすすめ品:チャーシューメン チャーシューメン背脂+岩海苔別皿おすすめ度:180%ラーメンは嗜好品で、好みは百人百色だが、私の中でナンバーワンラーメンの福楽(三条・石上大橋たもと)の親父さんのせがれさんが加茂市でやっているラーメン店。行った回数でいうともしかして三条店より多いかもしれない。親父さんの店のおすすめ度が評価最高の200%なので、加茂店の方は今まで登場させていなかった。違いはいつからか麺が変わった事にある。個人的にはあの絶品の醤油スープにあの麺、そしてあの美味しいチャーシューは絶品だと思っている。が、研究熱心なせがれさん(店主)は、時代の変化、お客様の動向などより、ちょっと太めのしっかりした麺を選択した様です。スープの美味しさ、チャーシューの完成度などほぼ同じですが、麺の違いと新メニューなどに挑戦する店主といった感じです。最初は何故麺を変えたのだろうと思いましたが、違う食べ方をするとこちらの方が合うかもしれません。いつものオーダーチャーシューメンに背脂をトッピングしてもらい(無料)あの美味しいスープに背脂を入れる事自体がスープに申し訳ないような気もするが・・・。ここはメンマが有名な店であるが、メンマ自体はおいしいが、バランスとして主張(胡麻油や太さ)が強すぎるような気がしている。ともあれ伝統を守り抜く親父さんと変化対応しているせがれさんに一番好きなラーメン屋としてこれからも応援したい(ただ通うだけだけど)。

閲覧(2426)

中華SOBA 鬼にぼ

場所:燕市井戸巻2-18

今回食べた品:中華そば680円+ミニチャーハン(平日ランチ限定200円)

おススメ度:94%

ツバサン系を身体が欲し、加茂の成龍、燕の杭州飯店まで走ったがナント!どちらもお休み!帰り道でこちらに。燕三条系中華そばを頂く、鶏チャーシュー1枚・豚バラチャーシュー1枚(前はソーキ肉だったが・・・)極太メンマ2個・玉ねぎみじん切り少々、固茹でされた極太麺、背脂トッピングの煮干し香る醤油も美味しいスープ。ここまで煮干しが香る燕三条系は「酒麺亭 潤」「市松」位かなぁ~。「鬼」という言葉使いといい燕三条系背脂醤油といい潤さんに寄せようとしているかなぁ!??鬼にぼはいわゆる伝統的燕三条系とは異なる気もするが進化系背脂醤油だな。ミニチャーハンも思ったよりボリュームがあり、卵・肉・玉ねぎのシンプルな具材ながら生姜?や中華旨味で旨かった。

t(2016.8.30)食べた品:鬼こってり煮干しチャーシューつけ麺980円 おススメ度:93%

朝9:30からの営業始めた様です。再起で頑張ってる様です。メニューも綺麗になっていて、燕三条系背油醤油680円チャーシュー980円岩海苔880円、本格濃厚マーボー麺880円本格濃厚担々麺880円五目うま煮そば780円鬼あっさりラーメン680円チャーシュー800円鬼にぼラーメン780円鬼にぼラーメン極み<初めての人はNG>鬼こってり煮干しつけ麺780円チャーシュー980円などなど。一番人気になっている鬼こってり煮干しつけ麺にチャーシューをプラスしてオーダー、色々考え抜いたプレゼンです。麺の周りにレアチャーシュー、鶏チャーシュー、炙りチャーシュー、(本来1枚づつ、チャーシューオーダーで3枚ずつ)、玉ねぎみじん切り、紫蘇みじん切り、ミョウガ叩き、柚子みじん切り、キャビア、ラタトゥイユを僅かずつ。麺は極太胚芽小麦麺。濃厚煮干しつけダレと割りスープ。オマール海老油がセットされる。残念なところはレアチャーシューと炙りチャーシュー味はいいのに噛み切れない!チャーシューにする必要は無かった事と麺がこれも美味しい麺なのにベタベタでしっかり水洗いして欲しい。その他プレゼンも素晴らしいし、つけ汁は煮干しのみならず甘みと魚介で絶品でした。

(2015.10.13)食べた品:中華そば680円(プレオープン中につき1メニュー) おススメ度:94%

中華そばのワンメニューでプレオープン中の「鬼にぼ」 11:00~15:00.17:00~21:00.カウンター6席+窓周りに高いカウンター7席+柱周りに高い3席・籠椅子のテーブルが3・小上がりちゃぶ台3.食券機でチケット購入。キャップにお揃いのTシャツに前掛け姿の若いスタッフ。接客は声大きく教育されている。やはりなおじさんの企業「桃の穂」仕切り。なおじさんも厨房にいました。中華そばは極太麺に背油中華です。燕市とはいえ老舗にそれで勝負!?と思ったけど、進化した背油中華でした。関東辺りで流行の「SOBA」という冠を店名に使っています。玉ねぎのみじん切り・極太メンマ2本・ソーキ(煮込み豚あばら軟骨)1個・鶏ささみ1枚、熱々の背油でスープにかなりの油膜が!背油もドロドロで溶け出さない部分もある背油、正方形の角が取れた様な断面の丸麺に近い縮れ極太麺、豚骨ベースに煮干しが強い複雑な旨みのある醤油スープ、醤油色は薄いが出汁感のしっかりしたスープです。旨い!燕で背油正油ながら煮干し強めでトッピングにソーキなどを使った挑戦は面白い。鬼にぼ中華も気になるところですね!

閲覧(5082)

安福亭本店

場所:長岡市柏町1丁目2-18

食べた品:叉焼麺1,050円

おススメ度:90%

月曜定休(第3日曜も)11:00~20:30。カウンター14席・テーブル6・小上がり3テーブル。長岡で背油醤油の老舗だが改装されて快適空間。チケットで叉焼麺を選択。叉焼約5枚・メンマ・リングイニ系の四角い断面のやや太麺、豚骨を焚いて出した出汁と背油醤油スープ。前に神田店(おススメ度94%)に2回行ったが本当に旨かった。本店は実は初来店だったし、たまたまかもしれないが、叉焼が少し獣臭がそして神田店より薄切り、麺の茹で方が神田店は硬茹で、荒々しい豚骨スープも神田店の方があった、カエシも薄め。本店はどちらかというと年配向けなのかな?たまたまなのかな?嬉しいのはネギ盛り放題で輪切り葱と細切り葱の2種がテーブルの上にある事!老麺(ラーメン)750円で自然にネギラーメンに出来ちゃうネギ好きには嬉しいサービス。

盛り放題のネギをのっけた図

閲覧(209)

ののや (三条店)

場所:三条市代官島1305

今回食べた品:ののやDX(しお)950円(縮れ麺選択)

おススメ度:92%

無休、11:00~15:30.17:30~21:00。カウンター9席・テーブル約5・小上がり2テーブル。しお・しょうゆ・みそが基本で750円、魚介つけめん780円からみそ850円辛つけめん830円。味玉入り100円増し・チャーシュー180円増し、ののやDX(肉各種増し)950円野菜らーめん850円。麺は縮れ麺か太麺選択。メチャメチャ久しぶりに寄りました。前に寄った時は体調の冴えない時に食べたのでだいぶ失礼なおススメ度で昔はだいぶ辛口でした(__)今回食べたののやDX(しお)は味玉半分・ナルト・糸辛子・ネギ・キクラゲ・メンマ・ロングカットバラ肉1枚・鶏肉チャーシュー1枚・炙りバラチャーシュー1枚・豚トロチャーシュー1枚・バラブロック肉2個、ずっと前の麺と全く変わった美味しい縮れ細麺、臭みの一切ない豚骨ベースの白濁塩スープ。チャーシュー類は各種部位を香りある醤油味がしっかりついてナカナカでした。

(2006.2.5)食べた品:しお・みそ    おすすめ度:75%
店主が修行をしたという「風来居」の味とのことだが、山頭火の流れだと思う。最初は旨い!の一言だが・・・。あくまで好みの問題だが、後をひくあの甘みと、なかなか消化してくれない麺の硬さは、胃の弱っているときにはきついかも!

閲覧(477)

らぁめん福丸

場所:三条市須頃3-104<福楽跡地>

食べた品:チャーシューメン800円

おススメ度:100%

福楽とほぼ同じスタイル。月曜定休、11:30~14:00(土日祝日~15:00)メニューは全て福楽三条店と同じ、看板の覆いと箸とレンゲを新調した位で全て福楽を踏襲している。頼んだチャーシューメンは、チャーシューもメンマもほぼ同じ、スープも加茂店と違い青ネギベースの5段仕込みで親父さんの方の味、麺がヤマダ製麺から近藤製麺に変わったがほとんどの人が気付かないレベル(前の麺より硬さがしっかりしていて好みの分、前よりややスープが絡みにくいか?)あと一番違うのはあの親父さんの愛情がタップリ!だったものが違う位で99%再現出来ている。親父さんの味を出すにはあとは年輪しかないな(笑)

閲覧(166)

たいち

場所:長岡市堺東町50

今回食べた品:醤油チャーシュー800円

おススメ度:94%

無休、11:00~21:00。ドーム型の店舗から新築移転。カウンター10席・3テーブル。三角型の待合室が出来た事、厨房は大きくなったが客席のキャパは変えていない、流石わかっておられる。正油650円塩700円味噌700円、基本(並)で175gの麺の量。150円増しでチャーシュー、大盛100円(250g)、特盛200円(350g)増し。何人か分をまとめて平ザルの麺あげ、チャーシューは包丁で手切り。久しぶりの正油チャーシューは小さな海苔1枚・ほうれん草・ネギ・極太美味しいメンマ2本・濃いめのキッコーマン味の切り落としチャーシュー多数(腕肉・モモ・肩・バラ)色んな部位で楽しめる、中太縮れ麺、バランスの良い生姜醤油スープ。並で175gの麺の量にどんぶり一杯のチャーシューだからお腹いっぱいになります。途中から胡椒を入れてキッコーマン系醤油と胡椒の相性もバッチリ!もともと生姜醤油ラーメンは好まないが「いちまる」「たいち」「青島食堂」は好き。

(2015.7.3)食べた品:800円 おススメ度:93%

正直なところ、生姜醤油ラーメンはたまに食べたくなる程度で、それほど好きではないが、その中で好きな青島食堂とたいち、何回か来店はしているが、記事を見たら2010年ともう5年前の記事で写真もない!という事で久しぶりの更新。

(2010.1.14)食べた品:醤油チャーシューメン750円+大盛50円  おすすめ度:93%

話題のドームハウス(500万円から?!)での出店、店主が佐藤太一さんで「たいち」食券制、それぞれ塩・味噌もあり、それぞれ大盛、特盛あり。ドームの半分が厨房、半分で客席なのでやや狭い感はあるが、初期投資は少ないに限るし、行列になる程よい大きさ。長岡生姜ラーメンを踏襲している。頼んだ醤油チャーシューメン大盛はびっくりする位でかいどんぶりに、ねぎ、メンマ、ほうれん草、海苔、肩・ももチャーシューの削ぎ切りがタップリ!!濃い醤油味で旨い!泡のたった麺(やや柔らかめ)を濃い色の醤油スープに入れる。どんぶりを温め、醤油ダレ、豚骨ベースのスープが約3分の2、昆布や魚介、生姜のスープが3分の1入れたダブルスープ。少々塩っぱめだが、これも私の大好きな味。50円プラスで倍位あるどんぶりに変わる。青島、あおき、ヒグマもいいが、冬の新潟(長岡)にはこの生姜醤油チャーシューメンが代表格と言える。

閲覧(1098)

福楽(三条)

場所:三条市須頃3−104

今回最後に食べた品:チャーシューめん800円

おススメ度:200%

今年(2016)最後の投稿は福楽三条店。私の中の東の横綱ナンバーワン!ラーメンです。大晦日をもって親父さんの作るラーメンは最後でした。29日時点で噂を聞きつけたファンで大行列!大晦日は仕事で忙しいし行列で時間がかかりそうで、泣く泣くこれが最後です。本当は31日最後の最後のお客さんになりたかった。個人店がゆえに何度かスープのブレはあったもののネギの美味しいこの時期「神のスープ」でした。もちろん大盛ではありません。よりカエシとスープがビンゴになりやすい普通盛です。チャーシューもメンマも最高!倅さんの玉ねぎ魚介スープも好きですが、季節や出来によってどんなにブレやすくても頑なに長ネギでスープを作り続ける親父さんの魂は忘れません。最後のスープを飲み干す時に涙が出ました。それだけ私にとってこのブログの原点でありオンリーワンのラーメンでした。奥様の体調やこれからの余生を楽しむ為にの閉店ですが本当にお疲れ様でした。そしてありがとう!感謝感謝です。

(2016.11.5)食べた品:メンマチャーシューメン950円

今年(2016)の大晦日を持って親父さんの作るラーメンが終了との話を聞き、居てもたってもいられず駆けつけました。奥様との余生を楽に過ごしたいとの事でお弟子さんに譲り「福丸」という名前で同じ場所でやるそうです。

(2016.3.10)食べた品:チャーシューめん800円+大盛150円

多少の価格改定がありましたので、らあめん650円タンタンめん650円わかめらあめん700円メンマらあめん800円岩のりらあめん800円チャーシューめん800円大盛150円増し、ギョーザ450円。私のらーめん好きの原点ともいえるお店。倅さんの加茂店とは似て非なるものになっています<どちらも美味い!>気分によって使い分けてます。三条店は長ネギベースで麺はやや細め軟らかめ、加茂店よりあっさりタイプ、チャーシュー薄めカットでメンマの味付けはこちらの方が好き。加茂店は玉ねぎベースで麺は中太麺、その麺にあう様にスープは出汁が濃く魚介も効いた輪郭がハッキリ絶品スープ。まあどちらもこんだけ全国含めてらーめん食べまくっている私の横綱級と断言しております。

(2015.7.12)食べた品:チャーシューメン800円  おススメ度:120%

正直2014年年末に来店した際はスープがブレブレで一番好きなラーメン屋だけに記事のアップが出来ませんでした。ネギも青ネギの部分が多く入れられ爽やかさが増し美味しかった。今回は神のスープとまではいきませんでしたが、まずまずでした。チャーシュー・メンマは相変わらずうまい!神のスープに出会えるまで加茂店同様通い続けます(笑)

前回(2014.3.4)食べた品:チャーシューメン おススメ度:180%

何度も何度も登場のマイベスト店舗!行くたびに更新できないので、たまにアップします。三条店では珍しく大盛にしてみました。加茂店との違いは麺の太さとスープにもトッピングにも玉ねぎか長ネギかです。初の三条店大盛は結構な量でした。そしてやはり美味い!それ以上のコメントはいらないと思います。

前回(2012.9.10)食べた品:チャーシューメン  おすすめ度:180%

いつもは倅さんがやっている福楽加茂店が多くなっていますが、私のホームといっても過言ではないお店。ラーメンにハマっていったのは、ここ「福楽」と五泉の「恵比寿」(まだフル営業で、チャーハンなどもあり、お客さんもまばらな頃から、今の様に上品なカットではなく、削ぎ切りでしたが、旨みはもちろん量は今以上)のチャーシューメンからなのです。いつも繰り返し書いてますが、食べ物は嗜好品、好みも違うし、体調によって変わるし、味覚も数%の人を除けば確かなものではありません。私はというと、背油醤油も、あっさりも、魚介豚骨も、濃厚つけめんも、濃厚鶏しおも、全て好きです。ただ原点ともいえるこの福楽(三条)そして加茂店(三条より太い麺と濃厚スープ)は、全国や新潟の素晴らしいレベルのお店に感心しながらも、戻ってくるホームといえます。やはり美味い!

閲覧(1733)

酒麺亭潤

場所:燕市小牧464-12 (燕労災病院近くの新幹線高架下)

今回食べた品:中華そば+半ちゃーはん(ミニサラダ付)830円<平日昼の得セット>

今回は平日昼の得セットを!他に中華そば+(中華丼・麻婆丼・天津丼)ミニサラダ付930円などもありました。オリジナル第3弾の「燕三条系背脂醤油中華そば」を開発した後にリアル店でツバサン系の代表店の一角を担う中華そばを頂きましたが、やはり背脂の量・煮干し感は袋の生ラーメンタイプでかなり頑張りましたが、なかなか敵うモノではありませんね!麺の太さは勝ちましたが(笑)。半ちゃーはんはお米が軟らかめでしたが味は秀逸でした。

(2014.5.24)食べた品:中華そば700円 他タンメン900円やチーズポテトボール500円など。 おススメ度:中華そば99%

家族を連れての自身3回目の来店。3つのゾーンに区切られていて、テーブル席に加えて座敷席も多数。メニューも中華そば700円カレーラーメン890円坦々めん950円麻婆麺950円もやしらーめん850円タンメン900円つけめん800円広東麺950円海老うま煮めん1,080円天津麺950円ルースーめん1,050円やマル得ラーメンシリーズやえび香る塩拉麺800円新やさいみそラーメン900円カレースペシャル1,000円背脂ド生姜800円坦々スペシャル1,200円やらメニューは麺だけでも多彩で豊富!その他に一品料理からご飯もの、定食メニューに夜はアルコール各種などこなしているから凄い!家族や仲間同士の宴会にも使える。中華そばは、相変わらず熟成ダレに漬けられた絶品チャーシュー2枚に、太めのメンマ、磯海苔、食感を残した新玉ねぎのみじん切り、潤グループのなかでは比較的中細のストレート丸麺、煮干しが効いた鶏ガラ強い背脂醤油スープ。隠し柚子片!美味かった。タンメンも豚肉・もやし・筍・人参・白菜・青菜茎そしてトマトカットものった美味しい背脂タンメンスープでした。子供たちはチーズポテトボールに大喜び!

(2013.11.28)食べた品:中油 中華そば

久しぶりに本家本元の潤本店におじゃましました。潤グループでも各店によってスープや麺が違うようです。この店のスープの味、絶品です。麺は前より太くないですがコシはあってよく合います。極太麺が好きな方は、潤グループでも別のお店で、味わえます。同じスープでも材料はもちろん、作り手によって変化するやはりシンプルに近い塩や醤油系は難しい!この店のスープは、潤魂の真髄を感じました。

(2006.7.9)食べた品:豚入り中華そば ラーメン潤総本店初めておじゃましました。居酒屋メニューが充実しており、麺類はもち ろん、おつまみ、サラダ、揚げ物、炒め物、ご飯もの何でもあり、アルコール類もフルラインで用意、特に焼酎類に関しては、芋焼酎、麦焼酎こだわりの品揃え がありました。駐車場や店内も広い。奥のカウンター席にすわると、暖簾越しに厨房が見え、マルサヤの鰹 節の箱の山積み、原料の一部が垣間見れました。ラーメンは他のメニューがあろうとも決して手を抜くことな い。何度もチャーシューを自分でつくるのですが、あの発酵系のしょうゆの味は出せません。味噌でも発酵した昔ながらの 手作りのあの匂いは長年の足し次によってしか出せない味なのかなー!?しかし、まわりにけっして人口密度が高いとは言いがたい場所で、繁盛店だから流石です。

閲覧(641)

あづまや 本店

場所:魚沼市中原178−5 関越道小出IC降りてすぐ

食べた品:特製らーめん780円

おススメ度:94%

定休日無し、11:00~21:00.カウンター飛び飛びで計9席?テーブル5・小上がり5テーブル。ナント!10年ぶりの来店。特製ラーメンは780円ながら大変お得。磯海苔・味玉半分・白髪葱・メンマ・軟らかい厚めのカットチャーシュー3~4個、自家製四角い断面の中太平打ち麺、生姜香るあっさりだが濃いめの醤油スープ。一見なんの変哲もないが、無化調とは思えない素直な味の美味しいスープです。

(2006.4.21)食べた品:手打ちラーメン&背脂トッピング おすすめ度:120%
これは旨い!前から行きたかったラーメン屋である。そんなにお腹がすいているのでもないのに、サクッといけました。麺は手打ち麺で中太の平麺でコシが強く、かといって手打ちラーメンにありがちな、麺の主張が強すぎるわけでもなく、スープとピッタリ!スープは無化調と謳っているだけあって、余計な食後の変な味は一切なく、醤油の旨みと昆布や鰹その他の魚介系のダシが、どれが突出するわけでもなく、ベストバランスでした。チャーシューも、もち豚を使っているだけあって旨い!背脂をトッピングに加えたがこれもいけますし、のりも美味い。唯一トッピングのコーンだけはいらない気がしているのは私だけでしょうか?味噌ラーメンもおいしいそうです。魚沼地区のラーメンのレベルの高さにまたまた驚かされました。

閲覧(346)