ハピケアひなたぼっこ お花見

4月14日(金)
天気も良く暖かかったので、一之堰へお花見に出かけました。
桜並木を眺め、「すごいね」「きれいだね」と皆さん言われていました。
006 010 007 009 008 005

ハピケアひなたぼっこ 4月の壁飾り

4月の壁飾りは「かちかち山」です。

むかしむかし、おじいさんの家の裏山に一匹の悪いタヌキが住んでいて、夜になると畑からイモを盗んだりおじいさんの悪口を言ったりし、タヌキのいたずらにがまんできなくなり、ワナを仕掛け捕まえました。
タヌキは人の良いおばあさんをだまして、殺して逃げました。
おじいさんが帰っておばあさんが倒れているのを見て泣いていると心の優しいウサギがやってきて
「わたしがおばあさんのかたきをとってあげます」とタヌキをしばかりに誘い、タヌキの背負っているしばに、火打ち石で『カチカチ』と火をつけました。タヌキは背中に大やけどをおい、ウサギはとうがらしをねって作った薬を背中に塗りました。たぬきは痛さのあまり気絶してしまいました。
背中が治ったのでウサギはタヌキを釣りに誘い、泥で作った船にタヌキを乗せました。
泥の船はだんだん水に溶けていき、タヌキはそのまま海の底に沈んでいきました。
ウサギはおばあさんのかたきをとりました。

おしまい

002

ひなたぼっこ ひな祭り職員のダンス!

レディベベ、ティーケー、キャンバラのダンス!
最高です!!
是非ごらんください
レディべべ

ハピケアひなたぼっこ ひな祭り

3月3日(金)
ひな祭りを行いました。
歌あり、職員の余興あり、おやつにはひなあられと甘酒をおいしくいただきました。

お内裏様とお雛様は手作りです。
005

ぼんぼりはあかりがつくようにしました。
また、ひなあられ、菱餅も手作りです。
003 002

さて、ここで問題です。
AとB、どちらが本物のひなあられでしょうか?

011

012
正解は後ほど

【ひな壇の前で記念撮影】
お内裏様、お雛様、好きな方の格好を選んでいただき写真を撮りました。
029 033
030 032
009

【うれしいひな祭り】
みんなで歌をうたいました。
014
025 026 027

【職員の踊りを観ている様子】
レディべべ、ティーケー、キャンバラのー三人によるダンスの披露!
練習時間も少なかったですが、素敵なダンスで楽しませてくれました。
途中、ご利用者様も飛び入り参加しました。
※ダンスは近いうちに動画で公開いたします。
019 020
021 023

ひな壇は毎年一段ずつ増やしていこうと思っています。

さきほどの問題の正解はAでした。
わかりましたか?

ハピケアひなたぼっこ 3月の壁飾り

3月の壁飾りは「鶴の恩返し」です。

むかしむかし、貧しいけれど心の優しいおじいさんとおばあさんがいました。
ある寒い冬の日、おじいさんは町へたきぎを売りに出かけ、その途中の田んぼの中に一羽のツルがワナにかかって
もがいていました。おじいさんは可愛そうに思って、ツルを助け逃がしてやりました。
その夜、日暮れから降り始めた雪がコンコンと積もって大雪になりました。
トントン、トントン
表の戸をたたく音がします。
おばあさんが戸を開けると、頭から雪をかぶった娘が立っていました。
おばあさんは驚いて娘を中に入れて泊めてやりました。次の日も、その次の日も大雪で戸を開けることもできません。
娘はご飯を作ったり、お掃除をしたり、良く働き良く気の付く優しい人でした。
娘は「身寄りのない娘です。どうぞ、この家においてください」
おじいさんとおばあさんは喜んで、それから三人で貧しいけれど、楽しい毎日を過ごしました。
さて、ある日のこと。
娘が機をおりたいから、糸を買ってくださいと頼みました。
糸を買ってくると、機の回りにびょうぶをたて「機をおりあげるまで、決してのぞかないでください」と言って、機をおり始めました。
キコバタン、キコバタン。
三日がたち、ようやく機をおり終えた娘は、「おじいさま、おばあさま、この綾錦をうりに行って、
帰りにまた糸を買って来て下さい」と、空の雲のように軽い、美しいおり物をふたりに見せました。
町へ売りに行くと、殿さまが高い値段で買ってくれました。糸を買って帰り娘に渡すとまた、機をおり始めました。
「ねえ、おじいさん。あの娘はいったいどうやってあんな見事な布をおるのでしょうね。・・・ほんの少しのぞいてみましょう」
おばあさんがびょうぶのすきまからのぞいてみると、やせこけた一羽のツルが自分の羽毛を引き抜いては糸にはさんで機をおっていたのです。
キコンバタン、キコンバタン・・・
前よりもやせ細った娘が布をかかえて出てきました。
「おじいさま、おばあさま。もう隠していても仕方ありませんね。わたしはいつか助けられたツルでございます。ご恩をお返ししたいと思って娘になってまいりました。けれど、もうお別れでございます。どうぞいつまでもおたっしゃでいてくださいませ」
たちまち一羽のツルになって空へ舞いあがりました。
「ツルや。いや、娘や。どうかお前もたっしゃでいておくれ。・・・今までありがとう」
おじいさんとおばあさんはいつまでもいつまでもツルを見送りました。
ぞれからのち、二人は娘のおった布を売ったお金でしあわせに暮らしました。
おしまい。
004

ハピケアひなたぼっこ 節分

2月の壁飾りは『節分の鬼』という物語です。

ある山里に、一人暮らしのおじいさんがいました。
おかみさんも病気で早くに亡くなり、一人息子も二年前に病気で亡くなってしましました。
おじいさんは毎日「かかや、息子や早く迎えにきてけろや、極楽さ連れてってけろや」といつまでもお墓の前で手を合わせていました。
冬が来ておじいさんの小さな家はすっぽりと深い雪に埋もれてお墓参りにもでかれられずじっと家の中に閉じこもっていました。
正月がきても餅を買うお金もありません。ただ冬が過ぎるのを待つだけでした。
ある晴れた日おじいさんは雪にうまりながら、おかみさんと息子さんに会いにでかけました。
お墓は雪にうまっていました。手で雪を払いのけおじさんは作った甘酒を供えいつまでも話しかけていました。
帰るころには日も暮れ、暗い夜道を歩いていると「鬼は~外! 福は~内!」とあちらこちらの家から楽しそうな声が聞こえてきます。今日は節分だったのです。
おじいさんは家に帰りむかし息子さんが作ってくれたお面をかぶり、豆まきを始めました。福の神にみはされていると、「鬼は~内! 福は~外!」とわざとあべこべに豆をまきました。
その時おじいさんの家に鬼が次から次とやってきました。「どこさ行っても鬼は~外!と嫌われてばかりで、なのに、おじいさんは鬼は~内!てよんでくれたでな。こんなうれしいことはない、まんずあたらしてけろ」と入ってきました。おじいさんは思わぬ客人にまきをくべました。鬼たちはお礼に甘酒やらごちそうやら山ほどのお金を持ってきました。
こんな楽しい夜はおかみさんや息子さんを亡くして以来、はじめてでした。
鬼たちはおじいさんのおかげで楽しい節分を過ごすことができました。
鬼たちは来年もくるからと上機嫌で帰っていきました。おじいさんは鬼たちが置いていったお金で立派なお墓に直し、「おら、もう少し長生きすることにしただ。来年の節分にも、鬼たちをよばねばならでねな」と晴れ晴れした顔で家に帰っていきました。
039

【ひなたぼっこ節分】
2月3日(金)
節分なので豆まきをしました。
豆はご利用者様に新聞紙を小さく切って丸めた物を使用しました。

【オニ参上!】
「鬼のパンツ」をうたって踊り、「豆まき」を一緒にうたって踊りました。
004 006007 010

【豆まき】
かけ声を忘れやり直し!「鬼は~外! 福は~内!」元気に声をだし、鬼たちに豆をぶつけていました。
011 012 014 007

【お菓子まき】
ひなたぼっこの恒例になりました、お菓子まきです。
皆さん豆まきより本気になってお菓子を拾っていました。
016 019 020 024 025 027

【鬼になって記念撮影】
鬼になってハイポーズ!
032 034 035 036 037
010

ハピケアひなたぼっこ 壁飾り2017

今年はその月にちなんだ昔話の壁飾りにです。
1月は『わらしべ長者』です。
ある若者がお寺で観音様に「どうか、お金持ちになりますように」とお願いしました。
観音様は「始めにつかんだ物が、お前を金持ちにしてくれるだろう」といいました。
転んで一本のわらしべ(稲の穂の芯)をつかんで、それに飛んでいたアブを結び、それがみかんになり、美しい布になり、馬になり、立派な家と広い畑になり大金持ちになるという物語です。

初詣で皆さんどんな願い事をしましたか?
私の願いは・・・みんなが一年笑ってハッピーにすごせますように☆

027

2月もお楽しみに(^_^)/

ハピケアひなたぼっこ 壁飾り

2016年の壁飾りはその月に合った物を作成しました。
紙をちぎったり、色を塗ったり、型に合わせて切ったり、貼ったりと皆さんどれかの作業に参加されています。
とても上手にできました。(^_-)-☆
【1月】
040 009
【2月】
036
【3月】
004
【4月】
IMG_0183
【5月】
IMG_0222 IMG_0224
【6月】
IMG_0245 IMG_0246
【7月】
IMG_0291
【8月】
087 006
【9月】
001
【10月】
001
【11月】
001
【12月】
005 002

ハピケアひなたぼっこ お正月

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

【日向神社】で初詣、御神籤、お祓いをして新年を迎えていただきました。
026 025 028 034 036 045
051 052
039 040

047 054
007 004

今年もいっぱい笑って楽しい一年になりますように・・・

ハピケアひなたぼっこ クリスマス会

【12月の壁飾り】
002

12月23日(金)にクリスマス会をしました。
merry christmas
026 033

〇内容
・職員によるハンドベルの演奏
「きよしこの夜」
「星に願いを」
「見上げてごらん夜の星を」
・合唱
「ジングルベル」
「赤鼻のトナカイ」
・ベル+合唱
「きよしこの夜」
「見上げてごらん夜の星を」
・プレゼント

ハンドベル演奏
練習ではなかなかうまくいきませんでしたが、本番は上手にできました。
みんな間違えないよう真剣です。
005 006 009 010

合唱
キーボードに合わせうたいました。
012 014

プレゼント
サンタのおじさんがやってきて、皆さんにプレゼントを渡してくれました。
018 019

記念撮影
021 023
028 029

最後においしくケーキをいただきました。
034

※クリスマス会に来てくれたカメラマンさん、ありがとうございました。心より感謝いたします。