めん処 くら田

場所:新潟市中央区本町通6番町1105

今回食べた品:チャーシューメン850円(並160g)

駐車場問題や「密」もあり久々の来店。2018年からお値段据え置きが凄い!!久しぶりで前金制は覚えていたがチャーシューメン頼んで麺は普通で!とこたえてから並160g・中200g・大盛240gまでは同料金だったの後から思い出した~。中にしておけば良かった。まあ並の160gでも結構ありますが。相変わらず常連さん含めて大繁盛店。店内に「恋のバカンス」が流れ昭和の良き時代を醸し出す。無化調ネオラーメンも好きだが、こういう昔ながらのシンプルで繊細なラーメンも最高!たまたま注文を待っている間に取引先のお肉屋さんが鶏骨の箱を持って来た。店主がそれをチェックしていた。鶏骨は冷凍でなく、光る艶のあるみずみずしい生豚骨でした。わぁ~美味しさの秘密を垣間見た。

(2018.6.21)食べた品:チャーシューメン(並:160g)850円 おススメ度:98%

久しぶりに新潟あっさりラーメンの超人気店に。本日2杯目なので麺は並(160g)細麺で!超極細多加水麺は硬すぎず芯を残した茹で加減で職人技!最高でした。

(2015.3.3)食べた品:チャーシューメン(塩・細麺・中)700円 おススメ度:95%

久しぶりに朝ラー(10:35)なるものをした。朝なのでいつものオーダーと変えて「塩・細麺」で頼んでみた。うーん!やっぱり私は醤油好きなんだと実感。十分旨いけど今回は気のせいかスープが・・チャーシューがやや厚切りでブヨンブヨンした食感!国産ではない感じが・・・塩にすると色んな意味で見えないものまで見えてしまう(味わえないものまで味わえてしまう)。私の体調もあるし、個人店だからスープの多少のブレもある。

(2014.11.15):チャーシューメン(醤油・平麺・普通) おススメ度:101%

古町朝ラーは非常に難しい為、昼頃着で、麺切れてクローズで、もう何回フラれているだろう!?やっとやっと久しぶりにありつけました。朝7:20~8:30・昼10:00~13:30(麺なくなり次第終了)通常は細麺(申告で平麺あり)麺の量を申告(普通160g・中200g・大240gここまで同料金/ビフォー280g・ダブル320gは100円増し)私は「チャーシューメン・平麺・普通」で注文。ラーメンが届くときにお金を払う。ねぎ・極細シナチク・ほうれん草・バラ肉チャーシュー7~8枚、麺は頼んだ平打ち麺、スープはもう語る事ないバランスのとれた絶品あっさりスープ。チャーシューとスープ考えるとあっさりでは一番好みの新潟ラーメンです。

(2009.5.11):チャーシューメン(醤油・平麺・中盛)おすすめ度:100% もう何年ぶりかで来店!朝ラーメンしました。カウンター6席、相席になるだろうテーブルが2つの小さな老舗。アッサリラーメンで極細麺だとおやつ感覚なので、今回は平麺を選択し、チャーシューメン(醤油)を頼む。ねぎ、メンマ、ほうれんそう、噛み締め系の肩バラチャーシューはしっかりとした醤油味で、普段は削ぎ切りバラ肉チャーシュー好きの私も納得の美味さ!スープはあっさり飴色で魚介系の主張の少ない、野菜の旨味を出し切った素晴らしいスープ、平麺にするとそんなに太くないほどよい太さの平麺でストレートツルツル麺で、チャーシューを噛みながらピッタリでバランスが良い!

閲覧(3,538)