トップ » 新潟県内 下越エリア めっけもんの店 麺作 赤シャモジ<加治川>

麺作 赤シャモジ<加治川>

場所:新発田市横岡415−1(道の駅加治川の前)

今回食べた品:辛味噌 基本の濃熟つけめん790円大盛無料+パリパリ餃子セット200円

おススメ度:93%

基本の濃熟つけめん(辛味噌)は特製でなく基本なのにカイワレ・タップリ白髪葱・メンマ・ローストポーク2枚と十分なトッピング、自家製太麺、コチュジャンが効いた濃厚味噌つけダレ。つけダレがかなりしょっぱい!途中で割スープもらって丁度いい加減になりました。最初からもらっておけばよかった。つけめんは初めてだったが辛味噌でなく、一押しおススメとあったしょうゆか味噌にすれば良かったかな?でも大盛無料だし、基本でこれだけのトッピングはお得感ありますね!セットの餃子もなかなか美味しかった。

(2018.6.24)食べた品:辛味噌 濃熟らーめん750円

変わらず美味しかったです。

(2017.11.5)食べた品:あわシャモ 濃熟味噌らーめん(大盛無料だが並で) おススメ度:96%

東新潟店が出来てからはご無沙汰になってますが、久しぶりにこちらへ。カイワレ・小葱・極太メンマ3本・レアチャーシュー2枚、美味しい自家製ストレート太麺、泡立てた濃厚味噌スープ。この価格でこの美味しさ!頭が下がります。

(2016.3.6)食べた品:特製濃熟味噌らーめん(大盛無料) おススメ度:96%

東新潟店が出来たが日曜という事もあってこちらも大盛況でした。特製濃熟味噌らーめん(大盛)については過去の記事に書いた通りだが、トッピングで海苔と白髪葱を忘れられたみたい。個人的に赤シャモさんでは、辛味噌>味噌>醤油の順に好き!いつもは醤油>味噌>辛味噌の順が私の好みなのだが、お店によって違うところがまたラーメンの楽しさであり奥深さ。

(2015.5.31)食べた品:特製味噌らーめん(大盛無料だけど普通で) おススメ度:96%

特製味噌は、海苔1枚・カイワレ・小葱・大量の茹でもやし・極太メンマ・塩麹玉子半分・角煮の様な炙りチャーシュー1個・パストラミの様にまわりにスパイスが付いてレア仕上げローストポーク4枚、自家製ストレート太麺、トロミのある美味しい無化調味噌スープに黒いマー油。個人的には前回のしょうゆより断然味噌の方が好みでした。無化調がゆえに醤油は「九段下 斑鳩」に似たちょっとボケた味でしたが(醤油はやっぱりキリッとしたキレのある醤油味が好き)味噌は無化調が活かされた出汁と味噌のマイルドで深く、後味がキーンとこない美味しさでした。大盛無料だし特製はトッピングが大盤振る舞いでお得さも人気の所以ですね!

(2013.5.6)食べた品:特製しょうゆラーメン(大盛無料)  おススメ度:85%~95%

カウンター8席・テーブル2・小上がり4テーブル。カウンターの後方に待ち席。こだわりがメニュー最後に無化調である事、自家製麺である事など書いてある。ドデカい寸胴をデカしゃもじで豪快にかき回すのが、いいパフォーマンスである。麺茹では、特大テボを使っていて、非常に考えている事がわかる。頼んだ特製しょうゆラーメンは、ねぎ・白髪ねぎ・極太メンマ・海苔1枚・塩麹ゆで卵半分x2個・ロースターで仕上げたという赤みが残るローストポーク4枚・トロバラチャーシュー1枚(メニューには炙りと書いてあったが、混雑時は炙ってないようだ)これが特製のトッピング、麺は自家製の小麦粉系ストレート平太麺、結構固ゆで、スープは、しょうゆというより、相当ブリックスの高い鶏と豚骨、魚介節系の濃厚スープ、メニューには、濃熟スープと魚介ダブルスープを使い分けとある。このドロドロ感は、もみじと豚足などを臭みを出さずに相当気を使って煮込んだと想像される。また赤シャモジの前に「麺作」とつく様に期間限定のジェノベーゼのラーメンなるメニューもあり、店主の研究熱心度がわかる。スープの味はどこかで食べた事のある味だと思い出したところ、「東京九段下斑鳩」のスープによく似ている。おススメ度を85~95%に幅を持たせたのは、技術力・手間暇・完成度などは、95%以上かもしれないし、好きな人は好き!かもしれないが、私の好みとしては、チャーシューもこのチャーシューではないし、麺、そしてスープが、斑鳩や東京今時の凝ったポタージュ系ラーメンがそうだった様に、正直好みであるかといえば、そうではないのが、本音だから。つけ麺は、東京系濃厚魚介ドロドロつけダレ好きだから、赤シャモジのつけ麺は期待できるかも!?ラーメンは本当好みの問題ですね!

閲覧(3431)