弐豚

場所:見附市上新田町513-1

食べた品:豚そば830円(麺硬めで少な目・あとは全部普通)

月曜定休、11:00~15:00.17:00~21:00。カウンター6席・テーブル2・小上がり3テーブル。おしぼり&水(コロナ対策で紙コップ)はセルフ。基本二郎インスパイア豚そばと背油中華の2本柱。食券機で豚そば買って店員さんに例のコール的な・・「麺硬め&少な目、野菜・油・濃さ普通、にんにくアリで普通」(マシマシもありました)豚そばの麺の量は表記で普通270g・大盛360g・特盛540gと同料金でメガトン級まであります。普通でも多いので少な目にしました。それでも180g位かな?豚そばは大蒜・野菜(ほぼもやし・心ばかりのキャベツ)デカいピースの豚2塊と煮込んだ豚筋脂などの豚達、降られる脂は純白のビアンカ使用か?その他豚は国産をうたっている。注文通り固ゆでで提供された縮れやや平太麺、豚骨ベースの濃くて甘い醤油に大蒜味も交じる。普通で濃い味、「カラメ」にしなくて良かった~!カエシは鰹やアミノ酸たっぷり入った甘いダシ醤油みたい。しょっぱ濃い!喉が渇く。テーブルに玉ねぎみじん切りがあり背油中華はもちろん、こちらにも盛り放題なので玉ねぎ好きには非常にうれしいサービス。麺の量も少な目で私は丁度良かった。お客さんは豚そば率と背油中華率と半々な感じだが、たまたまか?大食漢な雰囲気の人が多かった。「夢を語れ 新潟店」も出来たし、油そばといい二郎新潟店&インスパイア系など新潟で食べれないラーメンがなくなってきているのが凄い。二郎タイプは年齢とともに苦手分野になってくるがたまに食べたくなる。これをずーっと食べ続けたらホントに2トンになるな( ´艸`)

 

閲覧(433)