銀座 八五

場所:東京都中央区銀座3丁目14-2

食べた品:特製中華そば1,050円

おススメ度:200%<現時点で個人的最高点>

水曜定休、第2・第4木曜定休。11:00~15:00.17:00~21:00。カウンター6席のみ。高級寿司店の様な内外装・設え。水道橋の「中華そば 勝本」は既に行って美味しかった(おススメ度:99%)がフレンチの名匠松村さんが自ら作る中華そばはスープを一口啜ってノックダウン!状態でした。こりゃ凄い!「カエシは使わず塩分は生ハムプロシュートとフランス天然塩を使い、フランス産のバルバリー鴨と名古屋コーチンから出汁をひき、ドライトマト・昆布・干し椎茸・ロースト茸・イタヤガイ」(フードジャーナリスト山地さんの取材記事より)など素材の旨味を引き出し素晴らしいハーモニーを奏でさせている。麺は浅草開花楼のデュラム小麦香り食感の良い低加水ストレート細麺、トッピングは九条葱・メンマ・ペッパーキャビアの挽き立てをかけられた絶品バラチャーシュー2枚・味玉1個。店舗は8.5坪と狭いながら一人ひとり広めで落ち着いて食す事の出来る空間、都度新しいランチョンマットの紙、しっかりしたおしぼりなどサービスレベルも高い!6人相手に4人でオペレーションしていた。食べた後店主に「素晴らしかったです!」と思わず声が出てしまった。何の変哲も無い様で、奥深ーい!高級こだわりの材料を使えば美味しくなるというものでもない(店内に書きまくってある店は大したことない場合もある)要するに素材の長所を知り頭の中で仮説を立てながらその素材達が一番の旨味の交差点を導き出す作業を繰り返し至った最大公約数の交わった部分で提供するらーめん!いや料理。それをまた100%再現できるのも本人でないと難しいのかもしれないし、捌きも6人が限度なのかもしれない。突然の出張で月曜の昼13時位に行ったのだが暑すぎる日であった事で、たまたまラッキーだったのか?7人待ち位ですんだ。常にはもっと長い行列と想像する。待ち時間以外は全てにおいて私の中の過去のラーメンという一杯においての最高レベルでした。

さて!最高に出会えた・・・という事でそろそろこのブログも終わりにしようかな?

閲覧(308)