Ramen おこじょ

場所:新潟市西区小新西3-3-1 (みそら跡地)

今回食べた品:青森風煮干し中華そば煮干しピューレ880円<限定WEEKコラボ品>

おススメ度:93%

「野菜のポタージュと山葵のムース」という限定商品狙いだったが既に終わってました。こちらはWEEKとのコラボのもうすぐ終了の限定「青森風煮干し中華そば煮干しピューレ」ネギ・メンマ・低温処理チャーシュー約5枚、ピューレというよりほぼ粉末に近い煮干しエキス、全粒粉の配合された美味しい低加水気味のストレートやや細麺、深緑色にも見えるダークグレーな濃厚煮干しスープに香り出しに最後に自慢の醤油が振りかけられた。粉々しさはあるが臭みは無い。あっさり出汁の出る平子煮干しだから香りは上品で苦味やエグミが少ない。麺も関東煮干しラーメンの代表格「自家製麺伊藤」のパツパツ低加水麺と違い新潟人には丁度いい位の低加水ストレート麺でした。青森の煮干し中華は未食だがこんな感じなのかなぁ!?ニボニボ楽しめました。贅沢に真鰮の平子煮干しを大量に使ってました。やっぱり期間限定メニューは狙い目です。期間限定の言葉に弱いわけではありませんが、何故期間限定か?と考えると「作るのに手間暇かかり過ぎる」か「来店を促すために超薄利商品」だからです。つまりお客さんにとってはお得。

(2017.1.12)食べた品:札幌MISO特製3種の炙り燻製炭火焼チャーシュー麺920円 おススメ度:93%

前回の生揚げ醤油はスープはまずまずだったものの麺のユルさがNGでしたが、今回はおこじょ一押しのMISOを注文。札幌、純連・すみれリスペクトのラードのがっちり浮いた香ばしい味噌ラーメン。ネギ・長ーい穂先メンマ1本・味玉半分・挽肉・鶏チャーシュー2枚・豚低温処理チャーシュー2枚・炙った極厚豚バラ肉チャーシュー1個、しっかりした美味しい太麺、ラードで覆われた湯気は出ないが熱々のスープ、味噌を炙って焦がして香ばしさをプラス、生姜の香りもいい。札幌すみれ流れの中でやや白味噌系であっさり(充分コッテリだが)した「彩未」が人気度では一番になっているが、「純連」「すみれ」「彩未」かは好みの問題。こちらのおこじょはそれらの中でも赤味噌が強い感じ。酸味・甘味・塩っぱさのバランスは良い濃ーい味。後から喉は乾きますが。

(2016.10.28)食べた品:生揚げ醤油650円 おススメ度:87%

火曜定休、11:00~15:00.17:00~21:00。カウンター10席・小上がり3テーブル。厨房には「なおじさん」がいらっしゃいました。メニューは札幌MISO 640円特製920円・生揚げ醤油650円特製880円濃厚つけ麺690円特製920円辛つけ麺790円などその他トッピングや餃子・唐揚げなど。看板メニューの味噌に行きたかったけど、それほどお腹も減ってなかったので生揚げ醤油に、味玉半分・ネギ・長ーい穂先メンマ1本・鶏ササミチャーシュー1枚と豚チャーシュー1枚、蕎麦っぽく見える自家製細麺、キラキラと香味油浮く愛知の生揚げ醤油をカエシに使い、煮干し各種を出汁に使ったこちらのラーメンは無化調だそうです。個人の好みの問題でしょうが、正直麺が茹で過ぎヤワヤワ!こういうラーメンには絶対駄目なレベルの茹で加減だったのが残念!スープは生揚げ醤油を活かしたいい感じでしたが、無化調をカバーする出汁を多めにしないとって感じにとりました。650円と安いけど価格を上げてでも天然出汁を増やすべきだと・・・関東系無化調生醤油ラーメンが好きなカテゴリーでもあるので現在進行形で研究中である事に期待します。やはりここの一押しにしている札幌MISOでしたかね?!またそちらを食べに来ます。「鬼にぼ」が良かっただけに今後に期待ですね!

閲覧(856)

さんぽう亭(新津店)

場所:新潟市秋葉区程島字萱の中1865−1

今回食べた品:全とろトマト麻婆麺928円(夏限定)

夏限定のこちらを頂きました。麻婆豆腐には韮や挽肉・玉ねぎみじん切りの食感も残し花椒もふられている、そこにほぼ丸ごと一個分位のカットトマトが加えられていて酸味とトマト汁でマイルドに、辛さもマイルド。麺は美味すぎてこのマイルドとのバランスとしてはスタンダード全とろ麻婆麺の方が合うと思うが、こちらの方が残ったスープ(麻婆の餡)を最後まで平らげたくなる。リコピンもしっかり摂れてピリ辛で夏バテ防止に良さそうだし、女性に人気な感じ。

(2017.4.18)食べた品:担々麺820円+半炒飯410円

三宝グループの「隠れ担々麺ファン」です<隠れるなって(笑)>手間暇や美味しさ考えると仕方ないが半炒飯がセットでもう少し安いともっと嬉しいなぁ

(2017.1.24)食べた品:五目うま煮めん820円+半炒飯410円

さんぽう亭テッパンの五目うま煮めん!久しぶりの選択でしたが、気のせいか前と変わった様な・・・紹興酒や椎茸の旨味を前面に具材の味をより感じられるように甘さ控え目でよりシンプル本格派になりましたといった感じか?前はオイスターソースと砂糖の甘みが立ち、片栗粉多めのもっと甘い餡がタップリでスープに絡めて的な感じだった様な・・・好みの分かれるところだが本物志向の方は嬉しい変化かも知れませんね。

(2016.12.25)食べた品:こってり中華734円

(2016.10.24)食べた品:全とろ麻婆麺<東京ラボ仕様>864円(←1,000円が期間限定)

この間にも何度も行ってましたが、同じものばかりの記事になるのでコレは!という時にのみ更新!全とろ麻婆の東京ラボ仕様頂きました。そんなに違いはないだろう!とタカをくくってましたが、麺の美味さにビックリ!この麺は美味いですね~。麻婆は前回大辛にして辛さ得意な私でしたがナメテましたので、今回は普通で!充分辛かったです。あまり頼まないのですが、半ライスに麻婆麺を食べる前にかけて美味しく頂きました。新潟麻婆麺として「三宝亭」「まるしん」「忍」「愛心」「かなみ屋」「たまる屋」と私の中の新潟6大麻婆麺です。三宝さんは麺の旨さは断トツです!あとは好みの問題ですね!

(2016.4.21)食べた品:五目うま煮めん820円 鶏白湯塩らーめん788円

(2016.2.19)食べた品:全とろ麻婆麺864円+大辛64円

はっきり言って大辛をナメてました。上に激辛があるし、結構辛さは大丈夫な方なので全とろ麻婆麺大辛で頼んだところかなりキマシタ!複雑な辛味で主に辣油と山椒!麻婆の「麻」はご存知、痺れるという意味なので本当に痺れました。たぶん「花椒塩ホワジャオエン」を使っているので横浜中華街で食べた痺れてしょっぱい本格四川麻婆豆腐の域でした。旨かったけどかなり塩分キツイのと汗がワーッと吹き出し、店を出るまで恥ずかしい位の大汗でした。今度は普通か中辛にしよ!

(2015.10.16)食べた品:五目うま煮麺820円 鶏白湯塩らーめん788円+半炒飯

山梨からの取引業者さまと・・・安定のおいしさ

(2015.9.14)食べた品:鶏白湯塩らーめん788円(限定)

これイケます!銀座の行列の出来る店「篝」の鶏白湯を彷彿させる優しい甘みもあるポタージュ系の鶏白湯スープ!!新グランドメニューになっていました。ちなみに大好きな五目うま煮めんは820円となっていました。

(2014.7.15)食べた品:五目うま煮めん+半炒飯

(2014.3.18)食べた品:つけ麺<極>(麺250g)

ドロッとしたしつこくない甘みのある鰹節が前面にでた魚介ダシとんこつスープ、ねぎ・メンマ・コロ肉チャーシュー・食感のよい玉ねぎみじん切り!美味しかったです。

野菜味噌&半炒飯 これもイケます!特に半炒飯は美味い!

閲覧(2349)

九龍

場所:新発田市中央町3丁目11-8

食べた品:バカねぎ白とん850円

おススメ度:90%

元旦2日以外は無休。11:30~14:30.17:30~4:00(日祝は~2:00)カウンター9席・テーブル2・小上がり3テーブル。新発田の繁華街?町中にあるラーメン居酒屋的な存在の九州ラーメンの店。基本は白とん650円・黒とん700円・赤とん700円の3種。チャーシューは250円増し・バカねぎは200円増し・替玉は120円(ランチタイムは1玉無料)カウンターに紅生姜はあるが辛子高菜は無い。頼んだバカねぎ白とんは、刻みキクラゲ・ブロックカットチャーシュー2枚・歯応えのあるネギ多数、バリカタで頼んだ低加水極細ストレート麺、スープは全く臭みの無いあっさり白濁豚骨スープ。ランチタイムは替玉無料なんで今度はハリガネで頼んだ。麺に味付けもしてあり、ハリガネの硬さの方がより美味しく感じた。替玉はスープがヌルくなってからの食べ方なのであまりしない方だがこのスープは好き。博多屋台らーめんを感じさせてくれる。長崎ちゃんぽん・皿うどん各890円や夜はアルコール類から鉄鍋餃子はじめつまみも充実して新発田のんべえの〆の場所になっているのが想像できる。

閲覧(130)

ら~めん二葉

場所:新潟市中央区上大川前通7番町1236-3

食べた品:味噌らーめん

おススメ度:91%

木曜定休、11:00~15:00.17:00~21:30.カウンター5席・テーブル2・二階小上がり席あり。山小屋風吹き抜けのお洒落な空間。駐車場は無いので東横インの脇のビル型コインパーキングへ(会計時駐車券を見せると100円引き)メニューは味噌らーめん・紅味噌・味噌タンメンが各750円。醤油・塩が各700円。チャーハンや餃子などもあり。紅麻婆麺800円なるものも!限定か?人気NO1と書かれた味噌らーめんは、小葱・挽肉・メンマ・炙りバラ肉チャーシュー2枚、弾力のある固茹でやや太麺、白味噌ベースで脂は浮いているがサラリタイプのスープ。味噌汁っぽい田舎白味噌でマイルドながら結構塩っぱい!がコクはある、新潟人好みな感じ。揚げニンニクが隠し味(だと思う)

閲覧(92)

麺家 太威

場所:新潟市東区牡丹山6-11-12

今回食べた品:濃厚チーズみそ担々麺860円<限定??>

おススメ度:94%

前回来た時も限定で味噌坦々麺だったけど、手を変え品を変え似た感じの限定はいつでもありそう!どうやらこの濃厚チーズみそ担々麺は「第2回ラーメングランプリ」で準優勝を獲得したラーメンらしい。ほうれん草・糸辛子・ハーフ白髪葱・シュレッダーチーズ・味付け挽肉、太麺を注文、辣油が浮いて甘くて辛くて酸味もあって、豚骨で味噌で胡麻坦々で!さらにチーズとこれ以上の重ね味、シンプル引き算ラーメンの対極にあるラーメンも珍しい。シーズは最初形を残したままだが、しばらくするといい感じにとけてきて味噌や坦々スープには重ね味として合いますね。濃厚掛け算ラーメンを食べたい方は是非!

(2015.6.30)食べた品:限定(6月)味噌担々麺830円 おススメ度:94%

木曜定休、11:00~15:00.17:00~22:00。カウンター計12席・小上がり5テーブル。「奥村家」出身という事で、まぁ行かなくても味はわかる的な考えでいて、実は初来店!食券機で先ずチケットを買う。基本とんこつラーメンで、味玉ラーメン780円ラーメン680円チャーシューメン890円などでトッピングにより色々選択、他に味噌ラーメン780円人気の四川マーボー麺800円など<全てが豚骨ベース>大盛(1.5玉)100円特大(2玉)~、得意のキャベチャ丼280円などもある。初めての訪問なのに写真が美味しそうだったので、つい6月限定の味噌担々麺を選択。全ての麺で太麺か細麺を聞かれる。太麺で!糸辛子・ねぎ・ほうれん草・もやし・たっぷりの味付けピリ辛挽肉・モチモチの縮れ太麺に辣油たっぷりの豚骨ベース胡麻坦々味噌スープ、ウマい!「たっぷりの挽肉」「豚骨」「胡麻坦々」「味噌」とこれでもか!って味を重ねたシンプルラーメンの真逆タイプの調理系ラーメン。一番難しい天然出汁のシンプルラーメンが一番?好きだが、味重ねラーメンもアリですね!接客も素晴らしかったです。問題は初来店だったのに6月限定の商品だったのでレギュラーメニューのおススメ度がまったくわかりません。豚骨ベースの四川マーボー麺は食べてみたいです。

閲覧(481)

俺のとんこつラーメン伝丸

場所:新潟市中央区西堀前通6番町891-1(西堀ローサ内)

食べた品:ラーメン(細麺・赤)680円

おススメ度:90%

第1・3水曜定休、7:30~15:00.17:00~22:00。カウンター13席・約5テーブル。ラーメン680円ねぎ800円岩のり800円チャーシュー880円辛ねぎ880円伝ラーメン(脱!豚骨ラーメン超あっさり)850円、豚骨ベースの野菜みそ780円ゆず胡椒みそ850円豚骨つけ麺850円、博多名物焼きラーメン900円など、替玉100円。いい意味で豚骨を焚いた匂いが店内に。最初なのでラーメンを選択、細麺・太麺を聞かれ博多系なのでもちろん細麺を選択、そこまでは良かったが辛みはありですか?と聞かれ思わず「ハイ」と答えたら、赤ラーメンという形(神楽南蛮ダレ)になってしまった。味海苔2枚・刻みキクラゲ・小葱・小さめブロックカットバラ肉チャーシュー2枚・味玉半分・白胡麻、芯を残した低加水ストレート細麺、赤く辛味の浮いたサラサラタイプの白い豚骨スープ、新潟産の豚骨使用らしいが臭みもなくあっさりだがしっかり豚骨香りあり。テーブルには辛子高菜と紅生姜もある。通常のとんこつラーメンを食べたかったのだが、メニューには表記してないが、黒(マー油)と赤(神楽南蛮油)があるみたい。辛みは?と聞かれて答えた時に豚骨スープの脇にちょこっと辛味味噌の様なモノが添えられるって勘違いしちゃった。辛みで本来のスープの味を100%確かめる事が出来なかったのが残念。元々個人的に豚骨はそれほど好きでないし豚骨なら濃厚コッテリ派だが、新潟のサラサラ博多系豚骨スープではかなり素晴らしいと思いました。かつての西堀ローサ(古町含む)の活気は無く寂しい限りではあるが、こういう人を呼べるお店がどんどん出来て長続きしてかつての大賑わいした西堀を復活させて欲しい。

閲覧(167)

やま正

場所:新発田市川口217-1

食べた品:味噌ラーメンセット1,020円

おススメ度:88%

水曜定休、11:00~14:00.17:00~20:30(土日祝は通し営業)テーブル約5・小上がり12テーブル。ラーメン630円五目800円チャーシューメン880円味噌800円特味噌980円チャンポンメン930円タンメン880円野菜タンタンメン880円麻婆メン880円カツ入り味噌980円など、ミニタレカツ丼の付いたセットもある。味噌ラーメンセットは漬物と2枚小さめのタレカツがのった小丼と味噌ラーメン、ネギ・コーン、もやし・キャベツ・挽肉、札幌系黄色い縮れ太麺固茹で、サラリとした甘くて懐かしい味噌スープ。こういう味噌ラーメン少なくなってきているが、甘めの味噌にさらりとした昔ながらのあっさり味噌ラーメン好きには堪らない一杯。

閲覧(156)

麺や 力

場所:新潟市中央区女池北1-597-20

食べた品:チーズみそらーめん900円

おススメ度:95%

月曜定休、11:00~16:00.17:30~22:00(土日祝は少し長く)カウンター6席・小上がり2テーブル。みそらーめん800円チーズみそ900円辛みそ850円みそ特製1,100ド生姜みそ900円カレーみそ900円らーめん600円特製900円麻婆めん780円汁なし麻婆780円塩らーめん700円。安田にあった頃ファンで何回か通い、女池に来てから相当前に2回行ったがそれから10回以上フラれ続け(店主の体調?)ようやく行けました。ここの名物チーズみそは、ミント・刻みミニトマト、ピザ用トロけるシュレッダーチーズ、もやし・玉ねぎ・刻みキクラゲ・キャベツ・スライス人参炒め、固茹で平打ち太麺、ニンニク香りと酸味の引き出し方も上手いサラリとしているがコクがある味噌スープ。スープにはおそらくトマトの酸味だろうか?ミントやチーズとニンニクとトマトの絶妙なイタリアンコンビネーションが感じられる。ありそうでない独自性の高い逸品!

閲覧(148)

麺処 拾弐

場所:新潟市中央区古町8番町1452-2-1(ああ博多旅情跡地)

今回食べた品:辛味噌らーめん800円  連れ:醤油岩のりらーめん780円

おススメ度:89%

日曜定休、19:00~02:00。カウンター10席・テーブル1。辛味噌らーめん800円・味噌らーめん780円・醤油らーめん680円の基本、ネギ100円・チャーシュー200円・岩のり100円増し、大盛100円増し。またやってしまった禁断の深夜の〆ラーメン。辛味噌はちょっぴりの挽肉・もやし・キャベツ・人参・キクラゲ、麺は普通の縮れ麺、辣油がかかった辛味噌胡麻味噌味。なんか麺が短くて箸にかからず落ちてしまうが、、、酔ったのもあり濃い味のスープはなかなか旨かった。

閲覧(168)

麺作 ブタシャモジ

場所:新潟市中央区女池上山1-12-10

今回食べた品:期間限定豚そばジェノベーゼ770円 + 替玉100円

おススメ度:95%(バジル好きでない方にはおススメしません)

もつニラそばを食べようと寄ったが期間限定で「豚そばジェノベーゼ」なるメニューを発見!福岡「海鳴(うなり)」で食べた「ラーメンジェノバ」が美味しく豚骨スープにバジルが合うのは確信していたので、そちらを選択。麺はバリカタで注文。ねぎ・カットアスパラ、揚げニンニクチップとスイートバジル粉、薄い片栗粉をまとった肉厚でバジル味の豚肉が約5切れ(120g)ストレート細麺(バリカタ)スープはあっさりかつ濃厚な豚骨スープにバジル味が溶け込んでいる。バジル味の豚肉も斬新で美味いし、本当にジェノベーゼというかバジルxバジルしてます。ただしバジル好きでない方にはおススメしませんし、替玉してみてけど飽き易いのでご注意を。この組み合わせアリです。

(2017.1.19)食べた品:豚ソバ620円+青ネギ100円 +味替玉150円 計870円

おススメ度:95%

無休、11:00~24:00。カウンター6席・2人掛けテーブル5・4人掛けテーブル2・小上がり2テーブル。人気店赤シャモジやあしらの角中グループ。遅ればせながら初来店。メニューはご馳走豚ソバ820円豚ソバ620円肉盛り豚ソバ980円、もつニラソバ830円もつWニラソバ1,030円。豚ソバには替玉100円味替玉(マー油)150円でヤワ~ハリガネの麺の選択は福岡風。セットものや各種トッピングもあり。頼んだ豚ソバ(青ネギ)はタップリの青小葱・刻みキクラゲ・バラチャーシュー小2枚(これはちょっと残念なチャーシュー)、一等小麦使用のストレート細麺はバリカタでオーダーがピッタリの美味しい麺、アッサリ系でもなく熊本の様な臭みのあるタイプでもなく、トロッとしたバランスの良い豚骨スープ。見てはイケない色んな豚の部位を圧力鍋でガッツリ煮込んだスープですね!それを赤シャモジ同様提供直前に泡だて器で撹拌します。九州で色んな豚骨ラーメンを食べていますが、長浜屋台ラーメンの様にアッサリ過ぎず、西谷家や博多だるまの様にコッテリ過ぎず、一番近いのが「博多一双」によく似たスープでした。ペロリと食べてしまえるので替玉は必須です。普通の替玉は100円、味替玉でマー油のかかったものを試してみました。これはこれで美味しい。テーブルには辛子高菜・生姜・にんにく・辛味・白胡麻などあり福岡同様味変も自由にできます。新店舗ながら圧力鍋や餃子焼き器など中古の厨房品を使い、単価アップ戦略も含めてこのグループはプロデュース力が高いと思います。

閲覧(322)