鶏と煮干しの中華そば 市松

場所:新潟市中央区幸西2-1-5

今回食べた品:味噌豚 黄金盛1,000円(麺スタグラム)

麺スタグラム、峰村商店(峰村醸造の味噌)とのコラボメニュー。注文入ってから鍋で豚バラ肉と味噌ダレで焼き付けた美味しいやや厚めの豚バラ肉スライス3枚(イケてる豚バラでーす)・小葱・白ねぎ・紫玉ねぎスライス・揚げ牛蒡・姫筍(細筍)1本、ゆるいウェーブの中太麺、胡麻と一味唐辛子でピリッと辛口ほんのり甘みもある甘過ぎない大人な味噌味、鍋料理の味噌鍋のスープの様に複雑で美味しい味噌スープ、カンダさんの黄金メタルどんぶりで提供されます。牛蒡の食感と歯に挟まるのが気になるがネギ・玉ねぎのシャキシャキ食感と何より味噌スープがウマい!本来味噌ラーメンのスープは絶対濃くて残すのだが、辞めようと思ってもレンゲが止まらない!!!あっ!割スープもらえるって食券機の所に書いてあったのを思い出し、割りスープを頼む。こちらもメタル丼によそわれた熱々のなんと!鶏白湯スープ!トロッとネットリしたコレはそれだけで最高レベル!先ずはこの割スープをそのまま頂く、この鶏白湯スープに塩胡椒で飲みたい、まさに大好物の「参鶏湯」じゃん!胡椒はあるが塩はテーブルにないが(笑)最初はこの割スープを残った味噌スープに足して味わっていたが(これも充分旨いが)逆に割スープの鶏白湯に胡椒を振って少しずつ味噌の塩分を加えた方が感動的に美味い!ここまで贅沢な割スープは初めてでした。これを含めると1,000円はトータル的に決して高くないと思った。またすぐ食べたーい

(2017.10.12)食べた品:ワンタン醤油700円

煮干し醤油600円にワンタントッピングの4個ワンタントッピング!肉の具は少な目だがツルッと大きなワンタンでした。煮干しはいつもより弱めでしたが、このスープは絶品です。途中で味変するなら煮干し醤油にと書かれたテーブルにあるゆずとうがらしよりやはり個人的には胡椒が好きです。

(2017.6.1)食べた品:肉そば醤油850円

肉そば醤油は、煮干し中華600円に豚チャーシュー250円増しがのったものです。いやぁ~美味い!!チャーシューは自分の好みと違いますが、この麺と煮干しスープの出来は最高レベルです。これが単品で600円なんて、見た目のトッピングや量で凄ーいなんて言われている店より見た目は地味だが、スープに原価がかかった引き算ラーメンの極みとも言えるこのスープ是非ご堪能あれ!

(2017.4.13)食べた品:極 鶏白湯1,050円(通常の鶏白湯は800円)

最後に未食だった鶏白湯を極みで頂きました。水菜・玉ねぎ超みじん切り・メンマ・味玉1個・鶏ササミ肉3枚・低温処理チャーシュー約5枚、煮干し醤油と同じ平打ち縮れ麺、ドロッとした白濁白湯スープ。先ずはこの鶏白湯のみ燕「カンダ」のゴールドメタル丼を使用してます。白湯スープは熱々過ぎると旨みがわからなくなるし、ヌルいとクレームの元、冷めにくいメタル丼を鶏白湯のみ使用というのは、よーく考えられてます。スープは鶏のうま味をダイレクトに味わって欲しい為か余計な足し算はしてない塩味系の鶏白湯、何かハーブ系のローレル(月桂樹の葉)の香りが・・・あっ!それは味変に途中から入れてみたハーブ生姜の味かな?個人的にはそれより用意されているブラックペッパーの方が鶏白湯には好きです。この白湯スープ一般受けを狙うなら甘みが欲しいところだが、あえて加えなかったという好みが分かれるところかも!?ともあれこれで基本の4種のラーメンを全て頂きましたが、どれも非常に高い削ぎ落として極めたラーメンだと思います。どれかひとつ選べと言われたらシンプルを極めた「煮干し醤油」かな!?

(2017.4.6)食べた品:背油煮干し750円

2日前に2杯食べたのにまたまた来ちゃいました。今度は背油煮干し、玉ねぎの超微塵切り・半レアチャーシュー2枚・メンマ、平打ち麺に煮干しがガツン!と効いた背油がトッピングされた濃いめの煮干し醤油スープ。潤さんと言えば燕・背油醤油だが、違うのはトッピングの玉ねぎの超微塵切り・半レアチャーシューである事、スープは酒麺亭潤の絶品煮干しが効いた背油醤油スープを踏襲しているが、麺が細めの平打ち麺である事。この前食べた煮干し中華のスープは上品で一番搾りみたいな繊細さ、こちらは煮干しを炊き込んだ様な荒々しさと背油でマイルドな甘みで潤さんの基本の中華そばに近い。今度は未食の鶏白湯いきます!

(2017.4.3)食べた品:煮干し中華600円 鶏塩700円

火曜定休,11:00~21:00(通し営業)。カウンター12席・テーブル1・小上がり約4テーブル。券売機で煮干し醤油600円背油煮干し750円鶏塩700円鶏白湯800円の4本柱。トッピングが豪華な「極」は250円増し、大盛100円増し。テーブルの上には自家製ラー油と煮干しに合う「ゆず唐辛子」鶏に合う「ハーブしょうが」が用意され、後半味変用に用意されている。煮干し醤油は、メンマ・玉ねぎみじん切り・低温処理されたチャーシュー3枚、平打ち麺、凄く上品な煮干し香る、村上の熟成丸大豆醤油を使ったキレのあるスープ。なんとスープに原価をつぎ込んで作っているかよーくわかる絶品煮干しスープ。たまに粉感残る極煮干し系も好きですが、旨味だけを濾して作られた「うつくしい」透明煮干しの方が個人的には好きです。美味しかったので連食!今度は鶏塩、ほうれん草・玉ねぎみじん切り・メンマ・鶏ササミチャーシュー1枚・薄塩味のレアチャーシュー2枚、こちらはツルツルストレート細麺、香味油がキラキラ輝「越の鶏」という地鶏を贅沢に使って鶏と昆布だけで仕上げたという超シンプル絶品淡麗スープ。今回はどちらもあっさり淡麗を選択したので、今度は鶏白湯や背油煮干しも試してみたい。なお店主やオーナー様と親しいとおススメ度は省略させてもらってます。しかしこの文面からいかに美味しかったは想像して頂けるかと思います。贅肉を削ぎ落としたシンプルスープがいかに難しいか!お客様には豪華トッピングなどと違い、見えにくいスープに無化調や最低限に抑え、素材に原価をかけて作り上げたスープは素晴らしいと思います。通し営業な事も嬉しい限りです。

閲覧(4962)

三吉屋(西堀)

場所:新潟市中央区西堀通五番町829

今回食べた品:中華そば600円(サービスによりチャーシュー・ワンタン入り)

新潟人のソウルフード!ほっこり美味しい落ち着きます。レジェンド!サービスし過ぎです。

(2016.12.2)食べた品:叉焼麺700円

寒い日には親父さんが作る一杯!でも第3弾の燕三条系 背脂醤油中華そば」について質問責めに(笑)

(2016.6.13)食べた品:中華そば600円

レジェンドの中華そば頂きました。っていうかこれ叉焼麺でしょ!相変わらず懐かしオイシイ中華そばでした。

(2016.1.14)食べた品:叉焼麺(大)800円

レジェンドの作る愛情の一杯!お腹空いてたので大を初めて食べたけど、5分以内で食べ終わったので、麺ののびは全然問題なしでした。

(2015.10.1)食べた品:叉焼麺700円

新潟ラーメン界のレジェンドの作る中華そば(叉焼麺)、美味しく頂きました。

(2014.7.21)食べた品:中華そば600円 ワンタン600円 叉焼麺大800円など

家族でおじゃました。ただ小箱でカウンターのみの店や相席当然の店などは、今まで避けてきました。しかし!しかし!新潟の歴史・文化、子供たちの食育の為にも「三吉屋」は絶対に食べさせておこう!と思ってました。新潟ラーメンの原点を知って初めて他のラーメンを知る。小学生の娘たちは「シブいお店だね」「えーっ!隣に知らない人が座るの?!」と驚いていましたが、中華そばを食べて「美味しい」の声!特に長女はワンタンがお気に入りだったようです。

(2014.4.25)食べた品:叉焼麺700円

テーブル4つにイスが5脚ずつ。11:00~16:00.17:00~19:00火曜定休。中華そば600円大700円ワンタン600円叉焼麺700円大800円、夏には冷やしもあります。叉焼麺は、ナルト・ネギ・薄味シナチク(メンマという表現より三吉屋ではこの表現がいい)肩かモモ叉焼6枚・めんつうの極細縮れ麺、透明度の高い豚骨と野菜ベース、少々煮干し香る鶏油浮くスープ。また薄味シナチクのバランスがいい。昭和30年台初期にオープンして、親子でバトンをつなぎ!常連に支えられながら頑なに味を変えずに守り続けている歴史と伝統がそこにある。古町は最近寂しい部分もあるがここで守り続ける「愛」がある。後輩をかわいがり、尊敬され、新潟ラーメンを愛し続ける心意気がある。全てにおいて新潟ラーメン界に欠かせない坂田店主。この一杯に店主の愛が人柄がいっぱい詰まっています。

(2005.8.6)おすすめ:中華そば  おすすめ度:97% 店内は狭く、常連さんも多く、おそらくラーメン好きで知らない人はいないと思うが・・・。歴史・伝統を感じるあっさりシンプル中華そば!

閲覧(830)

麺や 真玄

場所:新潟市中央区長潟2-3-7

食べた品:極み煮干しらぁ麺680円+ネギ100円

おススメ度:90%(スープは95%)

不定休、11:00~15:00。来味のブランド変更店。亀田の真玄が来味に、こちらの来味が真玄に。布川氏が自ら厨房に立っておりました(やった!間違いない!)。メニューを見て魅惑的なベーシック人気メニューと価格の安さにビックリ!食べた極み煮干しらぁ麺は、ネギ増しで切りたてシャキシャキのネギ・海苔1枚・味玉半分・極太メンマ3本・軽く炙った?厚くてデカい面カットのバラ肉チャーシュー1枚、ストレートのやや軟らかく感じる麺、美味しい煮干しスープ。お麩がトレードマークだった真玄でしたが封印?あくまで個人的好みですが、でかいチャーシューからは苦手な味が・・・麺もこのスープには若干細めの低加水麺が好き。スープは流石絶品です。こちらのブランド(真玄)は低価格・具材のインスタ映え?等を感じる。ラーチャンの来味(亀田)・大形の麺や来味はクリエイティブかつ私の一番好み、真玄は原価を抑えた(スープ除く)ギリギリの挑戦といった感じ。麺基本180gで大盛・特大盛無料って・・・この地区のマーケティングとしてはそうなのかもしれない。他のメニューも気になるのでまた来店します。

閲覧(242)

鶏らーめん せっぺ

場所:新潟市中央区弁天2丁目1-29(ホームラン食堂跡地)

食べた品:生姜香る四段重ね醤油ラーメン750円 連れ:柚子香る鶏清湯 潮ラーメン750円 麺香る合わせ味噌ラーメン750円 みんなでチャーハン600円

カウンター10席のみ。サッカーチームの飲み会後、残った4人でべろんべろんでおじゃましました。せっぺとは五泉弁で精一杯・一生懸命という意と壁に書かれてます。メニューは柚子香る鶏清湯 潮ラーメン750円生姜香る四段重ね醤油ラーメン750円麺香る 合わせ味噌ラーメン750円その他しょうゆ鶏焼きそば600円越の鶏チャーハン600円新潟地鳥のTKG350円など。麺を中華麺かセモリナ麺か?最初に聞かれます。私の食べた醤油(中華麺)はナルト・葱・穂先メンマ・ほうれん草・鶏チャーシュー1枚・豚チャーシュー1枚、極細中華縮れ麺、生姜が効いた鶏油浮く丸鶏や鶏ミンチから摂ったさっぱり醤油スープ(無化調らしい)あっさり頂きました。ただ飲み過ぎてよくわからない、連れの潮(セモリナ麺選択)は美味しいって言ってました。味噌は2人頼みましたが一人はなかなかあっさり美味しいと一人はもう無いな!と4人で意見が半分に分かれました。4人でシェアした炒飯は塩分少な目胡麻油が効いたパラパラで美味しかったです。全てがサッパリ系で最後の〆にはいいのかもしれません。

 

 

 

閲覧(273)

モン吉

場所:新潟市江南区横越川根町4-14-20

食べた品:醤油チャーシューメン900円

おススメ度:92%

木曜定休。11:00~15:00.17:30~21:00。カウンター4席・テーブル2・小上がり2テーブル。醤油ラーメン700円・塩ラーメン700円・塩つけめん800円の3本柱。味玉で100円・特製で150円・チャーシューで200円UP。ラーメンは普通盛160g・中盛200gで無料・大盛240gで50円増し。塩つけめんは普通盛240g中盛300gで無料・大盛360gで50円増し・特盛480gで100円増し。トッピング増しやセットのご飯物あり。頼んだ醤油チャーシューメンは味海苔1枚・葱・小松菜・やや厚切りのバラ肉ロールチャーシュー4枚、白いストレート自家製麺、香味野菜(大蒜の香りも若干するが臭わない)豚・鶏などで魚介は表に出ていない埼玉県産の濃口醤油をメインに4種のブレンド醤油とある(無化調らしい)。香味油でキラキラしているが油っぽさやしつこさは無く一口食べて何の変哲もないがまた食べたくなるなるタイプの醤油ラーメンでした。「ぴか一」⇒「ぽんつく」⇒「モン吉」ときてるが個人的にはぴか一が好きかなぁ。

閲覧(241)

中華そば石黒

場所:新潟市東区秋葉通3−20−2秋葉ビル1階

今回食べた品:焼き鯵と蛤の塩そば850円(限定品 現金にて支払)

おススメ度:100%(量やガッツリ求む人除く)

おー!これは美味かった!もちろん私の大好物系のラーメンですから~~。三つ葉・葱・メンマ・ワンタン2個・レアチャーシュー2枚・蛤3個、加水少なめ中太ストレート麺、魚介系(鰹節・鯖節・煮干し)を感じるが焼き鯵出汁中心のあっさりにしてガッツリ濃い出汁!色んなエキスが出た鍋つゆの様な出汁塩スープ。蛤からの出汁含めて滋味深い味。トッピングもいい!(メンマだけがちょっと濃い味で浮いちゃってるが…)三つ葉・蛤と言えば高級割烹のお吸い物といった感じだがそのままだと麺に弱いので出汁濃いめ濃い味に仕上がっている。ガッツリ系やボリュームを求める人には物足りない感はあるだろうが、あっさりにしてしっかり美味しい出汁塩そばを食べたいと思った人には超おススメ!!

(2016.7.7)食べた品:極にぼ770円 おススメ度:93%

極にぼ770円肉にぼ1020円中華そば730円肉そば980円あっさりそば700円肉あっさり950円味噌にぼ830円肉味噌にぼ1080円極つけ830円肉極つけ1080円あさつけ780円肉あさつけ1030円など。相変わらず煮干しガツン!の豚骨・鶏ガラ・煮干しだけじゃない節系も香るポタージュの様に濃厚スープ!ただ結構塩分高めなのにチャーシューやメンマまで濃い味付けだからやや塩っぱさが残る漢字も否めない。トッピングは三つ葉や玉ねぎみじん切りはうれしいけど、メンマ・チャーシューは濃い味付けじゃない塩っ気少な目がよりうれしいな!

(2014.2.19)食べた品:肉そば おススメ度:93%

前回は一番濃い「極にぼ」でしたので、今回は真ん中の「中華そば」にチャーシューを足した「肉そば」を注文。トッピングは前回春菊と思っていたものは、三つ葉だったのかな?(汗)但し前回の三つ葉は、先の方だし三つ葉の香りがしなかったので、間違えました。海苔が1枚と玉ねぎが刻み青ネギに、あとはチャーシューが3枚プラスされていましたが、基本2枚であれば、250円アップで、肉の注文はいらないな!?と正直思いました。麺もあっさりに向かって細麺になっていく工夫されています。ストレートやや細麺でした。中華そばのスープですが、前回のドロドロでなく、茶色がかっていますが、かなり煮干しダシは効いてます。煮干しの原価も昔に比べてかなり上がっているので、ラーメン店も大変ですね!

(2014.1.2)食べた品:極にぼ  おススメ度:92%

月曜・火曜の夜休業、11:00~14:30.17:30~21:00。6人掛けテーブル1、小上がり5テーブル。一番特徴的であろう極にぼを選択。メンマ・味玉半分・チャーシュー2枚・チャーシューの端のコロ肉・玉ねぎみじん切り・春菊の様な?葉がトッピング。リングイネ(パスタ)の様な楕円形の切り口のストレート若干太麺、ドロドロ魚介系、特に煮干しダシがかなり効いたスープ。イメージは煮干しダシがガツンと効いた透明(黄色がかった)スープだと思っていたけど、粉っぽくはないが、煮干し粉や魚介の粉末がかなり溶け込んだスープでした。美味しかったです。ドロドロスープは、やはり大舎厘・ジョー・燈花と同じ仲間を感じました。個人的には煮干しガツンだけど、透明度の高いスープが好みなので、今度は中華かあっさりで試してみたいです。あっさりも同じ麺なのかが疑問です。ドロドロスープにはこの麺は最適かもしれませんが、あっさりになった場合シコシコ細麺がいいな!お店を教えてくださった方の情報によると普通の中華そばでも煮干しガツンみたいです。煮干し好きは是非!

閲覧(1949)

三宝亭独立支援ラボ(旧さんぽう亭新和店)

場所:新潟市中央区新和1-3-24(旧さんぽう亭新和店跡地)

食べた品:鶏煮干し醤油700円+からすみTKG330円

水曜定休、11:00~15:00.17:00~21:00ラストオーダー。カウンター9席・テーブル約6。やっと来れました。先ずは鶏煮干し醤油、三つ葉・極刻みねぎ・薄くスライスされた低温処理チャーシュー2枚・長ーい穂先メンマ、食感のいいやや低加水ストレート細麺、鶏油で光る煮干しと鶏ベースの醤油スープ。煮干しは陰の仕事してる感じで前面には出てきてないけどいい感じの鶏出汁スープ。醤油も好きな味の醤油だし三つ葉も相まってこれは好きなタイプのラーメンです。

閲覧(292)

太陽

場所:新潟市西区寺尾東2丁目15‐22

今回食べた品:らーめんxチャーハン セット830円

おススメ度:95%

久しぶりの来店。ちょっとだけ値上がりにて更新。らーめん580円・チャーハン680円・らーめんxチャーハンセット830円のみ。美味しいけどやっぱり甘い味付けのチャーシューは苦手だな、チャーハンも今回は以前より??まあ炒飯は10回作って同じものが出来難い一番難しい料理だから仕方ないか(こちらの体調などもありますが)でも総合的に好きです。今回はラーメンが先に来て食べ終わる頃にチャーハン到着だったので別々の写真で!

(2014.2.21)食べた品:セット おススメ度:98%

やっぱりここのセットは好き!チャーシューにやや甘い味がするのと今回は炒飯がやや塩っぱめだったけど、個人店でシンプルなラーメンと炒飯を作るブレやすさは仕方ないが、ブレの少ないいい店です。
前回(2012.8.12)食べた品:らーめん&チャーハンセット おすすめ度:98%

カウンター7席・小上がり3テーブル、白とダークグレーのシンプルな内装。ラーチャンといえば、「味みつ」を思い出します。ただ味の好みは味みつより上!(味みつはスープに物足りなさを感じたがこちらの塩分はビンゴ!)ただシンプルがゆえにブレやすいし、食べる人の体調によって塩分がビンゴだったり、ズレたりするので難しい分野だと思います。セットを頼みましたが、先にチャーハン、美味い!!硬めの米とパラパラ感、卵とわずかのチャーシュー、ダシ醤油、シンプルでウマい!そしてらーめん、ネギ・塩抜きメンマ・あっさり塩味のバラチャーシュー、この細さでコシもある極細縮れ麺(うち<社長監修オリジナルらーめん)の真空麺に似てます>麺の量もこのタイプにしては少なすぎずでした。スープはナミナミと注がれた透き通ったあっさり煮干しダシと鶏ガラ系、塩味と醤油味の中間。化調は使っていないわけではないと思うのですが、使い過ぎず、煮干しも全面主張しすぎず、バランスの良い飲み干せるスープです。店主に「美味しかったです」と伝えると「エアコンつけられるように頑張ります」と言っておられました。エアコンがないわけではなかったと思いますが、確かに厨房前のカウンターは暑かったです。その言葉がまたまた応援したくなります。あっさり系でどこが美味しいと聞かれたら間違いなく、おススメするお店になりそうです。

閲覧(400)

ちくに 

場所:村上市寺町4‐11

今回食べた品:中華そば大700円

おススメ度:96%

会議終了後村上に用事があり車を飛ばしたが用事が早く終わり夕方4時半、この時間でやってる「ちくに」を思い出し久々に行ってきました。肉そばは残念ながら売切れ、中華大盛を頂きました。相変わらずばあちゃん一人でやっていて水・注文・どんぶり戻しもお客さんみんな自分でやりみんなでばあちゃんに協力している素敵なお店です。海苔1枚・ナルト・美味しい硬めのメンマ・多めのネギ・おいしい厚切りバラ肉チャーシュー約2~3枚、トロトロにゅうめんの様な軽いウェーブの多加水中太麺も健在、煮干しガツン!結構な量を感じる旨味調味料と豚・野菜類もしっかり出汁も合わさったのスープ。麺はもともと固茹で出来ない芯の残らない麺で茹で過ぎではない様に思える、この麺の良さがようやくわかってきた様な気がする。スープも昔ながらにかなりの煮干しを突っ込んだ素晴らしいスープ。ノスタルジックな中華そば「ちくに」は「ちくに」である。

(2014.5.17)食べた品:肉そば900円 おススメ度:96%

久しぶりにおじゃましました。昼11:30~12:45、15:00~18:00、水曜定休。消費増税に伴う値上げはなく、中華そば600円大盛700円肉そば900円は前のまま。肉そばは味玉半分・ナルト・ねぎ・メンマ・海苔2枚・やや厚めのチャーシュー約7枚、相変わらず超ユル麺(にゅうめん?)、煮干しガツン!の濁りスープ。

(2011.2.12)食べた品:肉そば900円 おすすめ度:97%

7テーブル28席相席当たり前の小さな店ですが、前より駐車場が広がり便利になりました。相変わらず混んでます。中華そば600円大盛700円肉そば900円のみ。やっとありつけた肉そばは、チャーシューメンというより全部載せといった感じで。ナルト、ねぎ、メンマ、海苔、味玉半分、バラ肉チャーシューブロックカットと端っこ多数。2010.7月: おすすめ品:中華そば おすすめ度:120%(超柔麺許せる人)おばちゃん一人でやっていて、お客さんも慣れたもので、セルフで水をくみ、食べ終わるとどんぶりを持ってさげ、会計をします。箸もテーブルになく、そばと一緒に運ばれてきます。店内には煮干しのいい香りがして、期待大!見た目も美しい中華そばが運ばれてきました。トッピングはねぎ、メンマ、二枚のブロック型バラチャーシュー、ナルト、スープは透明スープ塩醤油に動物系と魚介系、特に煮干しが効いたちょっとドロっとした絶品スープ!そして何といっても特徴的なのが、超柔らか麺、正直茹ですぎだろ!って程、よく言えばトロける麺、悪く言えば「いい加減にしてくれ!」位柔らかい!麺固めが好きな人は行かない方がいい。だけどだけど、絶品スープに絶品バラ肉チャーシューは見過ごせない!この超柔麺だからお年寄りしか来ない店なのかと思うと若いカップルや兄ちゃん、ラーメン通などが集う店である。「麺硬めで!」ってオーダーしたいところだが、またこれがここの特徴なのである。ちくにラーメン恐るべし!

閲覧(1718)

らぁめん よしざわ

場所:新潟市西区木場1421

今回食べた品:地鶏らぁめん鶏塩800円

おススメ度:90% <過去 鶏醤油は95%>

前回煮干し味噌とその前の鶏醤油のギャップが大きくてもう一度鶏塩でリベンジ。夜来店、葱・三つ葉・磯海苔・絶品鶏団子1個・ササミ1枚・レアチャーシュー1枚、ツルツルストレート細麺、透明な鶏出汁塩スープ。辛味かんずり付き。無化調だがギリギリな感じ、スープだけなら完飲レベルだが、麺と合わさるとチト弱い、もっと昆布や鶏の旨味を引き出してもらいたい。大体地鶏からは繊細な出汁が僅かしか出ないから難しいけど。絶品トッピング達と食べるにはいいのかなぁ?やっぱり醤油の様にそのもの自体に旨味があるベースと合わせないとなのかも。断然鶏醤油推し!

(2017.7.22)食べた品:煮干し味噌+豚チャーシュー100円 おススメ度:80%

あの醤油らぁめんの美味しさが忘れられずに久しぶりに再訪。メニューに変化がありました。今回は煮干し味噌を選択。レアチャーシュー3枚・鶏団子1個・糸辛子・小葱・白髪葱・もやし・キャベツ・しめじ、ツルツル多加水リングイニ系中太麺、煮干しはほとんど感じないあっさり出汁無し味噌汁の様な味噌スープ。4つ生味噌ブレンドだが無化調はいいがそれをカバーする天然出汁が足りてない、味噌ラーメンにみんなが期待する脂が足りてない。麺はタイミングが悪くタイマーが鳴って最後の提供で湯に使ってから1分半以上経っていてノビ気味でした。トホホ!完全に好みの問題かもしれませんが、ここの味噌は私の好みとは違いました。煮干し醤油はどうなんでしょう?あんなに素晴らしい鶏醤油に対して味噌は期待外れでした(あくまで個人的感想です)ここでは鶏醤油を断然推薦します。相変わらずトッピングのレベルは高いです。

(2017.1.31)食べた品:醤油らぁめん750円 おススメ度:95%

定休日未定、11:30~14:30.17:30~23:00.カウンター6席・小上がり足伸ばせる掘り式約5テーブル。メニューは醤油らぁめん750円塩らぁめん800円味噌らぁめん880円。大盛100円増し、チャーシュー200円味玉100円鶏団子80円岩のり150円ねぎ120円増し。ミニ丼各種。頼んだ醤油らぁめんは美味しいネギ・三つ葉・低温処理豚チャーシュー1枚・鶏チャーシュー1枚・絶品鶏団子1個、関川麺という国産小麦中細ストレート麺、香味油の浮いた鶏ベースの無化調系純和風優しい味の生醤油ラーメン。これぞ関東風無化調系らぁめんといった感じ。スープに新潟地鶏・阿波尾鶏などを使い新潟食材・国産食材を使った原価の高いラーメンです。今まで食べた中で西早稲田の「やまぐち」の鶏ちょっと弱いバージョン?または巣鴨の「蔦」にも似てる?でも一番似た味とスタイルは石川県野々市市の「TERRA」に瓜二つでした。繊細かつ純和風のこのラーメン果たして新潟ラーメンに慣れた方に受け入れられるか?私はこういった系統のラーメンが出てくるのは大歓迎です。スープ飲み干しました。

閲覧(1302)