縁China

場所:新潟市中央区東大通2-2-3

食べた品:DELUXスーラータンメン(ハーフ)660円<フルサイズは935円>

不定休、11:30~14:00.17:00~24:00(土日祝は17:00~02:00)厨房を囲むぐるりとカウンター席だが、2階もあります。弁天にある大好きなハイボールバー縁の姉妹店。カジュアル中華バー縁Chinaに2回目の来店。夜お邪魔して〆にいただきました。DELUXスーラータンメンハーフサイズは小葱が散りばめられ、えのき茸や木耳・ニラ?などと溶き卵を胡椒や山椒?で辛みを黒酢が効いた酸味と餡かけになったスープが逸品!麺はこんぴら通りの海老寿DELUXの製麺したストレート極細低加水麺を特注して使用しています。酔っていたので正常な判断は微妙ですが旨かったです。メニューはHPなどを参照ください(夜の〆的なページのみ掲載しました)ちなみにお昼のランチは週替わりの中華定食で酸辣湯麵はありませんでした。

閲覧(344)

だるまや(新津店)

場所:新潟市秋葉区南町13-23

今回食べた品:だるまラーメン700円+チャーハン240円(クーポンで200円引き)

中盛無料なので中盛で。久しぶりにだるまラーメン食べた、もやし茹でタップリがちょっと苦手とスープに対して麺の主張が強いかなぁ~。味噌らーめんには合うけど。チャーハンはグルグル回る機械で作っていたチャーハンでもう頼まなくていいな!と思ったものが撤去され?人が作る様に戻って旨くなりました。コレだったら頼む。

(2021.2.21)食べた品:味噌らーめん800円+餃子3個210円

無休、11:00~21:30。ちょくちょく変な時間で他の飲食が閉まっている時間に利用させてもらってました。こちらの味噌や麻婆など重ね味のラーメンはなかなかで餃子も失敗はないので、、だるまやをはじめ万人家・吉相・武蔵・孔明・一兆・大舎厘・青山製麺などグループとそれより派生した出身者による様々なラーメン店。色々あったが新潟のラーメン発展を語るうえでなくてはならない大元グループである事は間違いない。

閲覧(346)

中華そば西巻流

場所:新潟市西区亀貝80-3

食べた品:煮干し醤油ちゃーしゅーめん950円

いまのところ無休、11:00~20:00。カウンターL字で計6席・テーブル4。ベテラン店主の西巻さんの名前から西巻流!煮干し醤油ちゃーしゅーめんの食券は買って待つ。ゆで卵1個がサービスで殻を剥いでラーメンを待つ人多数。ナルト・カイワレ・白髪ねぎ・黒胡椒などで味付けメンマ・肉筋はあるがホロホロに煮込まれた厚切りチャーシュー約6枚、低加水しっかり食感の中縮れ麺、煮干し等魚粉!で鰹節や味醂粉も効いて甘い、黒っぽいが色目よりしょっぱくない、最後に魚粉がどんぶりにまとわりつくくらいザ・魚粉。煮干しというより魚粉醤油らーめん。次から次へとお客さんが来る人気店。

閲覧(417)

だんち食堂

場所:燕三条市(旧燕市)杣木2307-2(燕市工業団地内)

今回食べた品:チャーシューメン750円

おすすめ度:80%~95%

なんと12年ぶり!自分史上一番入店しにくいお店。恐る恐るドアを開けると店の中は凄い状態!カウンター席は荷物で無くなり、小上がりの真ん中にテーブルが一つ。隅にテーブルがおされている。店内は植物やら球根やら農作業道具その他いろんなもので溢れかえっている、、、正直飲食店の体をなしていない。真ん中のテーブルには近所の常連さん6人が持ち込み含めたつまみなどで昼から大宴会!入店をためらったが、常連さんたちから「そこ空いてるっけ入ればいいさ」と、、メニューは見当たらない。チャーシューメンを頼むとおかみは厨房へ。残飯片付けとテーブル拭きを常連さんの一人が、、水まで持ってきてくれた。酔っぱらっているがいい人たちであるのはわかるが何人かが煙草をプカプカ!だし、この宴会の中でアウェーな居心地の悪い状況の中我慢ガマン!私が異邦人であるのだから。チャーシューメンがようやく到着、海苔2枚・ねぎ・メンマ・おいしいバラチャーシュー7枚、多加水縮れ平太麺、ちゃんとした?うっすら背油浮く醤油スープはスモーキーさなどはなくなったが(多分その都度違う)相変わらず独特でうまい。麺はヤマダ製麺のストレート丸太麺から近藤製麺(多加水縮れ平太麺)に変わった。前の麺が特徴的で好きだった。背油も溶けたラードから背油の体をなした様な普通の感じになった。スープの味はだんち食堂ならではの独特の旨さはある。らーめんもかあちゃんも12年経って元気だがなんとなく不思議な雰囲気が薄れた感じ。会計しようと思ったらかあちゃんがいない!酔っぱらいの一人を家まで送ったみたいだ。5分以内に帰って来られた。こんな感じも超地域密着店な感じ。さあ来店するかしないかはあなた次第だが、このだんち食堂のらーめんを食べずして燕らーめんは語れないのでは?というお店。

(2009.10.13)食べた品:チャーシューメン750円 おすすめ度:100%  麻薬の様な唯一無二なラーメンだったのを覚えているが、2回目の来店。相変わらず入りにくい雰囲気ではあるが、勇気を出して!眼鏡のPTAにいそうなある意味上品な不思議なおばちゃんが店主で、昼酒の常連さん2名、割烹着を着たおばちゃんが3名旨そうに味噌ラーメン?を食べている。それでも良心的◎。食べたチャーシューメンはメンマ、水菜、ねぎ、岩のり、バラ肉チャーシュー数枚、麺はヤマダ製麺というところの中太丸ストレート系、この麺が非常に美味い!スープは相変わらず摩訶不思議なスープで、前回の様な地獄の熱さは感じないが、透明な油が浮き、なんともいえない旨いスープ!あえて表現するなら、この甘みと酸味は鰹節ダシと味醂が効いた「うどん・そば」のスープに動物系の脂をぶつけたといった感じでしょうか?賛否両論ラーメンですが、結論からすると、なんだかんだいっても旨い!以上です。

(2009.5.24)食べた品:中華そば500円 おすすめ度:50%‐150%  あり得ないラーメンである。唯一無二、こんなラーメンは初めて食べました。ネットで見つけて興味深々!確かに入りにくい雰囲気。カウンター5席、小上がり3テーブル。母ちゃん一人でやってる?!そこに常連が昼から飲みながら方言丸出しの会話。「この店ネットで紹介した奴がいるんてやー」「こんげまーぜラーメン事かぁ?」かあちゃんいわく「家の子供でさえ、まずくて食わんがねー、まだカップラーメンの方がマシらてさ」「世の中には変わり者がいるんだ?こんげまーぜてがに500円も払うんがね」などなどヤバイ雰囲気、俺もその変わり者かも??場所柄か安い!!食べに来るというより常連が貯まる飲み屋の様相。まず一口食べたら舌と口の中の上の皮が火傷で剥けました。なんじゃこりゃー!スープは脂が浮いたスープ!背油でなくラードが溶けた油です。食べている最中も麺がハネる度に顔に火傷するくらい。工業団地内ということも考えるとこれが昔の燕系ラーメンかもと思うくらい。油で蓋をして絶対に最後まで熱い!ラーメンだ。但し、動物系の骨ダシは感じない、煮干鰹節のガツンという強烈な匂いとスモーキーな味。悪くいうと揚げ物に使った色々と味の染みた油でスープを作った様な?!評価も50‐150%というのも完全に両極端に評価が分かれると思ったからです。初めて体験する不思議な味(美味しい)ラーメンと思ってハマる人も多いはず。これはネットや口コミで爆発する予感も。麺は太麺、ネギ、メンマ、チャーシュー一枚ですが、チャーシュー(ばら肉)を食してただ者ではない味が。それよりスープがインパクトあり過ぎです。油そばは汁なしで有名ですが、これこそ「油そば汁あり」といった感じ。このスモーキーな味は一年に一度いや思い出した時に妙に食べたくなるに違いありません。恐るべし新境地といったラーメン。一般人不可。ラーメンマニア必行といったお店。但し日によって味や作り方などかなりの変化がありそうな予感あり。

閲覧(415)

弐豚

場所:見附市上新田町513-1

食べた品:豚そば830円(麺硬めで少な目・あとは全部普通)

月曜定休、11:00~15:00.17:00~21:00。カウンター6席・テーブル2・小上がり3テーブル。おしぼり&水(コロナ対策で紙コップ)はセルフ。基本二郎インスパイア豚そばと背油中華の2本柱。食券機で豚そば買って店員さんに例のコール的な・・「麺硬め&少な目、野菜・油・濃さ普通、にんにくアリで普通」(マシマシもありました)豚そばの麺の量は表記で普通270g・大盛360g・特盛540gと同料金でメガトン級まであります。普通でも多いので少な目にしました。それでも180g位かな?豚そばは大蒜・野菜(ほぼもやし・心ばかりのキャベツ)デカいピースの豚2塊と煮込んだ豚筋脂などの豚達、降られる脂は純白のビアンカ使用か?その他豚は国産をうたっている。注文通り固ゆでで提供された縮れやや平太麺、豚骨ベースの濃くて甘い醤油に大蒜味も交じる。普通で濃い味、「カラメ」にしなくて良かった~!カエシは鰹やアミノ酸たっぷり入った甘いダシ醤油みたい。しょっぱ濃い!喉が渇く。テーブルに玉ねぎみじん切りがあり背油中華はもちろん、こちらにも盛り放題なので玉ねぎ好きには非常にうれしいサービス。麺の量も少な目で私は丁度良かった。お客さんは豚そば率と背油中華率と半々な感じだが、たまたまか?大食漢な雰囲気の人が多かった。「夢を語れ 新潟店」も出来たし、油そばといい二郎新潟店&インスパイア系など新潟で食べれないラーメンがなくなってきているのが凄い。二郎タイプは年齢とともに苦手分野になってくるがたまに食べたくなる。これをずーっと食べ続けたらホントに2トンになるな( ´艸`)

 

閲覧(433)

らーめん麺華(めんはな)

場所:新潟市東区粟山4-3-5

食べた品:五目うま煮らーめん840円+サービスチャーシュー2枚(クーポン)

おススメ度:98%

火曜定休、11:30~15:00.17:30~21:00。カウンター4席・テーブル約3・小上がり2テーブル。こじんまりだが木の温もりのある壁、明るく素敵な空間。昨年(2020.3月)にオープンしていたが、中華系ラーメンだけのどうせフードコート的な味(美味しい店もありますけど・・)だろうと高をくくってました。結論!めっちゃ旨い!!五目うま煮麺といえば間違いないのが「さんぽう」ですが、勝るとも劣らない美味しさでした。麺は多加水中縮れ麺、小海老・ウズラの卵・ふくろ茸・椎茸・しめじ・木耳・人参・筍・青菜・白菜(キャベツ)・豚肉・生姜、胡麻油の高い香り、紹興酒やオイスターソースの旨み炒めて餡かけ旨味タップリの醤油ベーススープ。甘くて深い味、生姜も効いてる。五目でなく「十二目」ですね!中華系&料理系はやっぱり作り手が長年修行を積んでいるプロには敵わない!当たり前な事(例として鍋に入れる順番が食感影響するので青菜のシャキシャキ感で最後に入れたのがわかります)を当たり前に常に出来るかが調理だと思います。サービスチャーシューもロールバラで美味しかった!チャーシューメンもアリだな!肉もやしもうま辛麺2種も麻婆麺も食べてみたい。五目うま煮飯もあるからブログには書けないけど、和からしとお酢で絶対食べたい!いや~なんで今で来なかったんだろう!という中華系ラーメンの超おススメとなりました。

 

閲覧(421)

六太郎食堂

場所:新潟市南区白根本町1-1(白根神社の川沿い側)

今回食べた品:カツ丼セット1,050円

不定休(月2回火曜)11:15~19:00(ラストオーダー18:30)テーブル6・小上がり2テーブル。前回来たのが2010年だからもう11年経つ!人気といわれるカツ丼セットをいただく。半ラーメンはナルト・チビ海苔・ねぎ・細メンマ・チビチャーシュー1枚、懐かしい多加水縮れ中華細麺、透明でほんのり煮干し香るいい塩梅の超あっさり、かつ旨味のあるスープ。麺もスープも懐かし旨い!!カツ丼はカツはパリッとはしていないが、パン粉の部分が洋風的な香り味で玉ねぎが下、卵でとじた甘くておいしいカツ丼。秋冬限定の「天ぷら中華そば」なんてメニューも個人店らしくて面白い。次はチャーハンセット(土日祝日・混雑時以外の時のみオーダー可能)で再訪決定!

(2010.11.19)食べた品:ラーメン おススメ度:92% あっさり好き100%

大正時代からの営業らしいが、UCCの看板に店名と改装を何度もしたらしく店内は明るいし、作っている女性は大正とは無縁のお姉さん?!白根らしく、店内には凧合戦の写真が。頼んだラーメンは、ナルト、ねぎ、メンマ、海苔、塩味ももチャーシュー1枚、透明度の高い繊細なスープ、多加水縮れ麺。化調は否めないが、超あっさり系では、かなり美味しい。

閲覧(466)

三代目麺屋 小松家

場所:新潟市中央区三和町6-11(ピア万代目の前)

食べた品:極煮干油そば(大玉)700円

不定休、11:00~19:00。2021.2/22にオープン!新店だが居抜き物件でプレハブの様な感じ。駐車場は店の前に横停め2台分と脇に1台分あるようだが停めにくい。カウンター10席・長テーブル1。メニューは中華そばはあるが基本は油そば。サブメニュー的に台湾そばや油そばを提供するところがあるが、最近長岡に油そば専門店「油そば つながり」「柿川亭 東京油そば」の2店が出来、新潟県では今頃油そば専門店ブームか?本来飯の付いたセットを頼むのが常道だろうがご飯は要らなかったので、極煮干油そば(大玉)を。最初中玉で!と頼んだところ店員さんから「中玉だと200gペロリで足りないですよ!」との事で大玉300gに。結果ナイスアドバイスでした。海苔1枚・ネギ・メンマ・バラチャーシュー1枚、麺が命の油そばやつけ麺だが、歯応えある多加水ズッシリ縮れ混合2種(黄色っぽい卵麺と国産小麦麺)の極太平麺、油によーく混ぜて頂く。途中で入れる2種類の煮干酢、特に燻製煮干酢がおススメ!甘みもある。暑い時にはいいがやっぱりスープがある方が好きかな。ラーメン(スープあり)だと180g位でもスープでお腹いっぱいになるが、油そば・混ぜ麺・つけ麺は300gは必要ですね!おいしいラーメンは実はスープの原価が一番高いと思うが、スープが無ければ儲かるよね!でも煮干酢含めていい感じ。油そばという名前のイメージと異なり油そばのカロリーはラーメンより低い。さぁ油そば・混ぜそば専門店が新潟県に定着するかどうか!?

閲覧(653)

満月(安田店)

場所:阿賀野市保田3041-1

食べた品:辛味噌らーめん810円

おススメ度:94%

無休、11:00~21:00。カウンター10席・テーブル3・小上がり2テーブル。日曜午後2時半過ぎ、五泉経由で行こうと思っていた店が満席や終了していて放浪してたどり着いた有難い店がここ。他の満月は行ってましたが安田店は初めて。先ずは安田は水が美味しい。イチオシの辛味噌らーめんをいただく、ナルト・青海苔・ねぎ・メンマ・バラチャーシュー2枚、辛味噌、プリプリの多加水縮れ太麺、鰹節出汁が効いた濃いめの味噌スープ。満月もだるまや派生組だが、赤湯「龍上海」リスペクト辛味噌らーめん提供の中で気のせいか体調のせいか一番満足でした。ちゃーしゅーや武蔵のそれや満月他店の辛味噌よりここの辛味噌は何かが違いました。

閲覧(255)

ばるむ食堂

場所:新潟市東区粟山1‐22‐1

今回食べた品:カリ~ら~麺799円

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ばるむ食堂ーカリ~ら~麺大辛-2.jpg

カウンター4席・テーブル約6・別室に3テーブル。カリ~ら~麺大辛は炙りバラチャーシュー2枚・揚げじゃが・甘煮人参・ブロッコリー各2ピース、ほんのり甘い18種のスパイスを使った自家製カレー粉におろし野菜のスープで仕上げたサラリスープカレータイプのスープ。カレー専門店の大辛と比べると辛さはそれほどでもないので大辛で是非。

(2015.1.24)食べた品:カリ~ら~麺+大盛<太麺・大辛を選択> おススメ度:90%

カリ~ら~麺を大盛で!今回は大辛・太麺で。アレっ?器が前回と違うのは大盛を頼んだからだ。

(2013.12.10)食べた品:カリーらー麺(太麺・辛口選択) おススメ度:90%

久しぶりにおじゃましました。カウンター6席テーブル約9.カリーらー麺は、太麺か細麺を選択(太麺でも細め)また辛さも普通・辛口・大辛から選択。18種のスパイスや野菜すりおろしをミックスしたカリーは、クリーミーでアジアカレーとユーロカレーの中間的なカレーで、札幌のスープカレーに麺を入れた感じに近い。バラチャーシュー2枚と味玉半分、ブロッコリー・ジャガイモ・ニンジンのゴロゴロ野菜も札幌スープカレー風。スパイスの辛さはあるが、すりおろし野菜とココナッツミルク?の甘さもかなり強い。好みが分かれるかも?

(2011.2.28)食べた品:ら~麺 カリーら~麺 ハンバーグBセットなど   おすすめ度:ら~麺92% カリーら~麺90% ハンバーグ類93%   小針の名店「ばすきや」が店名変更して、ハンバーグをメインにして移転営業。家族でお邪魔しました。中はオシャレな内装、基本はあくまでビーフハンバーグ、カットステーキ、カレーのお店。ら~麺は味玉半分、コリコリ歯ごたえのメンマ、バラチャーシュー3枚(美味しい)分葱、麺は浅草開花楼の麺使用とメニューに書いてある、細めで粉麺歯ごたえのある特徴のある麺、スープは鶏がら強めの豚骨と魚介ダシも効いたどこか懐かしいバランスの良いスープ。これぞラーメンの基本といった正統派。他に頼んだ唐揚げ香味ソースもハンバーグのタレもカレーソースも一口目は美味しいが、私には甘すぎて途中から飽きてきてしまう。嫁子供からは、好評のお店でした。

閲覧(599)