一平

場所:村上市小口川19‐16 岩船駅裏

今回食べた品:チャーシューメン757円+大盛108円

おススメ度:96%

前々回麺が緩めだったので、今回は「麺硬めでお願いします」と注文に付け加えた。これが大正解!めんつうさんの麺だと思うのだが芯を若干残して最高の仕上がり。何杯か分をまとめて茹でて平ザルで湯切りするのでそれ程違いはないのかもしれないが、一番に上げたものを頂ける。今回のスープは神のスープに近かった。昆布キャベツ煮干し青葱などなど大量に鍋にぶち込みまじめにまじめに作るスープはいい仕上がりになりますわ!

(2017.6.4)食べた品:ラーメン582円+半チャーハン465円 おススメ度:95%・88%

一年ぶりにおじゃま出来ました。やっぱりここのスープは美味い!!ラーメンは582円で海苔1枚・ナルト・ほうれん草・ねぎ・メンマ・やや甘いチャーシュー約2枚、ツルツルやや細麺、煮干し香る野菜その他複雑な味が絡む昔ながらの中華スープ、大変リーズナブルで大好きです。チャーハンはパラパラではないが味付けは昔ながらで良い。一平食堂のメニューを掲載してみましたが、ラーメンはじめ麺類は五目ラーメン685円・味噌ラーメン685円とすごーくお得感あるお値段だが、チャーハン・半チャーハンがお高く感じるのは私だけ?原料費でなく手間暇代ですね!

(2016.5.29)食べた品:チャーシュー麺757円+大盛108円 おススメ度:95%

久々~!値上げはありませんでした。大盛にしたせいかちょっと今回は麺がゆるかったけど、シンプルラーメンの美味しさは健在です。

(2014.5.17)食べた品:チャーシュー麺757円 おススメ度:96%

営業時間11:00~13:30、17:00~20:00。チャーシュー麺はナルト・メンマ・海苔・ほうれん草・角煮系の味付けされたバラ肉チャーシュー6枚(やや甘い角煮風の味付けだったけなー?という印象??)細いストレート麺、煮干しと動物系のスープ!前回とまた若干違う様な?あっさり系の個人店は時々ブレます。まあそれが味ですね!平ザルを捌く白いコック服の初老の店主はカッコいいですね!
前回(2011.3.17)食べた品:チャーシューメン おすすめ度:105% 結論!やっぱり美味い!ここまで足をのばす価値あり(高速無料だし)黄土色にやや濁った煮干し魚介スープは最高ですね!前回食べた品:チャーシューめん おすすめ度:105%  村上といえば、ちくに。一平も有名でしたが、2回ほど山形からの帰りにナビで行こうとしたが、店が近くだが移転しており、行けなかったという経験があります。今回は新発田での用事だったのですが、早目に出てわざわざ?岩船まで飛ばしました。カウンター合計10席、テーブル3、こあがり3テーブル。ロフト風の高い天井にファンがまわっています。豚骨鶏がらベースにあっさりだが、パンチのある魚介系ダシ、特に煮干しも効いてます、これは絶品スープといっていいのではないでしょうか!ねぎ、メンマ、ナルト、海苔、ほうれん草、四角い薄切りバラ肉醤油味トロトロチャーシュー5‐6枚、普通よりやや細目のつるつる麺。イケます。村上の人気店という事もわかります。中華丼や五目ラーメンを頼む人も多かったです。こっち方面きたら此処に決まりですね!

閲覧(727)

NAKADA RAMEN LABO(中田製作所)

場所:五泉市三本木早出3026 (キューピット三本木店敷地内)

今回食べた品:水曜限定 肉中華850円チャーハンセット+200円

おススメ度:94%

お馴染み水曜限定メニュー、今回はラーチャンでした。中華そば650円チャーハンセット+200円ですが、ちょっぴり贅沢に肉中華850円でチャーハンセットに。ナルト・海苔1枚・水菜・白髪葱・穂先メンマ、美味しいバラロールチャーシュー薄切り約6枚、極細多加水縮れ麺、煮干し出汁のあっさり醤油スープ。動物系の強い味もあるのでいわゆるラーチャン専門店の中華そばよりしっかりしたスープで、ブラックペッパーがよく合いました。炒飯はしっかり1人前はある量でパラパラだけどしっとりではなかった。味付けは良かったが20秒程?炒め過ぎた感じ。何を再現させても100点で再現できる天才中田店主だが、シンプルなラーチャンは(特に炒飯)ちょっとした味付け・時間その他些細な条件で変わってしまうので、たまたま私の時は炒め過ぎ感ありました。この前TVで炒飯のプロが「炒飯は卵料理だ!」と豪語して卵と熱々のご飯と塩だけで最後に「追い水」(中華料理屋ではよく知られているワザ)をしてパラパラしっとりとシンプルに時間との闘い、その原料で高いのは技術料だと言っておりました。私自身一番難しい料理でもあり、同じ味付けなのに10回に1回くらいしか成功しない難しい料理だし、追い水は知らなかった知識でした。

(2018.1.3)塩チャーシュー870円+ネギ増し50円 おススメ度:96%

新年最初に食べました。美味しかったです。小葱・葱・穂先メンマ、ツルツルの多加水ストレート麺、あっさり塩味のスープは最初にどんこ(椎茸)の香りがします。昆布からもしっかり出汁をとってコンソメの様な深いながらもどちらにも寄らない(動物系か魚介乾物系が突出して主張しない)優しくて深いスープです。個人的に塩は飽き易いのですが、醤油味の染みたチャーシューが飽きさせません。

(2017.8.13)食べた品:チャーシューメン890円+ネギ増し50円

ブラック系を欲した時には最高のラーメン。お盆で非常に混んでいた。一人仕事抜けての昼食なので時間は気になったが案内される時(中田店主が仕切り!)に4人席だったので当然後ろの4人家族を「先にどうぞ!カウンター待ちでいいですよ!」と声をかけ、なかなかカウンターが空かず次にあいた小上がりも当然大人数の家族連れにお先どうぞ!だったが先に注文を聞かれカウンター席に座るや否やすぐさま食べる事が出来た、味玉サービスも。この臨機応変な対応は流石と言わざるを得ない。お客さんも譲り合い、混んでたら早めに次のお客さんの事を考え、店も臨機応変に公平な対応にあたるこれが日本人の理想ですよね!

(2017.6.18)食べた品:トリュフとイベリコ豚の黄金そば1200円 おススメ度:95%

限定メニューでしょうか?入口に貼ってあったポスターを見て急遽オーダー。贅沢メニューです。金粉がトッピングされ水菜・ネギ・イベリコ豚の燻製チャーシューが約5枚、緩いウェーヴがかかったやや細麺、黄金色のスープはトリュフオイルが少し浮く飛魚出汁ベースでトリュフ塩を使っています。トリュフオイルとトリュフ塩は自分でも持っていますが、それほどトリュフを感じません(笑)それよりアゴ出汁スープは絶品だし、イベリコ豚チャーシューは美味しかったです。イタリアでラーメン食べたら値段も含めてこんな感じかも?!と思って食べました。

(2017.5.3)食べた品:横浜家系とんこつ醤油チャーシュー890円(今回の水曜限定) おススメ度:92%

楽しみにしている水曜限定、今回は横浜家系らーめん690円味玉730円チャーシュー890円、横浜豚骨醤油らーめん!何を再現させても完璧な中田製作所、今回のトライはなんとなく新潟とんこつ醤油(味濱家系)な感じで、横浜とんこつ醤油のキーン!と来る頭骨や豚足の独特のスープと僅かながら違うよーな?でもでもおいしかったですよ~~

(2016.11.22)食べた品:チャーシューメン890円+ネギ50円

これが食べたい!と思って行くので間違いありません!

(2016.6.1)食べた品:<水曜限定>ビリーⅢ890円 おススメ度:96%

今回の水曜限定のラインナップは喜多方らーめんでした。喜多方らーめん690円ちゃーしゅうめん930円そして頼んだビリーⅢ!いわゆる辛い味噌らーめんでした。水菜・味玉半分・極太メンマ・バラ肉ブロックカットチャーシュー5枚、挽肉や細切れ・もやし・キャベツ・人参などを炒めたタップリのトッピング、太麺、焦がし大蒜・辣油などの辛味が効いた味噌スープ、最初に辛味はそんなに感じないのですが徐々にジワ~と効いてきて汗が出ました。ラードで炒めた野菜類のシャキシャキの炒め加減と相まってボリュームたっぷりの旨さでした。個人的には鶏ベース好きなので初代ビリーが一番好きでしたけどね(限定が鶏白湯の時にしかできませんが・・・)

(2016.3.9)食べた品:生姜味噌野菜890円<水曜限定>

水曜限定メニュー狙いで訪問、生姜気分でなかったので入店迷いましたが、、、今回の水曜限定メニューは、生姜しょうゆ系:らーめん690円味玉730円ちゃーしゅーめん890円生姜味噌野菜890円。海苔1枚・水菜・味玉半分・ハーフカットチャーシュー3枚・もやしとキャベツの炒めた野菜タップリ!縮れ丸太麺、生姜香るサラサラタイプのどこか懐かしい味噌味スープ。あえて芳ばしさの為にラードで野菜少し焦がして鍋で味噌スープを作るんで野菜の甘みがスープにのってます。その分味噌は業務用か?そんなに凝ったものでなく生姜を重視したのがわかります。野菜の量もタップリでお腹いっぱいになりました。

(2016.1.12)食べた品:チャーシューメン890円+ネギ50円 おススメ度:94% <濃ーい醤油ブラック系が食べたい気分なら99%>

水曜の限定メニューのUPが最近多かったですが、やっぱり定番のこれが食べたくてたまらない時があります。個人的には背油ブラックでなく背油無しの方が好き、キリッとしたキレのある濃い醤油感!プラス50円でネギもシャキシャキでタップリ入れてもらえます。

(2015.10.7)食べた品:<水曜限定>燕三条系らーめん(ちゃーしゅーめん)890円  おススメ度:96%

水曜限定で燕三条系らーめんをやってました。らーめん690円味玉730円ちゃーしゅーめん890円煮干しみそ野菜らーめん890円。頼んだちゃーしゅーめん(燕三条系)は、バラ海苔・穂先メンマ・ちゃーしゅー約6枚・刻み玉ねぎ、やや固茹での四角い断面の太麺、煮干しガツン!の濃~い醤油に背脂チャッチャ!しょっぱウマい!!煮干し濃度は酒麺亭潤並み、酸味もいい感じ、背脂でマイルドにはなっているが、麺をすするには最高のスープの出来ですが、しょっぱくてスープは飲み干せません(笑)。中田さんの手にかかれば何でも再現できてしまう。昼15:00までの営業もうれしい!

(2015.4.2)食べた品:ラーメン690円+ネギ増し50円  おススメ度:94%

久しぶりに水曜以外に来ました。ラーメンは富山ブラック系、背脂ブラックも人気のようですが、私はキリッとした醤油感が好きなので、背脂はコレにはいらない派。オープン当初は富山ブラックで例えると「大喜」系のしょっぱさでしたが、最近は「いろは」系のややマイルドになり、新潟人でも食べやすいベースとなりました。もちろん大喜系食べたい人は味濃いめと注文できるからイイですね!チャーシューも2枚ついてるし、シャキシャキネギもたっぷりでした。

(20115.1.7)食べた品:水曜限定・ビリー2、950円  おススメ度:97%

お馴染み水曜特別メニュー!今回は豚骨スープが基本でした。前回の水曜は鶏白湯ベースで、ビリーを頂き、感動したので、豚骨ベースのビリー2を頂く、海苔2枚・ナルト・味玉半分が2個・味付けメンマ・チャーシュー2塊・青葱・刻み玉ねぎ・キクラゲ・シャキシャキもやし・挽肉・ナッツ類・ニンニク味噌・マー油に辣油、焦がし大蒜?、喜多方系縮れ麺、豚骨ベースに辛味味噌スープ。中田さんらしく結構濃い味付け、値段はナカナカだが、食感含めて多種多様な食材のハーモニー!豪華さ!950円払っても満足ですね!個人的には豚骨より鶏ベースが好きなので鶏白湯のビリーの方が好きですけど。

食べた品:FRESH SALT1号 670円<限定20食>  おススメ度:92% (安さコスパ98%)

限定20食のFRESH SALT1号を狙って行きました。12時45分着でもOKでした(ここに来る人は水曜以外はブラック狙いですかねー)ネギ・水菜・穂先メンマ・柚子皮多数・大き目バラ肉チャーシュー1枚、加水率やや低めの軽いウェーブかかった細麺、鶏油・煮干しエキスたっぷりの抽出油と煮干し粉、トッピングの柚子がかなり効いた塩ベースのスープ。塩分は中田さんらしくやや高め、柚子皮が多すぎて香りより皮の苦味が玉に瑕。柚子皮は全部食べずに香りを楽しむ程度にする事がおススメ。670円でこのクオリティー高いラーメンを食せる事が幸せ。

(2014.9.17)食べた品:水曜限定メニュー、ビリー(辛)890円+ねぎ(クーポンで無料) おススメ度:99%

今回の水曜限定メニュー:鶏塩白湯690円鶏塩白湯チャーシュー890円鶏塩坦々790円鶏塩つけめん740円ビリー(辛)890円のうち、ビリーを選択、味玉半分・チャーシュー2枚・ネギ・生キクラゲ3個・プリーツレタス・もやし・白髪ネギ・味付け挽肉・ナッツ類・角の無い長方形断面のやや太麺、鶏白湯ベースに辛味噌・辣油・マー油・チー油(鶏油)、山椒少々、中田製作所らしくやや塩分高め味付け濃厚!これは美味い!体調がこの味濃いめを求めていたのとビンゴすると同時にこれらの食材の食感の競演が素晴らしかったです。水曜限定でなく定番にしてくれないかなー?最近定番の日より水曜限定メニューを求めて水曜の方が混んでいる様な気がする。

(2014.6.25)食べた品:赤豚730円  おススメ度:97%

かなり常連の域にきてますが、今回はこの店の水曜限定ラーメン(定番メニューは無し)。前々回の白鶏は98%のおススメ度!今回の水曜限定メニューは、白豚690円黒豚710円赤豚730円冷やし塩たんめん790円替玉60円。赤豚は、小葱・白胡麻・キクラゲ・焦がし大蒜・もやし・辛挽肉、博多系白い小麦粉系固ゆでストレート細麺、白濁豚骨スープに辣油や赤唐辛子などの辛味が溶け出し美味い!味は中田製作所らしくややしょっぱめ!水曜日もひとつの楽しみです。

いつも食べる品:チャーシューめん890円+ネギ増し50円  おススメ度:93%

やはり個人的にはブラックは背脂でない方がキリッとして美味しいと思いました。苦味を取る為ドライ処理したシャキシャキネギも最高!らーめん690円味玉らーめん730円チャーシューめん890円<ここまでブラック醤油>背脂ブラック710円背脂ブラックチャーシュー910円塩らーめん670円塩チャーシュー870円味噌らーめん790円味噌チャーシュー990円つけめん740円海老つけめん790円大盛100円増し。

塩っぱいラーメンを欲した時はここ!体調がそうでないときに食べると厳しい。いつも思うのですが、それ以外のラーメン技術に関して素晴らしい中田さんが、故郷富山のブラックをメインにする事は、危険かつすごい事だと思います。まぁあの「大喜」から比べるとマイルドなのかもしれませんが・・・これを食べるとイタリア本場のミラノのパスタを思い出します。ミラノ在住の知人に観光客用でない、ミラノ人が集まるパスタ人気店を数店連れて行ってもらいましたが、とにかく間違っているのではないか?という程塩っぱかった!身体が求める時、麻薬的な塩分ですが、間違った時にチョイスすると失敗する不思議な共通点を感じます。知人に紹介して「あんなもん・・・・・・」と言われた事もありますが、ちゃんとわきまえて食べに行って頂きたいと思います。

(2012.12.26)食べた品:水曜限定メニュー:白鶏 おすすめ度:98% 今回で4回目の来店となります。2回目以降記事はアップしてませんでしたが、前回はチャーシューメン・ネギ増しを頼んで、変化にびっくりしました。当初は富山ブラックを強く再現しようとした醤油の濃さ(塩っぱさ)でしたが、普通の状態では、随分まろやかに、塩分も少し抑え気味でマイルドブラックとなり、新潟人に合わせてきた印象です。なお、原点を食べたい場合は、中田店主テンションマックスの頼み方(味濃い目・ネギ増し・ライス)で味濃い目でオーダーすれば良いのかと思います。今回は水曜限定メニューを視察(試食)!昼の部:黒鶏、白鶏、(夜の部は、夜鶏塩白濁、夜坦々麺となってます。鶏だしという事で、あえて昼の遅い(ダシが濃くなる)時間で、かつ鶏は本来弱めの上品なだしなので、当然しおの白鶏のオーダー!ほうれん草・チャーシュー3枚(醤油味だが、美味い!)斜めきりねぎ(シャキシャキねぎの使い方が上手い)小麦粉香るやや細ストレート麺、鶏だしに鶏香油、これは美味い!

閲覧(4895)

柿屋

場所:新潟市東区中野山5丁目18-21

今回食べた品:マーボーメン650円

おススメ度:92%

今回はいつもの「からしそば」や定食を封印して、人気もあるマーボーメンを初トライ!甘い・辛い・大蒜効いてる・挽肉多い(通常店の2~4倍?)ベースの味はほとんどからしそばに似ていた(笑)豆腐を入れるからマイルドになってこちらの方がより大蒜を感じる味になってます。しかし厨房2人の手際が凄い、たった3人で切り盛りしていてどんなに売り上げが増えても改装したりしないからこの値段がキープ出来るんだね。厨房の大蒜や韮その他の緑色した魔法のペーストが決め手だね!個人的にはやっぱりからしそば推しですね。

(2017.11.23)食べた品:からしそば650円 おススメ度:いつもと同じ(笑)

50円ずつ値上げしてました。でも安い!人気のマーボーメンか豚肉・ピーマンの細切りい搾菜のあんかけがのったザーサイそばか迷いましたが結局からしそば(笑)例え翌日刺激で?お腹が痛くなろうとも時々妙に食べたくなる麻薬ラーメン。

(2016.12.23)食べた品:からしそば 五目炒飯 おススメ度:95% <コスパ・個人的おススメ150%(笑)>

あー挽肉たっぷり甘くて辛いのからしそば!麻婆麺や担々麺もいいけど、この辛子そばは唯一無二だな。炒飯もパラパラではないもののナカナカでした。食べきれずにパック代20円にてお持ち帰り。安くて旨いの模範的なお店。

(2015.9.21)食べた品:からしそば おススメ度:95%

こちらも中毒性のある麺。余計なものにお金をかけない、安くて早くて旨くてボリューム満点!オタマ一杯のたっぷり豚挽肉・ニンニク・搾菜・唐辛子・辣油・ケチャップ・砂糖・中華調味料と決して高価な材料じゃないけど、酸味・辛味・甘味そしてニンニクと不味いわけがない。大衆中華食堂の見本の様なお店。平日はランチ定食、今日は炒飯(旨い!)麻婆飯・麻婆麺・からしそばが人気でした。

(2014.11.6)食べた品:少子湯麺(通称からしそば)挽肉辛しそば  おススメ度:95%

火曜・水曜定休、11:00~14:30昼のみの営業。「少子湯麺」と書いて挽肉辛しそば、通称「からしそば」は私の定番、ネギ・メンマ・豚肉の挽肉を生姜・大蒜・ネギ油・辛子・味噌・砂糖などと独特の中華味(豆板醤・甜麺醤・ケチャップ??)など軽いあんかけでまとめた甘くて辛い旨みたっぷりの具!ベースは醤油スープで麺は極々普通の太さの中華縮れ麺、だが麺も挽肉の量もボリュームたっぷり!汗をかきます!無化調・繊細・上品な中華そばの真逆に位置する調理中華麺だがこれはこれで非常に旨い!!

(2010.9.13)食べた品:からしそば おすすめ度:97%  コストパフォーマンス最高!!こちらもマニアな店をよく知るS君に紹介を受けていた店。外見は知らない人は入らないだろうけっして綺麗とは言い難い雰囲気。2時近くでガラガラだと思いきや大盛況!!カウンター8席、テーブル2、こあがり3テーブル。今週の定食が3‐4種類あって、ほとんどの人がそれを頼んでいる(今週は生姜肉野菜炒め・茄子辛子炒め・鶏肉と野菜うま煮・麻婆豆腐)どれもこれもどんぶりいっぱいのご飯と漬物、ボリュームたっぷりのおかずでこれは満足できそうでした。またあんかけ焼きそばを頼んでいる人も多かった。ラーメン紀行なのでラーメンのオーダーをしたが、定食に魅力があり、おススメと言われた「からしそば」なるものが来るまでは後悔してました。からしそばは、邪道系ラーメンのなかでは5本の指に入るのではないかというヒットでした。安くて旨い!コストパフォーマンスは最高!ねぎ、メンマ、そしてニンニク豚ひき肉、辛子を少しあんかけで甘く辛い味噌のトッピング。細い麺に中華スープだが、ボリュームたっぷりの肉味噌がスープに混ざり絶妙!チョッピリ辛くて甘くて美味しい私には新ラーメンでした。

閲覧(4673)

成龍

場所:加茂市柳町2-4-20

今回食べた品:チャーシューメン950円+玉ねぎ50円

おススメ度:97%

値上がりしてました。やっぱりここは好きですね!日曜は行列だから昼の閉店前に行ったのに8人待ちでした。

(2017.8.20)食べた品:チャーシューメン900円+玉ねぎ50円 おススメ度:99%

成龍は杭州飯店出身ながら師を超えた域ですね(オープン当初は麺の茹で加減やスープのブレが玉に瑕でしたが)私にとって燕三条系背油醤油中華そばの中で3本の指に入ります。杭州飯店の歴史・伝統そして未だ続ける多彩なメニューに対して、中華そば1本でチャーシュー・メンマそして餃子のみで、単品ブラッシュアップしたといった中華そばです。神田のメタル丼に成龍の刻印もすっかりお馴染みになりました。

(2015.12.17)食べた品:チャーシューメン+玉ねぎ50円 おススメ度:98%

たまに妙に食べたくなる燕系背油醤油中華そば!いりこ生産日本一の長崎の九十九島(小佐々町)のウルメ煮干しがガッツリ効いてます。しょっぱめ・濃い味ですが、燕三系を食べたいと思う人はこれを期待しているのだから、オープン当時のバランスより今の方が旨いと感じます。毎日は無理だけど(笑)

(2015.5.5)食べた品:ネギチャーシューメン(油入り)  おススメ度:97%

昨年4月の消費増税後の値上げはなかったのですが、今回わずかに値上げあり。疑問は隣に並んだ常連の人が教えてくれた、ネギ中華は胡麻油で刻んだチャーシューと長ネギを和えたものの山、長ネギはシンプルに長ネギの追加。シャキシャキの長ネギ好きなら追加オーダーですね!個人的には背脂醤油には玉ねぎのみじん切り派ですが・・・今回は麺の茹で加減(やや芯を残す硬め)スープの濃さ(ややしょっぱい位)もこの極太自家製麺にはビンゴでした。値上がりも美味しさアップならウェルカムです。

(2014.12.31)食べた品:チャーシューメン+玉ねぎ増し  おススメ度:97%

(2014.9.3)食べた品:チャーシューメン+玉ねぎ おススメ度:96%

加茂は選択肢が多すぎていつも悩むのですが、久しぶりにここ!増税後も値上げ無しでした。以前と変わった事がいくつかありました。先ずはどんぶりがメタル丼になって熱々で最後まで食べられる事。普通盛は円錐型、大盛はボウル型です。またスープのカエシが濃くなった事、せつない醤油味で酸味と醤油感がイイ!マイルド杭州飯店からマイルドが消えました。麺は本家よりいい意味で上品、細いですが、前回までの白っぽさが少なくなり、全粒粉率が高くなりました。やはりやや緩めの茹で加減が玉に瑕でしたが。好みとして美味しさアップしてました。

(2013.7.3)食べた品:中華そば+玉ねぎ50円 おススメ度:95%  (2012.8)食べた品:チャーシューメン+玉ねぎ増し50円 おすすめ度:97%

定休日火曜、11時‐15時、17時‐20時半。カウンター6席、小上がり4テーブル。コンパクトでシンプルな内装。店内には燕の杭州飯店からの額縁やメンバーの写真が飾られている。どちらかというとひっそりオープンし、オープン間もない事より各種取材拒否、杭州飯店出身の店主という事から早くも行列店になっている。頼んだチャーシューメン(玉ねぎ増し)は、黒っぽいメンマ・玉ねぎみじん切り・肩ロースの赤身の噛み応えあるチャーシュー、背油が白く全面を覆う黒いスープ、スープは酸味と甘みのバランスのとれた煮干し醤油スープ、平ザルに泳がせる茹で方までは、まさに杭州飯店。違いといえば、先ずそこに比べて白っぽい麺かつ不揃いでない事。スープはそこよりやや塩分控え目感がある事、玉ねぎのみじん切りが細かい事の3点です。ちょっと残念だったのは、平ザルであるがゆえの弱点、4人前ずつ調理の最後に麺あげだった私のラーメンは麺がかなりゆるめでした。今度は麺硬めで頼んでみようっと!若干の違いはあるものの加茂でこれが食べられるのはよい。しかし加茂はイチオシの「福楽」や「雷電」「大国」など人口密度に対してレベルの高い店が多い。加茂の人は食道楽も多いようだ!

閲覧(3911)

じるば

場所:胎内市東本町5−9

今回食べた品:焼き煮干し醤油(大盛味玉付)800円+豚肉増し(3枚)200円

おススメ度:97%

大好きなお店のひとつです。和だししょうゆとごまみそが定番から消え、基本は焼き煮干し醤油と鶏しおの2本柱に。定番が減った分日替わり2種で勝負してます。私はいつもの?焼き煮干し醤油!唯一無二なラーメンですね!煮干しをたっぷり使っていると思われますが、まったく煮干し煮干ししていない!が奥深さを感じる、トロトロスープなのに抜け感が超無化調!ただ並盛でも充分だった事また忘れてましたし、豚肉増しはプラス3枚でこちらも厚めの高級生ハム的なお肉だった事も忘れてました。もー満腹過ぎ!!年齢を考えろ!!普通こういうお店だと関東では物足りなさで印象に残し、また食べたいと思わせて行列店化させるという手法だが、こちらでは全く満腹にさせてくれる。行く前に自分のブログもしっかりチェックしよっと!食材含めて本当にまじめにきっちりとお仕事されている事が伝わってきます。

(2017.5.28)食べた品:鶏しお(大盛)750円+豚肉増し200円

今回初注文の鶏しお、汗を流してガッツリいきたかったのですが、鶏はしっかりのスープですが正直今までと違って物足りなさを感じてしまった。じるばは普通盛でも麺の量が180gもあるの忘れていて大盛(270g)頼んじゃって、この淡麗上品な鶏しおの大盛は普通盛で十分でした。肉は美味しいし、スープも単独で飲むとそれはそれは素晴らしいスープです。細麺ですが大量の麺と合わさるとって考えるとバランス大事です。やっぱ焼き煮干しか和だししょうゆかな?この店主が作ったその他創作系も食べたくて仕方ないです。

(2017.5.2)食べた品:焼き煮干し醤油700円+豚肉増し200円 たんれいしお600円(本日の日替わり)+焼きねぎ20円

この一ヶ月の間に食券機に変わってました。日替わりのたんれいしおもあっさりながら魚介風味がしっかりとしたまさに淡麗!!焼き煮干し醤油も相変わらずの美味しさ。どちらもこの価格でスープに原価かかってるし、麺の量も多いし、味玉がまるまる1個入ってます。

(2017.4.9)食べた品:焼き煮干し醤油(大)800円

マイブームは「じるば」と「市松」。前回美味しかった焼き煮干し醤油を大盛で頼んでみたが、270gもある麺の量で、並の180gで良かったな!と、、、美味しさって丁度いいからチョイ足りない位が一番いい印象に残りますよね!市松とは全く別物の煮干しスープだが、どちらも美味しい!!

(2017.3.19)食べた品:鶏しょうゆそば650円 おススメ度:97% (コスパ200%!)

ホントに気に入ったので先週に続き来ましたが、なんと写真撮ったつもりが保存されてなかった。鶏しょうゆそばは、カイワレ・味玉まるごと1個・斜めカット葱・焼き葱・穂先メンマ2本・ハーブ香る鶏ササミチャーシュー1枚・豚チャーシュー1枚、ツルツル食感のストレート中細麺、鶏出汁のしっかり出た鶏白湯+醤油で茶濁色の美味しいスープ。塩分控えめで個人的にはもっと醤油のキレや塩分あった方がなおイイが、丁寧かつ選抜されたトッピング含めてこれで650円は安すぎます。店主もギリギリですとおっしゃられてたけど、個人的には980円払う価値はあるな!今度は鶏しお?いやいややっぱり焼き煮干し醤油だな!いつかここのあさりと鴨のしょうゆそばや鯛そばなども食べてみたい。

(2017.3.12)食べた品:焼き煮干し醤油(並)700円+豚肉増し(3枚)100円 連食:深煎りごまみそ(並)700円  おススメ度:焼き煮干し100%!! みそ95%

出たー!これは美味い!!焼き煮干し醤油!月曜定休(祝日の場合翌日)11:00~15:00。オープンして間もない2012年に行ったきり5年ぶり2回目の来店。5年でこんなに美味しくなってるなんて!!メニューも変わっていて基本は4つ。鶏しょうゆそば・鶏しおそば(並180g)650円(大盛270g)750円(小盛100g)400円。焼き煮干し醤油・深煎りごまみそ(並180g)700円(大盛270g)800円。並で180gとかなりの量だし、子供用に小盛まであるから日曜は子供連れでいっぱい。豚肉増し(3枚)100円・鶏肉増し(3枚)100円、トッピングは穂先メンマ20円味玉50円ねぎ・焼きねぎ20円油揚げ20円コーン20円バター20円と安い!焼き煮干し醤油は半熟玉子1個・穂先メンマ2本・ねぎ・刻み玉ねぎ(これが合う!)カイワレ・端切れチャーシュー数個・追加した低温処理ももチャーシュー3枚、低加水ストレート中太麺、煮干し香る茶白濁した醤油スープ、これは美味い!あまりに美味しかったので未食の深煎りごまみそ(並)を追加注文!カイワレ・細切り斜めカットのネギ・キャベツ・もやし・玉ねぎ・挽肉、バターのいい香り、やや縮れ中太麺、煎った白味噌ベースの優しいが塩気のある味わい深い味噌スープ。この5年間で素晴らしいメニュー開発・挑戦をしてきたことが以下の写真でよくわかります。ご夫婦の人柄も素晴らしいし作り手によってラーメンって変わります。鶏しょうゆ・鶏しおも食べてみたいし、この方が作った他の創作メニューも食べてみたい。もう大ファンになりました。

(2012.10.21)食べた品:①中華そば並(細麺)  ②特製しおそば(中太麺) おすすめ度:①89%  ②91% ナビがあっても近くまでしか行けない場所、近くに行ったら電柱に宣伝があってやっとでたどり着けました。カウンター3席・テーブル2・小上がりちゃぶ台2.メニューは中華そば(細麺)煮干し風味醤油味と特製中華そば(中太麺)鰹風味の甘醤油味、しおそば(細麺)あっさりしお味、特製しおそば(中太麺)削り節風味の白濁スープの基本4種類。優しそうなご夫婦でやっており、レンゲも箸も2種類の中から選ぶ。中華そば並+肉増しは、メンマ・白髪ネギ・海苔・味玉丸ごと1個、チャーシュー3枚(肉増し)極細ストレート歯応えのある小麦粉系麺、スープは煮干しはあまり前面に出てないが、甘みある優しい醤油スープ。途中から入れる胡椒が合う、スープも飲み干し系だし、ペロリと食べてしまった。特製しおそば、メンマ・刻み青ネギ・半熟玉子半分・鶏チャーシュー4枚、中太麺とあるが、一般的にはやや細麺で少し縮れている。鶏でとった白濁スープには、鰹やサバなどの削り節も効いたスープだが、やや塩味が強い、でも美味しかった。しおそばというより、鶏白湯スープといったラーメン。

閲覧(1307)

いち井

場所:長岡市曙1‐1‐5

今回食べた品:塩850円+岩海苔100円

おススメ度:96%

新潟(長岡)が誇る行列店。店主の怪我でしばらく休んでいたが再開。醤油はしばらく不定期の提供。井口店主は不在でしたが・・・白髪葱・木耳・桜海老・水菜・メンマ・国産肩ロースチャーシュー2枚(アレッ?国産だけどあまり美味しいと思えない)がトッピング、追加した岩海苔も昨今のバラ海苔と違い本物の愛知県瀬戸内産の香り高い岩海苔でした、麺はツルツルの多加水中麺、佐渡産焼あご・魚介出汁に豚骨白湯を合わせた塩スープ。麺は普通盛で150gと少な目(大盛は225g)スープは年々少なくなっている気がする、つまりどんどんカエシに対してのスープが減り味が濃く塩っぱ目になって来ている。桜海老が時々顔を出し香り高い岩海苔とスープは絶品ですけどね。最近では他に行列店も増えてますが「春紀」「あごすけ」と並んで新潟3大行列店のひとつですね。

(2015.4.8)食べた品:あさり塩バター950円<春期限定> おススメ度:96%

5日前におじゃましたばかりですが、行列回避の為13:30店着、売切れだったので限定のこちらを食べ損ねたのでリベンジ!銀座で食べた「むぎとオリーブ」の蛤そばが忘れられなくて同じ貝ベースのこちらもトライしないわけにはいかない!と思い再来店。注文すると先ずは貝を出す小皿が届く、あさりのバター炒めが12個・三重産のアオサ海苔・千切り葱・メンマ、ストレートに近いやや細麺、スープは貝から出た出汁を活かす為に塩ラーメンのそれよりサラッとしているが逆に唐辛子カットが目立ちかなりピリ辛仕上げとなっている。辛さと塩っ辛さで後から喉がギンギンする。結果として大変美味いが浅利と蛤の持つパワーの違いはあれど、むぎとオリーブの蛤そばの貝出汁の活かし方(和 x イタリアンの滋味深い味)とどうしても比べてしまう。そして相変わらず大盛でないと満腹感はほぼない。

(2015.4.3)食べた品:塩ラーメン850円+岩のり100円  おススメ度:105%

ここはやっぱり塩ですね!岩のりも塩にあいます。水菜・コリコリキクラゲ・メンマ・ねぎ・小さめだけど絶品チャーシュー3枚、中麺、飛魚中心の豚骨ベースのまさにエキスを絞り出した絶品スープ、ややしおっぱめ!そして輪切り唐辛子でピリッと味を締めている。やはり麺の量が少ないのと若干しょっぱめなのがなければおススメ度120%ですね!

(2014.10.21)食べた品:醤油大盛+チャーシュー  おススメ度:96%

久しぶりの来店、内装も移動して、カウンター7席・テーブル3に変わってました。白髪ネギ・柚子片・水菜・美味しい海苔1枚・メンマ・小さめのモモチャーシュー7~8枚、固めに茹でられた多加水縮れ麺、黄土色の深い絶品醤油スープ、焼きアジベースの鰹サバ節など天然の魚介出汁。甘みもあり濃い魚介出汁に満足!でも焼き飛魚ダシの塩の方がいち井らしさがわかるかも!?でも大盛で普通の感じの麺の量なんで、凄く美味いけど、他店に比べてコスパ的に疑問は残る人多いかも!?

(2010.1.16)食べた品:塩らーめん おすすめ度:100%

移転されてから初めての来店。何度かトライしようとしましたが、行列で断念が多いお店。小さめの上品な和風どんぶりに水菜、キクラゲ、メンマ、桜海老、チャーシュー1枚、輪切り唐辛子など、固ゆで普通の太さの麺、スープは豚骨ベースに焼きアゴなど白くて濃厚、ダシに相当量の海産物を使用している。前の記事場所:長岡市平島 JR宮内駅近く おすすめ:しょうゆラーメン おすすめ度:100%  焼きアジや焼きあご出汁が効いた甘みのあるスープが絶品!混みすぎて最近場所を移ったそうです。

閲覧(890)

たいち

場所:長岡市堺東町50

今回食べた品:正油チャーシュー800円+しらがネギ150円

おススメ度:95%

風邪気味で生姜醤油だ!と思い、個人NO1生姜醤油らーめん!ほうれん草・葱・極太メンマ2本、切り落としチャーシュー多数、追加の白髪葱、中太縮れ麺、なんせスープが旨い!僅かながら化調入りだが醤油が美味しい!新潟県産大豆・小麦100%の新潟県産醤油の様だ。キレッキレの生姜醤油スープは群を抜いている。旨し!!

(2017.2.)食べた品:正油チャーシュー800円 おススメ度:95%

無休、11:00~21:00。ドーム型の店舗から新築移転。カウンター10席・3テーブル。三角型の待合室が出来た事、厨房は大きくなったが客席のキャパは変えていない、流石わかっておられる。正油650円塩700円味噌700円、基本(並)で175gの麺の量。150円増しでチャーシュー、大盛100円(250g)、特盛200円(350g)増し。何人か分をまとめて平ザルの麺あげ、チャーシューは包丁で手切り。久しぶりの正油チャーシューは小さな海苔1枚・ほうれん草・ネギ・極太美味しいメンマ2本・切り落としチャーシュー多数(腕肉・モモ・肩・バラ)色んな部位で楽しめる、中太縮れ麺、バランスの良い生姜醤油スープ。並で175gの麺の量にどんぶり一杯のチャーシューだからお腹いっぱいになります。途中から相性もバッチリ!もともと生姜醤油ラーメンは好まないが「いちまる」「たいち」「青島食堂」は好き。

(2015.7.3)食べた品:800円 おススメ度:93%

正直なところ、生姜醤油ラーメンはたまに食べたくなる程度で、それほど好きではないが、その中で好きな青島食堂とたいち、何回か来店はしているが、記事を見たら2010年ともう5年前の記事で写真もない!という事で久しぶりの更新。

(2010.1.14)食べた品:醤油チャーシューメン750円+大盛50円  おすすめ度:93%

話題のドームハウス(500万円から?!)での出店、店主が佐藤太一さんで「たいち」食券制、それぞれ塩・味噌もあり、それぞれ大盛、特盛あり。ドームの半分が厨房、半分で客席なのでやや狭い感はあるが、初期投資は少ないに限るし、行列になる程よい大きさ。長岡生姜ラーメンを踏襲している。頼んだ醤油チャーシューメン大盛はびっくりする位でかいどんぶりに、ねぎ、メンマ、ほうれん草、海苔、肩・ももチャーシューの削ぎ切りがタップリ!!濃い醤油味で旨い!泡のたった麺(やや柔らかめ)を濃い色の醤油スープに入れる。どんぶりを温め、醤油ダレ、豚骨ベースのスープが約3分の2、昆布や魚介、生姜のスープが3分の1入れたダブルスープ。少々塩っぱめだが、これも私の大好きな味。50円プラスで倍位あるどんぶりに変わる。青島、ヒグマもいいが、冬の新潟(長岡)にはこの生姜醤油チャーシューメンが代表格と言える。

閲覧(1613)

やすどん

場所:三条市月岡1‐26‐33 (スーパーマルイ三条月岡店近く)

今回食べた品:チャーシューメン900円+玉ねぎ50円

おススメ度:93%

久々の来店。値上がりしてましたのでメニューの写真添付。過去の記事見て納得!注文してから思い出す(笑)スープ麺ともに旨いのですが、チャーシューからは苦手な匂い味が・・・・国産にしてくれないかなぁ。今度は岩のり(ホントはバラ海苔)だな!ラーメンのビジュアルも店構えもなんとも・・・ですが旨い!には関係ないですね!燕三条背油ラーメンの中ではあまり目立ってませんが好きなお店だし、地元の人で大人気のお店です。

(2015.3.5)食べた品:チャーシューメン850円+玉ねぎ50円 おススメ度:96%

久しぶりにおじゃま!あらためて食べるとチャーシューはバラ肉なんだけどちょっと筋張っているかな?でもスープに適度な酸味、熟成味があり背脂醤油ラーメンとして好きなお店です。

(2011.3.6)食べた品:チャーシューメン850円+玉ねぎ増し50円 おすすめ度:96%

久しぶりに行ったがやっぱり旨い!悪くいうと下品な中華そばなのだが、止められませんね!食べた品:チャーシューメン おすすめ度:96% 4回目の来店。今回はいつもの岩のりラーメンでなく、チャーシューメンを注文。ワカメ、ナルト、メンマ(歯ごたえのあってウマい)、玉ねぎみじん切り、バラ肉チャーシュー4枚(多少厚め)チャーシューは特筆する事はありません。麺は前も書きましたが、美味しいですが、いつもやや軟らかめなんですね!スープは相変わらずいい味で、ちょっと化調を感じますが、醤油を活かした、煮干し背脂燕三条系の素晴らしいスープです。ここはやっぱり名物の岩のりラーメンがお勧めですね!

食べた品:岩のりラーメン  おすすめ度:97% 

入口はスーパー渡辺という超ローカルなお店の隣り、入口には、大きく大油・中油と書いてあり、燕三条系とすぐ理解できました。カウンター6席に、小上がり6人用テーブル2席、テーブル2席の小さな店。元男前風店主と奥様?もう一人の女性3人で大繁盛の店でした。チャーシューメンより岩のりラーメンが高い?!そして店主オススメと書いてあったので、岩のりラーメンを注文、黒っぽい仕入麺を茹で、どんぶりを並べ一気に5‐8人前を作ります。トッピングは固めのモモバラチャーシュー1枚、食感のいい黒っぽいメンマ、なると、たまねぎ、背脂、そして器いっぱいのバラのり!まずはスープ!うまーい!私の大好きな味!醤油の旨みを煮干しで高めたストレート球(多少化調を感じるが旨けりゃいい!)麺はストレートの中太麺、ただ茹ですぎだったのが残念!いつもは違うんだろうなー?!チャーシューは今いちだが、バラのりは、背脂の旨みを残し、油っぽさをなくし、スープと麺と全てのバランスを最高にしてくれる。けっして上品なラーメンではないが、スープの旨みは「杭州飯店」と並び、そして燕三条系では麺があの手打ち系太さバラバラ麺でなく、仕入麺ながら黒っぽいクセのない中太ストレート麺(万人受けしそう)このラーメンにハマッいる人多いだろうな!

閲覧(1452)

和玄

場所:新発田市城北町2-346-1

今回食べた品:みそらーめん750円(太麺で)

おススメ度:91%

第1.3.5木曜定休、11:00~21:00。カウンター8席・小上がり約4~5テーブル。わぁ~前回来たのが2005年だから13年ぶりってビックリ!味噌がウリという事でみそらーめんを、鍋に味噌を少しずつ味を確かめながら作っていきます。もやしキャベツを入れてスープは完成。麺は通常細麺ですが、太麺に変更可能という事で太麺で注文。白胡麻・分葱・ねぎ・メンマ・薄切りチャーシュー約4~5枚、太麺は黄色っぽい縮れたやや太麺。もやし・キャベツの入った味噌スープ。味噌スープが特徴的で4種の味噌ブレンドらしいが白味噌が主で田舎風味噌のいい香りと甘くて塩っぱくていい感じ。チャーシュー味噌でないのにチャーシュー4・5枚は嬉しいがチャーシューからは私の苦手なアノ匂いと味が・・・味噌スープはドロッとしたタイプではないが甘くて濃い味、こりゃクセになるスープで人気なのも頷ける。

(2005.11.11)食べた品:ねぎちゃーしゅーめん おすすめ度:85%

なんともいえない豚のいい香りがする店である。但し、チャーシューとねぎがのった時点でちょっと冷めた感があるのがたまにきず!スープは万人家によく似た味でどこか懐かしい味でした。

閲覧(294)

らーめん工房まるしん

場所:新潟市江南区亀田早通5‐1‐2

今回も食べた品:マーボ麺850円(山椒多め)

おススメ度:96%

約一年ぶりでしたが、値上がりしてました。挽肉の多さ・木耳の食感の良さ・餡の旨さ、テーブルにある紅生姜や大蒜味噌とのマッチング!まるしんのマーボ麺はふと食べたくなりますよね!

(2017.3.25)食べた品:マーボ麺(山椒多め) おススメ度:96%

山椒多めで汗が後から噴き出してくる!ねぎ・キクラゲの食感もいい。テーブルに用意された紅生姜や味変用の大蒜味噌も素晴らしくこのマーボ麺に合う。

(2015.10.18)食べた品:マーボ麺(山椒多めのオーダーで) おススメ度:96%

今では平日でも行列の出来る店となった。日曜14:30でも6人待ち。つけめん、らーめん、マーボ麺、担々麺、みそらーめん、たんめんなど。ここのマーボ麺は旨い!!マーボー麺や麻婆麺でなく、「マーボ麺」という表記にも他店とは違うよ感が出ている。通常ラーメンスープ8:麻婆豆腐2という比率に対して、餡が多いながら麻婆豆腐8:ラーメンスープ2という逆の比率で、麻婆の餡と挽肉で食べる調理麺という感じで、テーブルにある紅生姜を加えると食感と生姜の味がこの麻婆豆腐と絶妙に合う。

(2014.12.6)食べた品:マーボ麺(大) タンメン  おススメ度:96%

まるしんのマーボ麺は他の麻婆麺とは一味違うし、万人受け間違いない代物。タンメンも野菜タップリでイケますね!まあ語らずも超人気店であり続けてます。

(2014.2.14)食べた品:マーボ麺 おススメ度:95%

(2011.4.17)食べた品:マーボ麺 おすすめ度:97% (辛いもの苦手な方を除く)万人受け度99%

カウンター15席、テーブル5.前回の記事を見ると2006年6月になっている、それからも行っているはずだが、同じもの頼んで同じ感想だから更新していなかった。寺尾店はいつのまにか閉店してしまったが、こちらは絶好調!近年また人気が上がってきているようだ。そのひとつの要因がマーボ麺。最近行った「龍馬軒」との比較も面白いと思い選択。あくまで邪道系だが、これはこれで面白い分野でもある。テーブルには、胡椒・七味・酢・ラー油・紅しょうが・ニンニクなんばん・つけめん食後用割スープがあり、個人の好みに応じた調整ができるようになっている。最近ではつけめんよりもこのマーボ麺や汁なしマーボを選んでいる人が目立つ。麻婆豆腐が溶け込んだラーメンなのだが、ねぎ、きくらげ、白胡麻、中国山椒が加えられ、細めのストレート麺に絡んでくる。甘みが強く、唐辛子というより中国山椒のたった辛味が後から追いかけてくるが豆腐がそれを和らげてくれる。若干のニンニクと中華スープをたっぷりトロミの片栗粉あんかけで閉じ込めた感じ。結構な挽肉も使われていてコストパフォーマンスも受けている要因だろう、完食するとかなり腹いっぱいになれる。甘みや中華スープ出汁を閉じ込めたあんかけが「三宝亭の五目うま煮ラーメン」に通ずるものがある(どちらもウケてます)。この麻婆豆腐はいわゆる日本式麻婆で、本格中華好き(この場合、四川麻婆や台湾麻婆好き)からすると違うと言われるかもしれないが、万人受けするのはこちらに軍配といったところ。量販商品で例えるなら「丸美屋」の麻婆豆腐がベースにある。ハウスのクックドゥーもエスビーもこの麻婆豆腐だけに関して丸美屋」にナンバー1の座を譲っている。つまり日本式麻婆豆腐は丸美屋がベースなのだ!そのベースに近い味に挽肉や中国山椒をガツン!と効かせれば万人受けする。「龍馬軒」は台湾麻婆豆腐をベースにしてマニア?を喜ばせる店、といった違いだ。このマーボ麺は多くの人に勧める事ができる。個人的には四川麻婆好みだが、どちらも美味いと言える。

閲覧(3788)