らーめんペコペコ

場所:燕市吉田大保町29‐52

今回食べた品:白みそらーめん860円(創業祭で50円引き810円でした)

おススメ度:90%

火曜定休、11:30~14:00.17:30~0:00。久しぶりに寄りました。メニュー更新、しょうゆ700円しお700円赤みそ860円白みそ860円白みそキムチ960円スタミナ1050円マーボー900円坦々メン800円冷やしつけメン750円白湯800円など、メガ盛やカレー・どんぶりもあり夜はお酒類も提供。平日ランチでアイスコーヒー付き。白みそらーめんは、炒めた野菜(挽肉・人参・キャベツ・もやし・ニラ)と味噌を中華鍋で合わせスープを作る。ネギトッピングして出来上がり。麺は意外と硬茹での縮れ麺。ボソッと切れたのであまり好みではなかった。胡麻油と白味噌ベースのスープはサラリとした優しいスープで結構好きです。味見をしながらの味噌追加だが前回(2012)はちとしおっぱめ!今回はちと薄めでした。個人の体調もあるがこれがある意味個人店のいいところでもあります。野菜もタップリだし白味噌ベースのサラリタイプのこの白みそラーメンは特に女性におススメします。

(2012.3.4)食べた品:白みそらーめん おススメ度:94%

カウンター4席、小上がり7テーブル。白みそらーめんは、ねぎが最後にトッピングされるが、豚肉・人参・キャベツ・もやし・ニラの野菜を中華鍋でラードとゴマ油で炒めてそこでスープを作る札幌風、麺も札幌系の太麺。調理はあくまで一人でやっている。やはり白みそを頼む人が多く、前の客は一人前で作られていたが、私が最初だったが、4人分の白みそらーめんを一気にひとつの鍋で作った。何度も味見していたが、結構最後はアバウトな味噌加減!ちょっと塩っぱかった。若干化調ありのやや塩っぱめで甘い白味噌スープ野菜タップリ!は新潟ではウケそうな味噌ラーメン、地元の大人気店。美味しかったです。

閲覧(203)

中華料理おがわ

場所:長岡市東坂之上2-2-3

食べた品:中国そば650円 ギョーザ450円

おススメ度:88% (ギョーザ94%)

月曜定休、11:00~翌日3:00。テーブル6・小上がり4テーブル。やっちまった!ある会で焼肉&ガッツリ飲んだ後、ホテルに帰る途中フラフラと寄ってしまいました。レトロ感溢れる超老舗、店内には大蒜の香りが!深夜なのに作業着の人やサラリーマンが飲んだ後の〆でごった返してました。ここはレバニラ炒めが有名な様で店内にも告知ポスターが、餃子も直近のWEEKの餃子特集の巻頭に取り上げられ人気な様です。中国そば(中華そばではない)は、ワカメ・ゆで卵8分の1カット・ネギ・メンマ・肩チャーシュー2枚、やわやわな茹で加減の台形型縮れ中太麺、透明な超中華味なあっさり塩スープ。焼肉屋さんで出てくるラーメンの様だが、飲んだ後にはあっさりスッキリ中華塩そばで旨い!ただ残念だったのはたぶんタイミング忘れだろうが茹で過ぎ感のある麺でした。評判のギョーザを追加しましたが、これは小ぶりでジューシー・大蒜ガッツリでペロリと頂けました。長岡市民のソウルフードですね!

閲覧(137)

麺や福座(ふくぞ)<金沢市>

場所:石川県金沢市有松4-1-1

食べた品:福座ラーメン700円

おススメ度:93%

月曜定休、11:30~14:25.17:30~20:55(日曜昼同じで夜18:00~20:55)カウンターのみ約12席。あれっ??来た事ある?と思ってしまった、というのも店の作り雰囲気が「旭川 らぅめん青葉本店」にそっくり!!名物?おばちゃんが仕切る接客は老舗感。薄味で食感ある美味しいメンマ・ねぎ・一味唐辛子・やや厚切りチャーシュー2枚、低加水気味だがやや軟らかい食感のゆるいウェーブ中太麺、ドロッとした白濁豚骨ベースの濃い醤油味。口のまわりにネットリまとわりつく濃度でゲンコツや頭の香りが凄い!結構塩分高め!

閲覧(60)

中華蕎麦 御輿(三五四)<金沢市>

場所:石川県金沢市安江町3-11

食べた品:御輿中華蕎麦930円

おススメ度:95%

月曜定休、11:30~14:30.18:00~22:30(日祝は昼のみ)カウンター9席・テーブル5・小上がり掘りごたつ式2テーブル。太麺か細麺を聞かれる。御輿中華蕎麦は中華蕎麦のトッピング豪華版って感じワッショイワッショイの御輿かなぁ。味玉半分x2・炙りバラチャーシュー4枚・ネギ・メンマ・磯海苔・玉ねぎみじん切り、手もみ縮れ太麺、豚骨ベースで甘み強い鰹節強めの魚介スープ。炙りバラチャーシューに玉ねぎみじん切りこれらのトッピングは私好み!嫌いなわけがない。スープは濃い味で喉が後からちょっとキリキリするがインパクトあって旨い。よく例えると「とみ田」新潟だと「いっとうや」に似たスープ。ランチセットなどもある(豚めし+200円・白めしと唐揚げ3個+300円など)鶏塩そば880円なんてのもあって美味そう!御輿は取引先のT所長が金沢でイチオシ!という事で調べてみると食べログ評価はそれほどでもないが「金沢で一番!」と言い切ってる人がいるラーメン。繊細な関東系とは違うし、好みが分かれるかもだが旨かったです。

閲覧(48)

麺屋 一鶴<野々市市>

場所:石川県野々市市高橋町14-43 (金沢から車で約15分)

食べた品:えびさん豚骨ラーメン820円

おススメ度:91%

水曜定休、11:30~14:00.17:30~22:00。富山の有名店「一鶴」とは無関係。焼鳥屋やホルモン焼肉屋などを運営もしている。えびさん豚骨は三角形カット海苔1枚・キクラゲ・ねぎ・2種の干し海老・えび辛味噌・炙りチャーシュー1枚、麺が特徴的でプツプツ切れる低加水中太麺(悪い言い方だとボソボソ感じるかも?)豚骨ベースらしいが豚骨はあまり感じられないし、海老も流行の海老ガツン!では無いタイプ。あまり味わった事のない醤油スープの重ね味。個人的にあまり海老ってるラーメンは好みと違うので陰でいい仕事するえびさんはいいかも。メニューは多彩で豚骨や魚介新味、一鶴ラーメン、特製煮干しに味噌・油そばと興味をそそる。

閲覧(37)

麺屋 白鷺<金沢市>

場所:石川県金沢市安江町19-6

食べた品:香味そば(醤油)810円

おススメ度:97%

日曜定休、11:30~14:30.18:00~21:30。カウンター12席・4人掛けテーブル1。麺屋鶯(うぐいす)の2号店。メニューはほぼ同じ。香味そば(塩・醤油)810円・半熟味玉920円・特製1030円、塩鶏白湯魚介そば840円・半熟味玉塩鶏魚介950円・特製1060円。金沢のニューウェーブ関東系上品ラーメン!美味い!!どんぶりを茹でてしっかり温め、麺はテボ茹でぶら下げ湯切り、香味そば醤油は、海苔1枚・カイワレ・ネギ・甘い味付け穂先メンマ(茎の部位含めて3ピース、味付けだけがちょっと・・)厚切り低温処理肩ロースチャーシュー1枚・柚子片、ストレート中太麺、香味油浮く上品な天然出汁をひいた醤油スープ。今どきだけどしっかり濃いめの味。テーブルにはホワイト・ブラックミックスペッパーミルと辣油。美味しかったです。今度塩も食べてみたいし、塩鶏白湯魚介そばも間違いなく美味しそう!片町にある「鶯」も行ってみよ!

閲覧(38)

RA-MEN OGIKAWA 亀田店

場所:新潟市江南区亀田中島3-1-5

今回食べた品:塩豚骨950円

おススメ度:96%

いやー久しぶりに塩豚骨食べたけどうまかった~!ブラッシュアップされて一段と私好みになってました。海苔1枚・水菜・生キクラゲ・味玉半分・白髪葱・メンマ・小梅1個・美味しい炙りチャーシュー2枚・ニンニクチップ・マー油・レモンスライスが添えられている、ストレート細麺、甘みある白濁マイルド塩豚骨スープ。以前と比べてレタスが水菜に、チャーシューは炙られ、小梅プラス、ニンニクチップ(入れるか注文前に確認される)やマー油で味変、なにより前の塩豚骨には絡みにくいリングイネ形中太麺からストレート細麺がバランスいいし、しおっぱすぎるスープもビンゴに改善されている。ちとお値段は張るが美味しい一杯です。

(2016.8.1)食べた品:担々麺842円 おススメ度:92%

久しぶりに担々麺を頂きました。胡麻すりから始まるこの担々麺、酸味が効いて夏にもいいですが、まさにバンバンジーの味でそこに豚骨スープといったスープ、荒目にひいた挽肉が嬉しい。

(2015.8.10)食べた品:辛みそ(大盛)1,058円 つけ麺842円 豚骨みそ842円 豚骨らーめんランチセット(豚骨大盛+梅しらす丼)972円

おススメ度:辛みそ89% つけ麺93% 豚骨みそ92% 豚骨らーめん93%

昨日携帯がなかったのが悔しくて連日で家族を連れて再訪。これで全種類制覇ですね!個人的な好みからすると魚豚Wスープ>担々麺>つけめん>豚骨>豚骨みそ>辛みそでした。ピュアな豚骨らーめんは他にまだ美味しい所もあるし、ここは豚骨ベースにアレンジタイプの方が際立った技術を感じます。ちなみにつけ麺が一番魚介が強く、次に魚豚となってます。みそ・辛みそは濃厚で割スープが付きますが、なかなか塩っぱい!辛みそは辛味で折角の豚骨の旨味がわからなくなる感ありでした。麺の量は昔に比べて間違いなく増えました。まあ何を食べてもハズレ無しのお店に違いなしです。ただひとつひとつ寸胴から鍋でスープを作るので、待ち時間は覚悟が必要です。

前回(2015.8.9)食べた品:魚豚Wスープ+大盛=850円  おススメ度:96%

あるある話から、折角行ったのに携帯が無い!(写真が撮れない)車に戻ると運転席とボードの間に携帯発見!時すでに遅しでした。日曜(通し営業)16時は狙い目ですね!すぐ食べられました。とんこつもそうですが、鰹節ガツンも味わいたかったのでWスープに相変わらず美味しかったです。

前回(2015.7.24)食べた品:担々麺842円 おススメ度:95%

増税によりメニューの内税に会計時消費税がプラスされます。久しぶりに担々麺を!先ずは白胡麻が入ったミニすり鉢が届きます。青梗菜・白髪ネギ・味玉半分・肉味噌、美味しいやや太麺(麺の量若干増えた!?)、芝麻醤が効いた酸味と甘みのある豚骨ベースのおいしいスープ。辣油も入ってるけど、辛くありません。むしろ甘くて酸っぱい胡麻豚骨ラーメンといったところ。私がイメージする担々麺とはかけ離れていますが、これはこれで美味しい!担々麺にも色々ありますね!

前回(2015.3.24)食べた品:魚豚Wスープ+ドロ玉丼 おススメ度:95%

山木戸の「ラーメンオギカワピッグボーン」の2号店に続き、亀田本店も移転オープン!水曜定休・11:00~15:00.17:00~23:00、土日祝日は通し営業。すぐ近くに移転なので駐車場は同じ、カウンターL字に8席・I字に4席・小上がり3テーブル。店内装飾ワンピース好きは健在。メニューは移転前と同様。もともとの荻川にある寿司ダイニング荻川から応援ありだが、調理は一人なので結構提供までに時間がかかる、途中で待ってられなくなって帰る人もチラホラ。移転オープンだけど人気店なんで待ってた人多いので、オープン割引券出す必要ないし、オープンの週だけでもメニュー絞ればもっとスムーズなのに~と思ってしまう。通常だと麺は少ないので大盛にするか迷ったけど、ドロ玉丼を追加、これはチャーシュー端切れ味玉1個と海苔鰹節なので美味しいが、モグモグしい!<水分が足りなく滑らかでなく喉が詰まる様子(笑)>頼んだ魚豚Wスープは、美味しい海苔1枚・わずかなネギ・メンマ・ほうれん草・ホロリとしたチャーシュー2枚・味玉半分、角の無い平中太麺<2010年と変わったか?>スープは豚骨ベースだが、それを上回る魚介出汁ガツン!ドロッとした甘いやや鰹節粉感もあるが旨いスープ。甘い豚骨で麺少なめときてるので女性にはおそらくビンゴのお店。男性は大盛プラス100円が自然と要求される。

前回(2014.5.26)食べた品:塩豚骨+大盛+チャーシュー おススメ度:95%

何回か来ていて前回は坦々麺を食べて豚骨ベースと坦々は合うなぁという印象でした。食べログなどで1位を獲得しており、そうだったけー!?という意味もあり検証(食べログ自体はあまり信じないが・・・食べた塩豚骨ラーメン大盛チャーシュー増しは、レタス・生キクラゲ・白髪ネギ・ピンク色のゆで卵半分・チャーシュー2枚+4枚・どんぶりにレモンスライスが添えられていて見た目も芸術的!麺は白いリングイネ系歯応えのあるストレート中太麺、白く雑味の無い素晴らしい豚骨スープ。熱々のスープを一口美味い!次に麺を美味い!ここまではいいが、かなり塩分高めの為、最後に少しぬるくなってスープのみだとしょっぱい!もちろん麺とのバランスを考えるとこのくらいでないと美味さを引き出せないと思うが・・・スープは美味しく残したくないので、塩分無しの割り豚骨スープが欲しいところです。もうひとつ前の記事のも書いたが、ここの麺の量は普通では男性はまったく足りない量です。女性をターゲットにしているのかな?男性や大食漢にとって大盛で普通位、という事は基本大盛の100円増しが基本の料金といっても過言でない。それがなければ盛り付けや美味しさでは素晴らしい。

(2010.10.24)食べた品:魚豚Wスープちゃーしゅーめん大盛 おすすめ度:92%

メンマ・海苔・ほうれん草・味玉半分・わずかのねぎ・バラ肉ブロック薄切りチャーシュー5枚、麺は白い中太ニューウェイヴ系のパスタのリングイネのような断面が楕円形をした様なしっかりとした歯ごたえの麺、スープはドロッとした濃厚豚骨に鰹節中心とした魚介ダシ、酸味・甘み・旨みのバランスはOK!あっさりラーメン好きにはこのドロッとした感のスープとニューウェイブ系の麺がどうかと思うが、進化系では美味しいが、正直値段は高く感じる。麺は大盛にして普通くらいな感じ。

閲覧(1557)

一風堂(新潟店)

場所:新潟市中央区紫竹山6‐1‐15

今回食べた品:濃厚魚介とんこつ仕立て 太つけ麺(並)880円<9月末まで限定>

おススメ度:87%

久しぶりの来店でメニュー更新、赤丸新味820円白丸元味720円一風堂からか麺820円が基本でそれぞれトッピング。替玉130円。平日限定博多シンプル500円(無くなり次第終了)なんてのもありました。今回は夏期限定の太つけ麺を、天かす・ネギがデカレンゲの上に、海苔1枚・半熟玉子半分・バラチャーシュー2枚、リングイネ形の太麺、酸味ある若干甘みと結構塩分高めの魚介醤油ダレ、鰹節が前面で煮干しが陰でという感じ、豚骨スープは感じない。麺は並で250g(大盛400g・980円)だがやはりつけ麺だとペロリといけてしまう。割りスープを食後頼むと店員さんがポットで注いでくれる、量はお好みで味を試しながら、おー!つけダレの状態は(当たり前だけど)かなりしょっぱかったけど、割スープでより複雑な魚介の味をやっと感じる事が出来ます。やはりここはとんこつらーめんだな!一風堂プロデュース西麻布「五行」の焦がし醤油のインパクトが頭に残ってるなぁ~また食べたくなってきた。

(2015.7.8)食べた品:白丸元味(麺カタ)+半炒飯セット+替玉(バリカタ) おススメ度:91%

年中無休、11:00~1:00(土日祝は~2:00)遅いランチタイムもやっていてうれしい!全国チェーンでは好きなお店。日本全国どころか世界進出、川原成美氏の魂は暖簾分けにて、味・オペレーションばかりか、人間力まで後輩に引き継がれている。ルイボスティーが注がれ、原点の白丸元味とセットで半炒飯を注文。ねぎ・もやし・キクラゲ・バラ肉チャーシュー3枚(軟骨もあり苦手な外国産?)麺は小麦粉本来の香りを味わえる極細ストレート麺、わずかに大蒜香る本来の博多豚骨白濁スープ、まろやかな旨み!麺は私には半炒飯を頼んだとしても少ないので、やはり替玉(今度はバリカタで)が必要になる。擦り胡麻・胡椒の他に希望でニンニク、もやしキムチ・紅生姜・辛子高菜等無料である。スープ・麺含めて新潟で食べる一番博多本場タイプといえる。

前回(2009.2.5)食べた品:赤丸と白丸 おすすめ度:91%

だいぶ前に、新潟県外おすすめ店で、一風堂六本木店の感想が書いてありますので、また見てください。新潟店はカウンター12席、屋台風囲みカウンター15席、5テーブル。メニューはおなじみ白丸(元祖とんこつ)と赤丸(焙煎香油入り新味)が基本にあり、それぞれトッピングでプラス。からか麺や一品料理、ランチセットメニューもある。ご存じ替え玉。麺の茹で方、ハリガネ、バリカタ、カタメ、フツウ、ヤワメなどを選択。豚臭のない意外とあっさり白い豚骨スープにフツウでもしっかり芯のある極細ストレート博多麺。キクラゲ、万能ネギ、チャーシュー2枚。テーブルには、辛味もやし・辛子高菜・紅生姜・にんにくなどが用意され、自由に使える。また替え玉を頼んで、スープが薄まった時用にスープのコンクがそれぞれ用意されている。店内は若い店員の掛け声で活気はあるが落ち着かない。ただ、県外勢(札幌・喜多方・山形・博多・東京)が新潟のラーメンが強く、なかなか行列のできるラーメン店ができない中、なかなか検討しています。

閲覧(331)

麺場ふうらいぼう 長岡店

場所:長岡市南七日町62−15

今回食べた品:淡麗しお710円 

おススメ度:95%

久しぶりに来店。今回は淡麗しおを!水菜・糸辛子・卸し生生姜・焦がし玉ねぎ・しおっぱめの醤油が効いた方ロースチャーシュー1枚、食感あるストレート中太麺、塩だけど茶色の透き通ったスープ、帆立貝柱・干し海老・昆布・どんこなど乾物系と4種の塩ブレンドに鶏ガラ豚ガラ昆布香味野菜のスープ。スープが美味しい!麺が結構強いのでバランスとしては微妙だけど、あっさり淡麗というより「しっかり美味しい塩ラーメン」です。なおこちらも大盛無料です。並で190gだから結構お腹一杯になりますが、大盛285gは私には多過ぎですね。

(2014.7.27)食べた品:芳醇追い鶏節しお780円+大盛無料 おススメ度:94%

柏崎にある「麺場風雷房」の2号店。らーめんさんしち・三華の系列。オープン仕立て!11:00~14:30・18:00~21:00水曜定休と柏崎と一緒。カウンター10席・2人掛けテーブル6・小上がり4人掛け4テーブル。大盛無料。淡麗はあっさり鶏ベース&飛魚出汁の中太麺、濃厚は鶏豚骨と淡麗を合わせたこってりクリーミー中太麺、芳醇追い鶏節は、魚介を使わず鶏豚骨と鶏節に全粒粉入りの太麺との説明がある。鶏節ってなんだろう?と調べたら最近のラーメン業界でもてはやされてる食材で、鰹節の製法で鶏胸肉を燻製し削りだす、鰹に代表するイノシン酸、昆布に代表するグルタミン酸の両方がたっぷり!そんな食材初めて知りました(恥)メニューでしおの方が高い価格設定になっているのは、干し貝柱にエビ・昆布に安塚の塩を使った4種の塩ブレンドで醤油より原価がかかっているからか!?入口には日清製粉の「越乃椿」の袋が山積みされていて、この粉使ってますよ!と見せつけている様。黒と赤のつなぎをきた若いスタッフの元気がいい。テーブルには、ジャスミン茶・ウーロン茶の冷たいブレンド茶と濃厚らーめん用におろしニンニクが用意されている。どんぶりは全て小さめだが、すぼまった背の高いどんぶりを使用、これで香りをダイレクトに逃がす事無く感じる事ができる!結構考えられている。選んだ芳醇追い鶏節しおらーめんは、小葱・細メンマ・糸辛子・カイワレ・トロバラチャーシュー1枚、麺は全粒粉入りのやや太麺、楕円型長方形の固ゆで麺だが、やや粉っぽさが残る、スープはアッサリ淡麗しおスープベースで確かに魚介出汁を使っていない事がわかる、そこに別皿で穴あきオタマにのったあの鶏節の薄削りなるものがオン!鶏節といってもほとんど花かつおの様な味!ただ確かに旨味たっぷりだが鰹節に感じる酸味はありません。最初はそれを入れずにスープを頂き、それからそれをスープに浸すとあるが、最初はそれ(説明)に従っていたが面倒で途中から全部イン(笑)ほぼ無化調、天然出汁という感じです。麺は好みが分かれるかも知れません。

閲覧(3127)

七つ星

場所:長岡市蓮潟4丁目10-31

食べた品:中華(並)680円

おススメ度:90%(個人的好み85%:ビジネス視点95%)

火曜定休。11:00~14:30.17:30~21:00。カウンター4席・小上がり(掘り炬燵式)5テーブル。食券機で中華680円(麺180g・270g同額)肉中華850円(180g・270g同額)その他肉めし200円・餃子300円のみ。「ななつ星」と言えば奈良、漢字で「七つ星」は兵庫の明石のにぼし豚骨醤油が有名で、他にも東京後楽園や北海道網走にも同名のラーメン店がある。見た目はだるま屋グループ、特に「吉相」タイプのラーメン。中華は、ねぎ・小葱・茹でもやし・チャーシュー4枚(私は苦手系)、硬めに茹でられたおいしい中太ストレート自家製麺、背脂が浮いた豚骨出汁の醤油スープ。程よい酸味もいいがかなり塩っぱい!!Dグループ系かと思いきやサークルセブン系列とか、大盛無料(同料金)でガッツリ系・お得感ありで勝負している。年齢のせいもあり個人的にはボリューム系やしょっぱ過ぎるのは苦手になってきたが、経営としてよく商売を知っておられると思う。先ずは居抜き物件で家賃安め、競合が多い所で単品勝負!何をウリにするか明確(ここでは安さとボリューム・お得感)などなど。商売は難しいとつくづく思う今日この頃、ラーメンの世界でも2つに分類されると思う。個人的には個人店が好きで厨房に立つ店主の所作を見てるのが好き、しかし行列店でも儲けは別物。捌く限界があり、早朝から仕込み相当な個人的時間をそこに割いて拘りを貫く職人ラーメンや他店で勉強して独立した個人店。それに対して多店舗化・FCや暖簾分け、グループによって共同仕入れによる原価引き下げ、レシピ共有、色んな意味での合理化など経営として成り立つラーメン。どちらも食べる方からするとその凄まじい努力によって一杯が完成されている事に敬意をもって「いただきまーす!」したいですね。

閲覧(517)